今週の注目レース

3歳重賞馬連 皐月賞(GⅠ)

中山競馬場 2000メートル(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

コントレイル

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ロードクロサイト
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

昨年のJRA賞最優秀2歳牡馬が、今年初戦を迎える。ホープフルS勝ち馬の同部門授賞は史上初で、クラシックへの期待の大きさを感じさせた。圧倒的な強さを見せ、2歳JRAレコードで制した前々走の東京スポーツ杯2歳Sを含め無傷の3連勝中。器の大きさは計り知れない。

前走のホープフルS(1着)は陣営の不安も意に介さず、無難に折り合ってレースを運んだ。そして中山の急坂を独走で駆け上がる姿に、本馬の父で昨年の夏にこの世を去ったディープインパクトを思い起こさせた。数々のGⅠ馬を育ててきた矢作芳人調教師も、「この馬のポテンシャルは相当なものがあり、ワクワクしながら育てています。既存の枠にとらわれない馬にしたいです」と、最大級の賛辞と期待の言葉を並べている。生まれつき球節が弱く、育成期間中に十分に乗り込めなかったことを考えれば、この先の成長にも大きな期待を抱かせる。皐月賞と同舞台のホープフルSでの勝利で、中山・芝2000メートルへの不安もないだろう。この中間もきっちり時計を出し、出走態勢は万全。ここすらも通過点と思わせる器だ。

サリオス

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:サロミナ
  • 母の父:Lomitas
ここに注目!

底が知れないと言えば本馬も同じ。サウジアラビアロイヤルCの2歳コースレコード勝ちを含め、前走の朝日杯フューチュリティSまで3戦3勝。530キログラムを超える馬体の持ち主で、中間の動きにはさらなる進化がうかがえる。抜群のレースセンスから、初挑戦の中山コースも問題ない。

勝った朝日杯フューチュリティSは、JRA2歳GⅠの最高馬体重勝利となる538キログラムで出走。前半1000メートル通過タイム57秒2のハイペースを好位3番手で楽に追走し、他の好位勢が軒並み失速するなか、最後まで鋭く伸び続けて無傷の3連勝を飾った。手綱を取った世界的名手のR.ムーア騎手は「僕がファンならこの馬を追い続ける。きっと来年も活躍できる」と太鼓判を押した。2歳王者(JRA賞最優秀2歳牡馬)の座こそコントレイルに譲ったが、ポテンシャルは甲乙つけがたいものがある。これまで一貫してマイルを使われてきたが、中長距離戦を得意とするハーツクライ産駒。抜群のセンスや余裕たっぷりのレース運びも踏まえれば、距離延長をこなす可能性は高い。

サトノフラッグ

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:バラダセール
  • 母の父:Not For Sale
ここに注目!

父の名がつけられた前走の弥生賞ディープインパクト記念で、一躍クラシック候補に名乗りを上げた。レースはその父をほうふつとさせる豪脚で、ワーケア(2着)などの強力ライバル陣に快勝。皐月賞と同舞台の中山・芝2000メートルだった点も頼もしい材料となる。

トライアル組で存在感を示す1頭。前走の弥生賞ディープインパクト記念は、中団後ろから進出を開始。重馬場のなかでラストまで伸び続け、2着ワーケアを1馬身3/4差突き放す完勝劇だった。3コーナー手前で一気に差を詰めて大外を駆け上がった走りは、2005年の同レースを制した父ディープインパクトと重なるものがあった。父の背中を知る武豊騎手も「お父さんが中山を走ったと時と同じ感覚でした。思い出しましたね。良馬場ならもっと良くなりますよ」と称賛。昨年11月の未勝利(東京・芝2000メートル)を1分59秒5の2歳コースレコードで勝利しており、スピードが生きる馬場ならば、より力を発揮できそうだ。4連勝で初GⅠを射止めるべく、末脚を武器に2歳GⅠを制した“2強”を脅かす。

マイラプソディ

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:テディーズプロミス
  • 母の父:Salt Lake
ここに注目!

前走の共同通信杯は4着で初めて土がついたが、この敗戦だけで見限ることはできない。前々走の京都2歳Sは2馬身差の快勝で、2着馬は次走でクイーンCを制すミヤマザクラだった。デビュー3連勝を達成した能力は確か。力を発揮できれば、ここでも上位候補に挙げられる。

前走の共同通信杯は断然の1番人気に支持されながら、中団からいつもの鋭い末脚が見られず4着に敗れた。騎乗した武豊騎手は「敗因が分からないです。状態は今までで一番良かっただけに、単なるポカと思いたい」と納得のいかない様子だった。事実、デビュー3連勝は実に鮮やか。前々走の京都2歳Sでは、その後にクイーンCを勝つミヤマザクラ(2着)を相手にせず2馬身差の快勝。メンバー中最速の上がり3ハロン35秒9(推定)をマークした低い重心でグングンと加速する走りは、世代屈指の能力を印象付けた。前走の敗因が初めての関東圏への輸送と考えれば、今回は慣れも見込めるはず。能力を発揮することができれば、十分に好勝負可能だ。

ダーリントンホール

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:New Approach
  • 母:Miss Kenton
  • 母の父:Pivotal
ここに注目!

父ニューアプローチ、母ミスケントンのイギリス産馬。ゴドルフィンが現3歳世代で最も期待を寄せる素質馬で、前走の共同通信杯(1着)ではその実力を証明してみせた。共同通信杯組は皐月賞でも好結果を残すことが多く、GⅠ初挑戦でも注目度は高い。

前走の共同通信杯は好位を進み、逃げ粘るビターエンダー(2着)との直線の追い比べをハナ差制して、惜敗続きに終止符を打った。この勝利の前には、古馬相手に厳しいトレーニングを積んで心身ともにレベルアップ。520キログラムを超える大型馬がピリッとしてきた印象を受けた。過去10年の皐月賞は共同通信杯組が最多となる4勝を挙げており、ゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティが前哨戦から連勝を決めている(ドゥラメンテは共同通信杯2着からの勝利)。オーナーのゴドルフィンは世界各国のビッグレースを手中に収めているが、日本のクラシックは未勝利。日本で所有する3歳世代で最も期待の高い素質馬が、虎視眈々と一冠目を狙う。

ガロアクリーク

牡3歳

調教師:上原博之(美浦)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:ゴールドレリック
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

昨年末のホープフルSは11着に敗れたものの、前走のスプリングSを勝利し見事に皐月賞への優先出走権を手にした。父はスプリンターのキンシャサノキセキだが、メイクデビュー東京の勝利も芝2000メートル。豊富なスタミナを武器に大舞台へ挑む。

前走のスプリングSは直線入り口で6頭が横一線に並ぶ大混戦。前半1000メートル通過タイム1分03秒2というスローペースのなか、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒8(推定)を繰り出し、末脚勝負を制した。管理する上原博之調教師は「体が柔らかくて跳びがきれいだから、ゆったりした競馬のほうがいいですね」と評する。父キンシャサノキセキは2010、2011年の高松宮記念を連覇した名スプリンターだが、本馬はスプリングSを除いた3戦で2000メートル以上に出走。陣営は血統にとらわれず早くから中長距離への適性を見いだしており、今回の距離にも不安は小さいだろう。上原厩舎の管理馬で2004年の皐月賞を制したダイワメジャーに続くことができるのか、注目だ。

ヴェルトライゼンデ

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ドリームジャーニー
  • 母:マンデラ
  • 母の父:Acatenango
ここに注目!

ホープフルSとスプリングSを連続で2着に入った安定感が魅力。クラシックで好走したワールドエース(皐月賞2着)、ワールドプレミア(菊花賞1着、共に父ディープインパクト)の兄2頭に続く活躍ができるのか、本番での逆転があっても驚けない。

前走のスプリングS(2着)は、勝ち馬ガロアクリークの切れ味に屈した形。それでも、騎乗した池添謙一騎手は「休み明けが影響した感じもありましたし、2000メートルのほうがいいと思います」と、本番での巻き返しに期待を寄せた。昨年末に行われたホープフルSでは、1番人気コントレイル(1着)を徹底マーク。直線は伸び負けたものの、ハイレベルな一戦で2着に好走した。父のドリームジャーニーは古馬になってから2009年の宝塚記念、有馬記念を制覇したように、成長力のある血統。3歳春でどこまでの進化を示すことができるのか。また、中3週はデビュー以来最も詰まった間隔となるが、中間はかなりハードな調教を行っている。状態面の良さと休み明け2戦目の上積みも生かしたい。

クリスタルブラック

牡3歳

調教師:高橋文雅(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:アッシュケーク
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

その末脚は世代屈指だ。皐月賞と同じ中山・芝2000メートルで行われた前走の京成杯では、4コーナー10番手から一気の差し切り勝ち。デビュー2連勝は3、7番人気で決めており、ここでも台風の目になる可能性を秘めている。

前走の京成杯では驚がくの末脚を披露した。12頭中10番手で迎えた4コーナーで大外に持ち出されると一気の伸び。上がり3ハロン35秒4(推定)のタイムはメンバー中最速だった。この京成杯は、まだ体が出来上がっていないということから陣営が直前まで出否を悩んでいたが、想像をはるかに超えるパフォーマンスを披露。騎乗した吉田豊騎手は「まさか届くとは。まだ体が緩いのにすごい末脚でした」と、驚きの表情を浮かべていた。キズナの初年度産駒で、同期のマルターズディオサ(チューリップ賞)、アブレイズ(フラワーC)も3歳重賞を制しており、クラシック戦線で存在感を高めている。末脚自慢がそろった今年の皐月賞だが、本馬もライバルたちに引けを取らない武器を備えている。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: