今週の注目レース

高松宮記念(GⅠ)

中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ダノンスマッシュ

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:スピニングワイルドキャット
  • 母の父:Hard Spun
ここに注目!

これまで海外を含めて5度GⅠに挑戦し、最高は3着と壁にはばまれてきたが、重賞4勝の実績を考えても、スプリント界の頂点に立つ能力を持っていることは間違いない。勝ち馬から0秒2差の4着だった昨年のリベンジを果たし、念願のGⅠ初制覇を成し遂げたい。

前走のオーシャンSは、発馬こそひと息だったが、すぐに行き脚がつき、先行集団につけた。終始リズムよくレースを運び、4コーナーでもスムーズに進路を確保して抜群の手応えで追い出しを開始。ラスト100メートル過ぎに先頭に立つと、ゴール前では2着馬に1馬身1/2差をつけて快勝した。先行策を取りながら、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒0(推定)の伸び脚を見せたように、内容も完勝と言っていいもので、本番に向けて視界良好といった感じの前哨戦だった。ここでGⅠ制覇を成し遂げれば、サニングデール、シーイズトウショウ、ロードカナロア、ファインニードルに続く、史上5頭目の芝1200メートル以下の“スプリント重賞”5勝馬となる。

タワーオブロンドン

牡5歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:Raven's Pass
  • 母:スノーパイン
  • 母の父:Dalakhani
ここに注目!

昨年はサマースプリントシリーズの王者に輝き、スプリンターズSでGⅠ初制覇も成し遂げるなど、飛躍の1年となった。5歳となった今年も、ここからさらに実績を積み上げたいところだろう。2つ目のGⅠタイトルを奪取し、短距離界をリードしていきたい。

前走のオーシャンSは、後方から末脚を伸ばしたものの3着に追い上げるのが精いっぱいだった。敗因は休み明けにありそうで、昨夏は札幌のキーンランドC2着から中1週で2度の長距離輸送を経て阪神のセントウルSを制すると、そこからさらに中2週のローテーションでスプリンターズSを快勝。この成績からも、レースを使われながら状態を上げていくタイプであることは間違いなさそうだ。前走を1度使ったことにより、本番の今回に向けて状態も上向きとなっているはずで、前走の勝ち馬ダノンスマッシュを逆転できる可能性は十分にあるだろう。今回勝利を飾って、芝スプリントGⅠ連覇を成し遂げたい。

グランアレグリア

牝4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タピッツフライ
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

ディープインパクト産駒はこれまで多くのGⅠを制しているが、芝1200メートルのビッグタイトルは未獲得。本馬も今回が初めての芝1200メートル挑戦となるが、これまでのレースで見せてきたスピードがあれば、こなしてもいいはずだ。

昨年の桜花賞でGⅠ初制覇を達成。桜花賞馬はこれまで4頭が高松宮記念に挑戦しており、2006年のラインクラフト、2017、2018年のレッツゴードンキによる2着が最高着順で、勝てば史上初の快挙となる。桜花賞馬のスプリントGⅠ制覇自体も、ニシノフラワーが1992年のスプリンターズSを制して以来となり、歴史に名を刻むことになるはずだ。前走の阪神Cでは、7か月半の休み明けながら5馬身差で快勝。勝ちタイムの1分19秒4はレースレコードだった。芝1400メートルのペースでも行きたがるそぶりを見せていたことから、折り合い面を考えれば200メートルの距離短縮はプラスに働きそう。さらにパフォーマンスを挙げる可能性もありそうだ。

ダイアトニック

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:トゥハーモニー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

キャリア15戦目で初めての芝1200メートル戦に挑む。ただ、父は2013年の本レース勝ち馬で、GⅠ6勝のうち5勝が芝1200メートルという名スプリンターだった。近親にも短距離でオープンクラスまで出世した馬がおり、血統的には十分こなせると見ていいだろう。

管理する安田隆行調教師は、本レースを2012年のカレンチャン、2013年のロードカナロアで2勝。ここを勝てば単独の高松宮記念最多勝利調教師となり、僚馬ダノンスマッシュと共に偉業に挑む。また、この2頭は共にロードカナロア産駒であり、キングヘイロー、ローレルゲレイロ以来の父仔制覇がかかった一戦でもある(以上、GⅠとなった1996年以降で集計)。本馬は、前走の阪急杯でそれまでの差す競馬と一転し、4番手を進む先行策で道中を運んだ。直線では1度は先頭に立ったものの、ベストアクター(1着)にかわされて2位で入線(走行妨害により3着に降着)。敗れはしたが、距離短縮となる今回に向けて、先行策をとれたことは大きいはずだ。

アウィルアウェイ

牝4歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

3歳春は桜花賞を目指したが(10着)、その後は芝1200メートルが主戦場となった。前走のシルクロードSで重賞を初制覇。伸び盛りの4歳馬で、勢いはメンバー中でも上位だ。成長力を生かして、初GⅠ制覇をもくろむ。

前走のシルクロードSは後方を進み、直線入り口でもまだ最後方に近い位置取りだったが、ラスト200メートルで内の各馬をまとめてかわし切ってクビ差で重賞初制覇を飾った。前々走の京阪杯は勝ち馬から0秒5差の4着に敗れたが、スタートでやや行き脚がつかず後方追走となったうえに、3コーナーでは他の馬が競走中止した影響で鞍上が手綱を引くシーンがあったので、敗因は明確だろう。昨秋以降は安定した走りを続けていると言え、GⅠ挑戦の今回も力を発揮できるはずだ。GⅠになると道中の位置取りも大きく着順に影響しそうで、スタートが鍵になるが、勝ち負けに持ち込める位置取りで競馬ができれば、栄冠も見えてくる。

アイラブテーラー

牝4歳

調教師:河内洋(栗東)

  • 父:トーセンラー
  • 母:タケショウレジーナ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

まだキャリア7戦だが、5勝、2着2回と連対率100パーセントを誇る。阪神と京都での競馬しか経験がなく、今回は初の左回りなど克服すべき課題はあるが、末脚が安定しており、直線の長い中京コースは合いそう。能力はここでも見劣りしないはずだ。

父は2013年のマイルチャンピオンシップを勝ったトーセンラー。本馬は父の初年度産駒の中でも1番と言える活躍をここまで見せている。前走の淀短距離S(リステッド。京都・芝1200メートル)は、7枠12番から道中も外々を回る強気の競馬で3コーナー手前から徐々に進出し、先頭に並びかける勢いで直線へ。残り100メートル付近で逃げ馬をかわして、オープンクラス初勝利を挙げた。今回、GⅠ初挑戦・初制覇を達成することができれば、父の産駒としては初のビッグタイトルになることはもちろんのこと、管理する河内洋調教師、馬主、生産牧場にとっても初めてのGⅠ制覇となる。快挙であるとともに、記念すべき勝利になることは間違いないだろう。

ノームコア

牝5歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

自身も昨年のヴィクトリアマイルを制したGⅠ馬だが、半妹クロノジェネシス(父バゴ)も秋華賞を制しており、優れた牝系の出身であることは間違いない。今回は初の芝1200メートルで流れに乗れるかが鍵。前を射程圏内に入れて追走できれば、差し届いてもいい。

前走の香港マイル(G1・香港。芝1600メートル)は、好スタートを決めると、リラックスした走りでスムーズに中団を進んだ。4コーナーでは大外を回って、直線はジリジリと末脚を伸ばしたものの、内のアドマイヤマーズ(1着)などに伸び負けて4着。とはいえ、初の海外挑戦だったことを考えれば、健闘の部類と言えるだろう。前々走の富士Sでは、メンバー中2位の上がり3ハロン33秒2(推定)の末脚で差し切り勝ち。これまで芝1600メートルでは4戦して3勝、4着1回と崩れておらず、中距離よりも短い距離の方が力を出せることは明らか。初の芝1200メートル戦で新境地を開き、今後のレース選択の幅も広げたいところだ。

モズスーパーフレア

牝5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:Speightstown
  • 母:Christies Treasure
  • 母の父:Belong to Me
ここに注目!

近走はムラのある成績となっているが、昨年のスプリンターズSでは2着に好走しており、GⅠでも戦える実力の持ち主であることは確か。昨年の本レースは2番人気で15着と期待に応えられなかったので、そのリベンジを果たし、初のビッグタイトルを手にしたい。

前走のシルクロードSは、抜群のダッシュ力でハナを奪うと、淡々とマイペースで進み、前半600メートル33秒9のラップタイムを刻んだ。直線入り口では2番手に1馬身以上の差をつけていたが、ゴール直前で後方待機馬の強襲にあって4着。ただ、前々走の京阪杯では8着に敗れていたので、復調の気配は示したと言っていいだろう。今回はメンバーを見渡しても、末脚を生かすタイプが多く、展開面で本馬に向く可能性もありそうだ。もともと調教で動くタイプとはいえ、18日に栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、4ハロン50秒6、ラスト1ハロン12秒1の好タイムをマークしており、状態面の不安もなく大舞台へ臨めそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: