今週の注目レース

ダービーデー馬連 東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)

東京競馬場 2400メートル(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ホースマンたちが目指す最高峰の舞台

2017年に誕生したサラブレッドが目指す最高峰の舞台が日本ダービー。そこに出走できるのは最大でも18頭で、出馬表に名前が記されるだけでも大変な名誉だ。全てのホースマンが夢見る「日本ダービー馬」の称号。多くの競馬ファンもまた、大きな期待をもってその行方に注目することだろう。果たして今年はどのようなレースになるのだろうか。過去10年の結果からデータを見ていくことにしよう。

枠番別の成績をチェック

過去10年の日本ダービーでは、出走取消がいた2010年と2014年(いずれも17頭立て)以外は全て18頭立てで行われた。そこで枠番別の成績をまとめてみると、1枠が4勝、2着2回と好成績を挙げている。それ以外では、複数の優勝馬が出ている枠がないだけに、1枠の勝率の高さが目立っている。また、優勝こそないものの4枠は2着と3着が3回ずつある。〔表1〕

〔表1〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 4-2-1-13 20.0% 30.0% 35.0%
2枠 1-1-2-16 5.0% 10.0% 20.0%
3枠 1-0-0-19 5.0% 5.0% 5.0%
4枠 0-3-3-13 0% 15.8% 31.6%
5枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0%
6枠 1-2-1-16 5.0% 15.0% 20.0%
7枠 1-1-2-26 3.3% 6.7% 13.3%
8枠 1-0-1-27 3.4% 3.4% 6.9%

単勝オッズ別の成績は?

過去10年の優勝馬のうち7頭は、単勝オッズが10倍未満だった。ただし、「2.9倍以下」の支持を集めた馬は3着内率で「3.0倍から4.9倍」と「5.0倍から6.9倍」を下回っており、それほど良い成績とは言えない。単勝人気別の成績も見てみると、1番人気と3番人気は3着内率が70.0%だが、その間の2番人気は苦戦傾向を示している点が特徴的だ。〔表2〕〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 2-1-1-4 25.0% 37.5% 50.0%
3.0〜4.9倍 2-2-3-5 16.7% 33.3% 58.3%
5.0〜6.9倍 2-2-1-3 25.0% 50.0% 62.5%
7.0〜9.9倍 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
10.0〜19.9倍 1-4-2-15 4.5% 22.7% 31.8%
20.0〜49.9倍 1-1-0-28 3.3% 6.7% 6.7%
50.0〜99.9倍 1-0-1-29 3.2% 3.2% 6.5%
100倍以上 0-0-2-57 0% 0% 3.4%
〔表3〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-1-3-3 30.0% 40.0% 70.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
4番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
6〜10番人気 1-1-3-45 2.0% 4.0% 10.0%
11番人気以下 1-0-2-75 1.3% 1.3% 3.8%

皐月賞組が中心

前走別成績をまとめてみると、過去10年の3着以内馬30頭中20頭は前走が皐月賞だった。その次に多いのは京都新聞杯からの臨戦馬で、ダービーと同じ舞台で行われるトライアルの青葉賞から臨んだ馬は2着が最高。優勝馬は過去をさかのぼっても1頭も出ていない。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
皐月賞 8-7-5-66 9.3% 17.4% 23.3%
京都新聞杯 2-1-1-22 7.7% 11.5% 15.4%
青葉賞 0-2-3-20 0% 8.0% 20.0%
プリンシパルS 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
その他のレース 0-0-0-32 0% 0% 0%

続いて、皐月賞から臨んだ馬について前走の単勝人気別に成績をまとめてみると、優勝馬が多いのは「3番人気から5番人気」。皐月賞で1番人気に支持されて、日本ダービーを制したのは、一昨年のワグネリアンだけとなっている。〔表5〕

〔表5〕前走が皐月賞だった馬の、前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-1-2-5 11.1% 22.2% 44.4%
2番人気 0-4-0-5 0% 44.4% 44.4%
3番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
4、5番人気 3-0-1-7 27.3% 27.3% 36.4%
6番人気以下 1-1-1-44 2.1% 4.3% 6.4%

JRAでの重賞実績も重要

過去10年の出走馬について、JRAの2歳重賞と3歳重賞での勝利経験を調べてみると、「2歳時も3歳時も重賞を勝利」していた馬は10頭いたが、優勝がなく2着となったのも2014年のイスラボニータだけ。3着以内が多いのは、「2歳時だけ重賞を勝利」していた馬と「3歳時だけ重賞を勝利」していた馬で、「3歳時だけ重賞を勝利」していた馬は3着以内馬の半数以上(30頭中16頭)を占めている。また、「重賞未勝利」だった馬は、昨年こそロジャーバローズが優勝、ヴェロックスが3着となっているが、3着内率は6.6%といまひとつの成績になっている。〔表6〕

〔表6〕JRAの2歳重賞と3歳重賞での勝利経験別成績(過去10年)
勝利経験 成績 勝率 連対率 3着内率
2歳時も3歳時も重賞を勝利 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
2歳時だけ重賞を勝利 4-2-0-21 14.8% 22.2% 22.2%
3歳時だけ重賞を勝利 5-7-4-49 7.7% 18.5% 24.6%
重賞未勝利 1-0-4-71 1.3% 1.3% 6.6%

乗り替わりで臨んだ馬は不振

過去10年の日本ダービーの優勝馬は、全て「前走と同じ騎手」で臨んだ馬だった。さらに歴史をさかのぼって「前走と違う騎手」で臨んだ馬は不振で、乗り替わりで勝利を収めたのは1985年のシリウスシンボリが最後となっている。〔表7〕

〔表7〕騎手別成績(過去10年)
騎手 成績 勝率 連対率 3着内率
前走と同じ騎手 10-8-7-93 8.5% 15.3% 21.2%
前走と違う騎手 0-2-3-55 0% 3.3% 8.3%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3走前の成績に要注目!?

2015年以降の日本ダービーでは、3走前に「単勝1番人気で1着」だった馬が優勝を飾っている。ちなみに、昨年の出走馬の中でこの条件に該当していたのは4頭だけだった。〔表8〕

(浅野 靖典)

〔表8〕過去5年の優勝馬の3走前の単勝人気と着順
年度 優勝馬 3走前の単勝人気と着順
2015年 ドゥラメンテ セントポーリア賞 1番人気 1着
2016年 マカヒキ 若駒S 1番人気 1着
2017年 レイデオロ 葉牡丹賞 1番人気 1着
2018年 ワグネリアン 東京スポーツ杯2歳S 1番人気 1着
2019年 ロジャーバローズ 福寿草特別 1番人気 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: