今週の注目レース

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

グレイトオーサー

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:ディアデラノビア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

母が重賞3勝馬ディアデラノビアという良血馬。本馬はデビューこそ遅れたが、ここまで2戦2勝をマーク。豊かな才能をアピールして、重賞の舞台に駒を進めてきた。キャリアは浅いが、素質の高さで一気にタイトルを獲得するシーンもありそうだ。

「2歳時に牧場で骨折した影響でデビューは3歳の4月と遅くなりましたが、血統面からも将来がとても楽しみです。経験馬を相手に初陣を飾ったあと、前走の1勝クラス(東京・芝2000メートル)も難なくクリアしてくれたので、高いポテンシャルを備えていることは間違いないでしょう。今度は重賞への挑戦になりますが、ここでも素質は見劣りしないはずです。前走は逃げて勝ちましたが、初戦は末脚を生かす形で勝利を収めていますから、展開にも注文はつきません」と、陣営は良血馬の飛躍を期待している。まだレースキャリア2戦だが、能力の高さは証明済み。無敗のまま重賞初制覇を果たすシーンが見られるかもしれない。

コスモインペリウム

牡3歳

調教師:和田雄二(美浦)

  • 父:トランセンド
  • 母:シップスログ
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

昨年夏の福島開催で初勝利をマーク。それから2勝目を挙げるまでに時間を要したが、着実に地力強化を果たし、他世代の馬が相手だった前走の1勝クラス(東京・芝2000メートル)を勝利した。ここまで11戦という豊富なキャリアを生かして上位を狙う。

「前走の1勝クラスは不良馬場を苦にすることもなく、なかなか強い内容で勝利を飾ってくれました。初めて他世代の馬が相手でしたが、楽に抜け出すことができたので、今後の活躍がとても楽しみです。ここにきて一戦ごとにパワーアップしていますし、機動力に富んだタイプなので、今回の舞台となる福島・芝1800メートルはぴったりでしょう。重賞挑戦で相手は強化されると思いますが、どれだけ通用するか不安よりも期待の方が大きいです」と、厩舎スタッフは本馬の地力強化を感じ取っている。冬場を休養に充てた後は6着、3着、2着、1着と使う度に着順を上げており、上昇度は大きな魅力。初勝利を挙げた福島で重賞初制覇に挑む。

バビット

牡3歳

調教師:浜田多実雄(栗東)

  • 父:ナカヤマフェスタ
  • 母:アートリョウコ
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

春の新潟開催で1勝クラス・早苗賞(芝1800メートル)を快勝。未勝利(福島・芝2000メートル)に続く2連勝で勢いに乗っている一頭だ。機動力が生きる小回りコースは歓迎材料だけに、3連勝での重賞初制覇も可能だろう。

「前々走の未勝利(1着)に出走した際はソエの影響で調教量が少し不足した状態でしたが、楽に抜け出す競馬ができたので、素質の高さをあらためて感じました。上積みが大きかった前走の1勝クラス・早苗賞(1着)では逃げて優秀な上がり3ハロンタイムをマークできたので、収穫を十分に得たレースだったと思います。福島は機動力の生きるコースですし、長距離輸送も経験済みです。相手は強化されますが、楽しみな重賞参戦になります」と、厩舎サイドは本馬の成長をアピールした。目下2連勝中の勢いはセールスポイントになるうえに、ここまで4戦4連対を記録している安定感も魅力だ。

パラスアテナ

牝3歳

調教師:高柳瑞樹(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ステラリード
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

デビューからの2戦はダートで勝ち切れなかったが、3戦目で芝に出走すると、これを5馬身差で快勝。抜群の芝適性を示している。昇級初戦となった前走の1勝クラス・カーネーションC(東京・芝1800メートル)も切れ味鋭い末脚を発揮して快勝。重賞初挑戦でも注目が必要だ。

「芝に替わった3戦目の未勝利(福島・芝2000メートル、1着)がとても強い内容でしたので、クラスが上がった前走の1勝クラス・カーネーションC(1着)も期待を寄せて送り出しました。切れ味鋭い末脚を発揮して勝利を飾ってくれましたから、重賞でも楽しみが広がります。すでに福島コースを経験している点は心強いですし、水分を含んだ馬場状態を苦にしないこともアピールポイントになるでしょう」と、厩舎側は本馬の芝適性の高さを感じている様子。ダートでは勝ち切れなかったが、芝に転じた3戦目では後続を突き放す形でV。豊かな才能を示し、前走ではセンスの良さをあらためて見せた。重賞初挑戦でも目が離せない。

コンドゥクシオン

牡3歳

調教師:中舘英二(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:アドマイヤハッピー
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

不良馬場のメイクデビュー福島(芝1800メートル)を快勝し、重馬場だった1勝クラス・山桜賞(中山・芝2000メートル)もパワフルな末脚で優勝。速いタイムの決着で持ち味が生きなかった前走の青葉賞(12着)は参考外で、力の要る馬場コンディションになれば目が離せない。

「前走の青葉賞(12着)は良馬場で時計の速い決着になりましたから、この馬には不向きな馬場状態だったのかもしれません。とにかく水分を含んだ馬場コンディションが得意なタイプですから、雨が降ってくれれば重賞でも通用する場面はあるはずです。この中間はひと息入れましたが、ラジオNIKKEI賞を目標に乗り込んでいるので、出走態勢は整うと思います」と、陣営は天気を気にしている。メイクデビュー福島は2番手から抜け出す形で勝ったが、2勝目の1勝クラス・山桜賞は中団からの差し切り。脚質の自在性もある印象で、デビュー戦と同じ舞台であらためて注目したい。

サクラトゥジュール

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:サクラレーヌ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

ここまで6戦2勝、2着3回、3着1回をマーク。その中には勝ったスマイルカナとクビ差の接戦を演じた1勝クラス・ひいらぎ賞(中山・芝1600メートル、2着)が含まれており、中身も濃い。前走の勝ち時計が優秀で、重賞初制覇も難しくはないはずだ。

「2勝目を挙げるのに少し時間を要しましたが、前走の1勝クラス(東京・芝1600メートル)は優秀なタイムで勝ってくれました。強い相手と戦った経験もある馬ですし、距離の芝1800メートルも守備範囲です。実戦を使いながら徐々に精神面も成長していますので、楽しみな重賞挑戦です」と、厩舎スタッフは本馬の能力を高く買っている。3走前の1勝クラス(中山・芝1800メートル)は2着だったが、勝ち馬ウインカーネリアンは続く皐月賞で4着と健闘。また、前走の勝ち時計1分31秒7(良)は2週後の安田記念の優勝タイム(1分31秒6、稍重)に0秒1差という極めて優秀なものだった。まだ気性面で成長の余地を残すが、現段階でも十分に重賞Vの可能性を秘めた一頭と言える。

ルリアン

牡3歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:フレンチバレリーナ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

デビューは昨夏の中京と早かったが、その後に骨折が判明。長い休養を経験した影響もあってキャリアはまだ3戦だが、その中で2勝をマークしている。レースセンスの良さが目を引く一頭で、3連勝も可能だろう。

「昨年7月のメイクデビュー中京(芝2000メートル)で2着に好走後に骨折が判明して休養を余儀なくされましたが、今年の3月にターフに戻ることができました。まだ成長の余地を残す段階で2連勝を飾ってくれたように、素質は非常に高い馬です。今回は長距離輸送に加えて相手も強化されますが、能力は見劣りしないはずです」と、陣営は本馬に大きな期待を寄せている。メイクデビュー中京で先着を許した相手はマイラプソディ(のちに京都2歳Sを制覇)。今のところ敗れたのはその一戦だけで、通算3戦2勝とまだ能力の底を見せていない。好位から確実に末脚を伸ばすタイプで、展開にも左右されにくいはず。優勝争いが可能な一頭だろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: