今週の注目レース

大阪杯(GⅠ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)定量 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

春の仁川で行われる古馬中距離路線の頂上決戦

大阪杯はGⅠに格上げされて4年目を迎えるが、GⅡとして行われていた2016年以前を含め、古馬中距離路線のトップホースが集う一戦として、毎年激しい戦いが繰り広げられてきた。今回は過去3年の大阪杯と、過去10年に行われた2歳限定戦とハンデ戦を除く阪神・芝2000メートルのGⅡ・GⅢの結果を見ながら、レースの傾向にアプローチしていく。

上位人気馬が優勢

大阪杯がGⅠに格付けされた2017年以降の単勝人気別成績をまとめると、1番人気馬が2勝、2番人気馬が2着1回、6から9番人気馬が1勝2着2回となっている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去3年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
2番人気 0-1-1-1 0% 33.3% 66.7%
3番人気 0-0-0-3 0% 0% 0%
4番人気 0-0-2-1 0% 0% 66.7%
5番人気 0-0-0-3 0% 0% 0%
6〜9番人気 1-2-0-9 8.3% 25.0% 25.0%
10番人気以下 0-0-0-17 0% 0% 0%

次に、過去10年に行われた、2歳限定戦とハンデ戦を除く、阪神・芝2000メートルのGⅡ・GⅢでの単勝人気別成績を調べると、まず目につくのは1番人気と2番人気の2組が、3着内率で60%を超える高い数値をマークしていることだ。また、6から9番人気馬の好走が多い点も目立っている。これら2点は共に〔表1〕と同様の傾向だ。今年の大阪杯でも、上位人気馬だけでなく伏兵馬の軽視は禁物だろう。〔表2〕

〔表2〕2歳限定戦とハンデ戦を除く、阪神・芝2000メートルで行われたGⅡ・GⅢでの単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-5-3-6 30.0% 55.0% 70.0%
2番人気 7-2-4-7 35.0% 45.0% 65.0%
3番人気 2-1-3-14 10.0% 15.0% 30.0%
4番人気 2-1-3-14 10.0% 15.0% 30.0%
5番人気 0-3-3-14 0% 15.0% 30.0%
6〜9番人気 3-8-2-66 3.8% 13.9% 16.5%
10番人気以下 0-0-2-52 0% 0% 3.7%

前めの位置で競馬をする馬に注目

過去3年の大阪杯での4コーナー通過順別成績をまとめると、連対馬6頭中5頭は4コーナーを4番手以内で通過していた。3着内率では5から9番手組もほぼ互角の数値を記録しているが、連対した馬は前めの位置でレースを進めていた馬が中心となっている。〔表3〕

〔表3〕4コーナー通過順別成績(過去3年)
4コーナー通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
2〜4番手 2-2-0-8 16.7% 33.3% 33.3%
5〜9番手 0-1-3-9 0% 7.7% 30.8%
10番手以下 0-0-0-16 0% 0% 0%

過去10年に行われた、2歳限定戦とハンデ戦を除く、阪神・芝2000メートルのGⅡ・GⅢでの4コーナー通過順別成績でも、〔表3〕ほどの顕著な差は見られないものの、「先頭」と「2番手から4番手」の2組の好走率が上位となっている。先行馬や、積極的に位置取りを上げる戦法に出そうな馬は、ノーマークにできないだろう。〔表4〕

〔表4〕2歳限定戦とハンデ戦を除く、阪神・芝2000メートルで行われたGⅡ・GⅢでの4コーナー通過順別成績(過去10年)
4コーナー通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 3-3-1-13 15.0% 30.0% 35.0%
2〜4番手 7-7-6-51 9.9% 19.7% 28.2%
5〜9番手 8-6-12-70 8.3% 14.6% 27.1%
10番手以下 2-4-1-39 4.3% 13.0% 15.2%

近走のGⅠ実績は要チェック

過去3年の出走馬について、過去3走におけるGⅠでの最高着順別に成績を調べると、連対馬6頭は最高着順が4着以内だった。最高着順が5着以下だった馬で3着以内に入ったのは1頭だけ。過去3年分とサンプル数は少ないが、近走でGⅠを好走していた馬は、大いに注目すべき存在と言える。ただし、直近で出走していたGⅠを勝利していた馬は過去3年で5頭いたが、〔0-1-1-3〕と勝利に手が届いていないことは覚えておいても損はないだろう。〔表5〕

〔表5〕過去3走におけるGⅠでの最高着順別成績(過去3年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
2着 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
3着 1-1-0-0 50.0% 100% 100%
4着 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
5着 0-0-0-3 0% 0% 0%
6〜9着 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
10着以下 0-0-0-5 0% 0% 0%
GⅠ不出走 0-0-0-15 0% 0% 0%

前年秋に出走していたレースにも注目

過去3年の出走馬が前年秋に出走していたGⅠを調べると、前年秋にマイルチャンピオンシップに出走していた馬と、有馬記念に出走していた馬の好走率が高いことがわかった(両方のレースに出走していた馬はいなかった)。また、この2レースに出走していた馬で3着以内に入った6頭は、いずれもそのレースで5着以内に入っていた。スピードに秀でた馬がしのぎを削るマイルチャンピオンシップや、一年の競馬を締めくくるグランプリ・有馬記念で上位に加わった実績を持つ馬に注目したい。〔表6〕

〔表6〕前年の秋に出走したGⅠ別成績(過去3年)
前年秋に出走したGⅠ 成績 勝率 連対率 3着内率
マイルチャンピオンシップ 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
有馬記念 2-1-1-5 22.2% 33.3% 44.4%
上記2レースに出走なし 0-1-2-27 0% 3.3% 10.0%
  • 注記:マイルチャンピオンシップと有馬記念の両レースに出走していた馬はいない
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前年10月以降の出走回数にも注目

過去3年の出走馬について、前年10月以降の出走回数別に成績をまとめると、優勝馬3頭はいずれも前年10月から当レースまでの間の出走回数が3回だった。GⅠになって4年目の今年もこの傾向が続くのか、注目してみたい。〔表7〕

(河野 道夫)

〔表7〕前年10月以降の出走回数別成績(過去3年)
出走回数 1着 2着以下
3回 3頭 15頭
2回以下、4回以上 0頭 26頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: