今週の注目レース

大阪杯(GⅠ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)定量 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ブラストワンピース

牡5歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ツルマルワンピース
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

短期放牧を挟んでの調整がパターン化している馬だが、帰厩後の乗り込み量や動きの質はレースによって違いがある。パドックでは馬体重よりも体が締まっているかのほうが重要で、今回もその辺りをしっかりとチェックしたい。

昨年は札幌記念を勝利し、今年も年明けのアメリカジョッキークラブCを制覇と、順調に勝ち星を加算。その一方で、1番人気に支持された昨年の大阪杯では6着に敗れ、59キログラムのトップハンデを背負った目黒記念でも8着と伸びを欠いた。かなり水分を含んだ馬場状態で力を出し切れなかった凱旋門賞(G1・フランス・芝2400メートル)でも11着と大敗。考えられる敗因があるとはいえ、これだけの実力馬でも5着以内を確保することのできないレースがあったことは頭に入れておきたい。阪神・芝コースでの勝利は外回りコースでのものだが、直線の短い札幌コースで勝っている馬。昨年の大阪杯は伸びを欠いたが、それはコース適性を理由にしたものではないはずだ。

ダノンキングリー

牡4歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マイグッドネス
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

比較的ペースが流れたレースを走ることの多い馬だが、アドマイヤマーズ(2着)を撃破した昨年の共同通信杯は、レースの前半1000メートル通過タイムが1分を超えるスローペースだった。どんな流れにも対応可能な操作性の高さがあり、また、馬体重の変動が少ないのも魅力の一つだ。

GⅠタイトルこそ獲得していないが、昨年の皐月賞が3着、日本ダービーでも2着と結果を残し、どちらも勝ち馬とタイム差なしの接戦だった。初の関西遠征となった昨年のマイルチャンピオンシップ(5着)ではキャリアで初めて3着以内を外したが、これも外が伸びる馬場コンディションでの最内枠、コーナーの下りがある特殊な京都コースに初挑戦した背景を考えれば、悲観するような結果ではない。むしろ、上の世代のGⅠ馬を相手に勝利した昨年の毎日王冠や、前走の中山記念(1着)でのパフォーマンスを見れば、今回のメンバーでも上位の能力を持つ馬と判断して問題ないだろう。特に前走で見せた機動力の高さは、阪神・芝の内回りという舞台設定で大きな武器となりそうだ。

ワグネリアン

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

ディープインパクト産駒だが、そのフットワークはピッチ走法で、イメージは祖母のブロードアピールに近い。積極策で進めた昨年の札幌記念(4着)でのレース運びを考えれば、阪神・芝の内回りコースへの適性も高いはずだ。

昨年の出走数は4戦。掲示板(5着以内)を外したレースこそないものの連対も果たせなかった成績は、世代の頂点を極めたダービー馬としては物足りないと言えるのかもしれない。しかし、ひとつひとつのレースを確認すれば、力負けではないと言えるものはある。昨年初戦の大阪杯(3着)は出走態勢を整えるまでに時間を要し、条件ベストと思えた天皇賞・秋(5着)は7枠14番の外枠スタートで位置取りが悪くなった。逆に前走のジャパンカップは内枠(2枠2番)で前がなかなか開かず、追い出すタイミングが遅れて3着が精いっぱいだった。しっかりと力を出せる状態、展開で競馬をすることさえできれば、今回のメンバーでも力量は上位。スムーズな競馬をして結果を出したいところだろう。

ラッキーライラック

牝5歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ライラックスアンドレース
  • 母の父:Flower Alley
ここに注目!

大幅体重増となった昨秋からの充実ぶりが顕著で、初の海外遠征で減らした馬体重も前走の中山記念(2着)ではしっかりと回復。牡馬にも引けを取らない馬体になっている。前走は勝負どころで反応の鈍さを見せたが、1度使われた上積みが見込める今回は切れも戻ってくるはずだ。

昨年のエリザベス女王杯で約1年8か月ぶりの勝利をマーク。上がり3ハロンタイムは32秒8(推定)と出走馬中最速だった。“堅実だが、勝ち切れない”というそれまでのイメージ覆す快勝劇は、手綱を取ったC.スミヨン騎手の“マジック”と表現されたりもしたが、本馬は4月3日の遅生まれで、血統的にも晩成傾向の強い馬。昨秋以降は精神面の成長が大きく、完成期を迎えた感があり、牡馬の強豪が相手になる今回でも楽しみは大きい。前走の中山記念(2着)では勝ったダノンキングリーを捕らえ切れなかったが、1キログラム差だった同馬との斤量差も今回は2キログラムになる。前走以上のパフォーマンスが期待できるはずだ。

クロノジェネシス

牝4歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:バゴ
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

3歳春までは飼い葉食いが旺盛ではなく、馬体重の維持が調整のメインテーマになっていたほど。2度の大幅な体重増を経て、以前とは比較にならないほどのたくましい馬体になっている。さらなる馬体増があったとしても、それは成長分と考えたい。

2019年は、フサイチエアデールやフサイチリシャールなど数多くの名馬を出してきたラスティックベルの血統が再びクローズアップされた1年だった。その代表格が昨年の秋華賞を制した本馬であり、同年のヴィクトリアマイルを勝った半姉のノームコア(父ハービンジャー)。どちらも大崩れなく走るタイプで、特にキャリア9戦で〔5・1・2・1〕の成績を残した本馬の安定感は特筆もの。3着以内を外した唯一のレースであるエリザベス女王杯も勝ったラッキーライラックから0秒3差の5着と、大きくは負けていない。牡馬のGⅠ馬との対戦は今回が初めてだが、完勝だった今年の始動戦・京都記念の内容を考えれば、全く見劣りしないだろう。

マカヒキ

牡7歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ウィキウィキ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

スランプ期は放牧を挟むと馬体が緩み、立ち上げるまでに時間を要していた。しかし、今回は帰厩時から雰囲気が非常に良く、近年では1番と思えるほどのスムーズな動きを披露している。パドックでもこの馬らしい躍動感あふれる動きが見られるはずだ。

2016年の日本ダービーを制し、同年のニエル賞(G2・フランス。芝2400メートル)で海外重賞制覇も達成。だが、ニエル賞を最後に勝ち星から遠ざかっており、今回の一戦を制すようなら約3年6か月ぶりの勝利ということになる。すでに年齢も7歳で、復活を疑問視する声も聞こえてくるが、前走のジャパンカップでは出走馬中最速の上がり3ハロン36秒3(以下推定)をマークして4着に善戦。久しぶりにマカヒキらしさを感じさせるパフォーマンスを見せた。昨年の大阪杯(4着)でも出走馬中最速の上がり3ハロン34秒9をマークしたように、この舞台への適性も高い馬。ダービー馬復活があるならこのレースなのかもしれない。まずはスタートをしっかりと決めたい。

ロードマイウェイ

牡4歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:フェリス
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

前走の金鯱賞(10着)でゲートの課題を見せた後の1戦。スタートが重要なのは間違いないだろう。5連勝はすべて54キログラムの斤量で、56キログラム以上で勝ったことは過去にない。前走からさらに1キログラム増の57キログラム克服もポイントになりそうだ。

昨年6月の1勝クラス・国分寺特別(東京・芝1800メートル)から、11月のチャレンジCまで5連勝を飾った。最大着差は2勝クラス・八ヶ岳特別(東京・芝1800メートル)の3馬身1/2。逃げ切りから差し切りとレース運びが柔軟で、速い時計での決着もあれば力の要る重馬場にも対応してみせた。しかし、2番人気に支持された前走の金鯱賞は10着と大敗。古馬になって急成長したジャスタウェイを父に持つ血統から、本馬も4歳を迎えて昨年以上の活躍を期待されていただけに、予想外の結果だった。ただ、スタートの出遅れだけでなく、古馬のGⅡとは思えないようなスローペースと敗因は明確で、度外視する判断をしてもいいはずだ。巻き返しの可能性は十分にあるだろう。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: