今週の注目レース

マーメイドステークス(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)ハンデ (牝) 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

サラス

牝5歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ララア
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

前走の新潟大賞典は15着に敗れたが、11か月ぶりの実戦復帰に加えて、牡馬が相手のレースだったことを思えば、参考外でいいだろう。レースを1度使われたほうがいいタイプで、上積みが見込める今回は重賞ウイナーの底力を見せられそうだ。

昨年のマーメイドSは3勝クラスからの格上挑戦だったが、見事に重賞初勝利をつかんだ。スタート直後に窮屈になるシーンもあり、道中は最後方を進む厳しい展開。3、4コーナーでも馬群の大外を回るロスのあるレース運びだったが、直線で先頭集団を猛追し、最後の坂を上ってからもうひと伸び。ゴール前でレッドランディーニ(2着)をきっちりとハナ差かわして差し切り勝ちを収めた。マークした上がり3ハロンタイムは34秒6(推定)で、メンバー中でただ1頭34秒台を記録したように、抜けて速い終いの脚を見せた。同様の競馬ができれば、今回の相手でも史上初の連覇が見えてくるだろう。

リープフラウミルヒ

牝5歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ピノブラン
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

今回はこれまでで最長となる2000メートルの距離に挑むこととなるが、祖母フェートデュヴァンは2600メートルで勝ち星を挙げたように、牝系が秘めるスタミナは豊富。父も数々のステイヤーを送り出しており、血統的には距離延長も問題ないだろう。

前走の福島牝馬Sは3勝クラスからの格上挑戦だったが、13番人気の低評価を覆して2着に好走してみせた。内めの枠(3枠5番)を生かして先行し、インの好ポジションでそつのないレース運び。直線では馬場の真ん中からジリジリと差し脚を伸ばして連対を確保した。勝ち馬フェアリーポルカにこそ3/4馬身離されたが、3着ランドネには1馬身1/4差をつけており、地力強化を感じさせる内容だった。前々走の3勝クラス・美浦S(中山・芝1800メートル)も3着とはいえ、勝ち馬トーセンスーリヤは続く新潟大賞典も制覇。強敵相手に蓄えてきた経験が、今になって生きてきている。引き続き、牝馬限定戦なら上位争いが可能だろう。

リュヌルージュ

牝5歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:モンテロッソ
  • 母:ムーンハウリング
  • 母の父:メジロマックイーン
ここに注目!

今回は久々の出走となるが、これまで阪神コースでは〔1・2・1・1〕と好相性を見せており、舞台適性の高さは強みと言える。瞬発力勝負よりは、上がりがかかるタフな流れのほうが力を発揮できるタイプ。だからこそ、直線に坂があるこのコースが合うのだろう。

前走の福島牝馬Sは、スタートもよく、中団前めのポジションでレースを進めた。ただ、外めの枠(7枠13番)もあってか、道中は外々を通る競馬。3コーナーから鞍上が手綱を動かして早めのスパートをかけたが、直線で粘り切れず8着と敗れた。前々走の中山牝馬Sでは、8枠15番の外枠から先手を取りにいき、2番手をリズムよく追走。3コーナーで先頭に並びかけると、残り200メートル付近で1度は先頭に立った。結果は最後に勝ち馬フェアリーポルカにかわされて2着も、重賞でもやれる能力を示している。今回も、強気の競馬で先手を取りに行けるかどうかが好走の鍵となりそうだ。

センテリュオ

牝5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アドマイヤキラメキ
  • 母の父:エンドスウィープ
ここに注目!

1番人気の支持を受けた昨年のマーメイドSは、後方から末脚を伸ばしたものの4着と期待に応えられなかった。ただ、勝ったサラスとは0秒4差で、展開や道中の運び一つで着順も変わりそうな内容だった。昨秋はGⅠの大舞台も経験しており、ここは昨年以上の結果が期待される。

これまで重賞勝ちこそないが、昨夏からオープンクラスで善戦を続けている地力は今回のメンバーでも上位と言えるだろう。全兄トーセンスターダムはデビューから3連勝できさらぎ賞を制し、その年末にはチャレンジCも優勝。近親には天皇賞(秋)を勝ったトーセンジョーダンや、GⅠ2勝の活躍をみせたカンパニーがいるなど、底力あふれる牝系の出身だ。また、成長力が豊富な点もこの血統の特徴で、本馬も重賞タイトルを獲得できるだけの素質を持っていることは間違いなく、今回も十分に好勝負が可能だろう。鋭い末脚を使えるタイプで、瞬発力勝負に持ち込むことができれば、よりチャンスも大きくなる。

ミスマンマミーア

牝5歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:タニノギムレット
  • 母:サンデーメモリー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

持続力に優れたタイプで末脚の不発も少ない。オープンクラスへの昇級直後の重賞挑戦となるが、末脚が生きる展開になれば、浮上の可能性もあるだろう。芝2000メートルだとやや距離不足の感があるので、400メートルの距離短縮も好走へのポイントとなりそうだ。

前走の3勝クラス・烏丸S(京都・芝2400メートル)は、いつも通り後方からの追走となった。内ラチ沿いでコースロスなくじっくりと脚をため、直線でも進路を内に選択。スパートを開始すると一気に加速し、早々に先頭に立つと、最後は2着馬の猛追を1/2馬身差しのいでオープンクラス入りを決めた。メンバー中最速の上がり3ハロン34秒6(推定)をマークした末脚は、昇級後も通用するだけの威力があるだろう。今回は中2週と間隔が詰まっているが、レースを使いながら成長を見せてきたタイプだけに、3か月余りぶりの前走を1度使ったことによる上積みも大きそう。牝馬限定のハンデ戦なら、期待が大きい。

フィリアプーラ

牝4歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:プリンセスカメリア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

阪神コースは桜花賞(15着)以来2度目となるが、当時はGⅠに加えて外回りコースだった。中山コースでフェアリーS勝ちの好結果を残している馬。距離こそ違うが、中山と形態の似た阪神・芝の内回りコースなら上位争いができそうだ。

前走の福島牝馬Sは、ほぼ最後方の位置取りで運び折り合いに専念。直線入り口ではヨレる面を出すなどスムーズさを欠きながらも、いい伸び脚を見せた。着順こそ7着だったが、上位勢は早めに動いていった馬たちで、流れが向かなかった点もあるだろう。上がり3ハロンタイムはメンバー中3位タイの35秒0(推定)をマークしており、上位の末脚は使えていた。父ハービンジャーはイギリスのG1・キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスSを勝っており、自身はマイル重賞勝ち馬だが、今回の芝2000メートルの距離もこなせるはず。まだまだタイトルを積み重ねられる器の持ち主だ。

レイホーロマンス

牝7歳

調教師:橋田満(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:スズカローラン
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

7歳の夏を迎えたが、半兄スズカデヴィアス(父キングカメハメハ)が8歳時にオープン特別で勝ち星を挙げており、血統面からもまだまだ活躍が期待できる。本馬はまだ重賞タイトルこそ手にしていないが、実力を発揮できれば上位争いに加わってくるだろう。

前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)は中団後方からレースを進めたが、直線では最後方までポジションが下がり、そのまま11着でレースを終えた。ただ、勝ち馬に1秒0差と着順ほどは離されておらず、逃げ馬がそのまま押し切ったように、流れも向かなかったこともあったようだ。今回は、内回りコースで直線に急坂が待ち構える舞台に替わる。上がりがかかりやすい今回のコースなら、巻き返しも十分あるだろう。3日に栗東坂路で行われた1週前追い切りで4ハロン50秒9、ラスト1ハロン12秒3の好時計をマークするなど好気配を漂わせており、状態面の上昇度も強調材料となるだろう。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: