今週の注目レース

マーチステークス(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(ダート)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

スワーヴアラミス

牡5歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ベイトゥベイ
  • 母の父:Sligo Bay
ここに注目!

ダートでは〔5・4・2・0〕と3着以内を外さない抜群の成績を誇り、前々走のオープン特別・ポルックスS(中山・ダート1800メートル)を4馬身差で快勝。今回が重賞初挑戦になるが、相当なポテンシャルを秘めており、主役の座は譲れない。

オープンクラス昇級初戦の福島民友C(リステッド。福島・ダート1700メートル)は、スタートでつまずいて落馬寸前のシーンがありながらも、4コーナー12番手から猛然と追い込んで3着に入った。前々走のオープン特別・ポルックスSは、スタートを決めて2番手を追走。スローペースが向いた面はあったものの、4コーナーで早めに先頭へ躍り出ると、直線は後続を力強く突き放して5勝目をマークした。前走のオープン特別・アルデバランS(京都・ダート1900メートル)では、破竹の連勝を続けるロードレガリス(1着)の後塵を拝したが、3着以下を5馬身引き離しており、“負けてなお強し”を印象づけている。成長力豊かなハーツクライ産駒で、さらなる出世が見込めそうだ。

タイムフライヤー

牡5歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:タイムトラベリング
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

2歳時のホープフルSでビッグタイトルを獲得。昨秋の武蔵野Sで2着に入り、ダート適性の高さも証明している。前々走のチャンピオンズC(8着)、前走のフェブラリーS(5着)は善戦止まりだったが、強敵にもまれた経験を糧に、今後の飛躍が期待される。

ダートに路線変更して3戦目となった3走前の武蔵野Sでは、スッと控えて中団のやや後方を追走。4コーナーでスムーズに外へ出されると、直線半ばで1度先行馬を捕らえて見せ場十分の2着に入った。前々走のチャンピオンズCは8着に敗れたが、前が残る展開だったことを踏まえれば、直線でじわじわと差を詰めた内容は着順ほど悪くないだろう。前走のフェブラリーSは、抑え切れない手応えで3番手を進み、直線半ばで1度先頭のシーン。速い流れを追いかけたこともあってか、ラストで脚色は鈍ったが、懸命に食い下がって5着に健闘した。3か月弱の休み明けだった前走を使って、状態面の上積みが見込める今回、2歳12月のホープフルS以来となる勝ち星を目指す。

クリンチャー

牡6歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:ディープスカイ
  • 母:ザフェイツ
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

4歳時の京都記念ではGⅠ馬4頭を撃破して重賞タイトルを獲得。同年秋には凱旋門賞(G1・フランス。芝2400メートル、17着)に挑戦した実力馬だ。初ダートだった前走の仁川S(リステッド。阪神・ダート2000メートル)で2着に入り、復調の兆しを見せている。

ダートに矛先を向けた前走の仁川S(リステッド)は、スッと控えて中団後ろを進むが、砂を被ってもひるまず、道中の手応えは十分。緩みのない流れが向いた面はあったものの、メンバー中最速となる上がり3ハロン37秒0(推定)の末脚で、馬群をさばきながら一完歩ごとに差を詰めて2着に好走した。騎乗した池添謙一騎手はレース後に「リフレッシュさせて、だいぶ持ち直してきたようです。レースでもしっかり反応して、いい脚を使ってくれましたし、ダートの走りも良かったです」と高評価を与えていた。GⅡ勝ちに加えて菊花賞2着、天皇賞(春)3着の実績が示すように、地力は一枚上。休み明けを1度使われた上積みも大きく、ダート路線でもうひと花咲かせても不思議はない。

メイショウワザシ

牡5歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:メイショウワカツキ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

前走のオープン特別・総武S(中山・ダート1800メートル)を鮮やかに逃げ切って5勝目をマーク。レース後の回復が早く、大型馬の休み明け2戦目で、状態面の上積みは十分に見込めるだろう。同型馬の出方は鍵になるが、スムーズな競馬ができれば上位争いが濃厚だ。

昨年秋のシリウスSは、好スタートを決めたが、同型馬に競られてハイペースで先導。4コーナーでは後続が早めに追い上げてくる厳しい展開ながら、直線もしぶとく食い下がって勝ち馬から0秒3差の3着に好走した。続く師走S(リステッド。中山・ダート1800メートル)も展開が厳しく3着。前々走の名古屋グランプリ(JpnⅡ。名古屋・ダート2500メートル)は初距離もこたえたのか4着に敗れたが、前走のオープン特別・総武S(中山・ダート1800メートル)は、二の脚を利かせてハナに立ち、スローペースの逃げ。抜群の手応えで直線を向くと、最後までスピードが緩まず、後続の追い上げを楽に振り切って快勝した。勝った勢いに乗って、重賞タイトル獲得を狙う。

ワイルドカード

牡6歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ストリートセンス
  • 母:パーフェクトチャンス
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

体質の弱さがあり、6歳にしてまだ12戦のキャリアだが、とんとん拍子に出世を果たして、前走のベテルギウスS(リステッド。阪神・ダート1800メートル)で6勝目をマーク。今回は重賞初挑戦になるが、休み明けは苦にしない馬で、あっさり勝っても不思議はない。

1番人気に支持された前々走の3勝クラス・錦秋S(東京・ダート1600メートル)は、好スタートを決めて2番手を追走。正攻法の競馬から、直線半ばで満を持して先頭に躍り出ると、後続を力強く突き放して2馬身1/2差で快勝した。前走のベテルギウスS(リステッド)は、スローペースのなかで3番手のインに収まって手応え十分に追走すると、直線でスムーズに外へ出されて鮮やかに抜け出し2連勝。メンバー中最速の上がり3ハロン35秒8(推定)をマークする好内容だった。今回は3か月の休み明けになるが、2月下旬から入念な乗り込みを消化。ひと追いごとに馬体が引き締まって、好調時と遜色のない動きを見せており、力を出せる態勢が整っていそうだ。

リアンヴェリテ

牡6歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:ルミエールヴェリテ
  • 母の父:Cozzene
ここに注目!

昨夏の大沼S(リステッド。函館・ダート1700メートル)は、2着ロードゴラッソ(その後重賞2勝)を5馬身突き放し、1分42秒0の好タイムで快勝。ハナを切った時のしぶとさには定評があり、展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

昨夏の北海道シリーズで頭角を現し、大沼S(リステッド)とオープン特別・マリーンS(共に函館・ダート1700メートル)をどちらも鮮やかに逃げ切って連勝。重賞初挑戦となったエルムSは、ドリームキラリ(11着)にハナを譲って2番手を追走。かなりのハイペースだったが、4コーナーで早めに先頭に立つと、直線もしぶとく食い下がって中身の濃い5着だった。前々走の白山大賞典(JpnⅢ。金沢・ダート2100メートル)は距離がこたえたのか7着。前走のみやこSも13着に敗れたが、3頭による激しい先手争いで先行勢が軒並み失速した展開を思えば、度外視していいだろう。全7勝中6勝を逃げで挙げているように、ハナを切る競馬がベスト。ここも展開ひとつでチャンスがありそうだ。

アシャカトブ

牡4歳

調教師:小笠倫弘(美浦)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:ヴェリタスマリコ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

重賞初挑戦だった昨年6月のユニコーンSは6着も、その後にメキメキと地力をつけ、前走の3勝クラス・上総S(中山・ダート1800メートル)を勝ってオープンクラス入りを決めた。全4勝中3勝を挙げている得意の舞台なら、重賞でも遜色のない競馬ができそうだ。

前走の3勝クラス・上総Sは、すんなり隊列が決まって平均ペースの展開。1番人気のレッドフレイをマークしながら、手応え良く3番手を追走していた。4コーナー手前から徐々に押し上げ、直線でレッドフレイとのマッチレースに持ち込むと、最後は力でねじ伏せるように抜け出して快勝。騎乗した武藤雅騎手はレース後に「もともとポテンシャルの高い馬なのですが、前2戦はあまり力を出し切れていませんでした。今日は人気馬の後ろにつけてスムーズなレースができました」と、ホッと胸をなでおろしていた。レース後もすこぶる順調で、この中間の調教でも絶好の動きを披露。状態の良さを生かすことができれば、上位争いに食い込むシーンもありそうだ。

テルペリオン

牡6歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:フリオーソ
  • 母:エルベレス
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

連対時の最高馬体重が530キログラムなので、ここ2戦は体つきに余裕があったように見えたが、レースを使いながら状態面は良化。昨年のマーキュリーC(JpnⅢ。盛岡・ダート2000メートル)3着など地力は十分で、本来のパフォーマンスを発揮できれば巻き返しが可能だろう。

昨年6月のオープン特別・スレイプニルS(東京・ダート2100メートル)を、先行策から力強く抜け出して7勝目をマーク。続く7月のマーキュリーC(JpnⅢ。盛岡・ダート2000メートル)は、2番手追走で他馬のプレッシャーも厳しかったなか、最後までしぶとく食い下がって3着に好走した。秋初戦の白山大賞典(JpnⅢ。金沢・ダート2100メートル)は直線で馬群の内からしぶとく脚を伸ばして4着に健闘するも、続くブラジルC(リステッド。東京・ダート2100メートル)は15着、今年初戦の佐賀記念(JpnⅢ。佐賀・ダート2000メートル)も離された5着、前走の仁川S(リステッド。阪神・ダート2000メートル)も15着と、ここ3戦はひと息だが、これまでの実績からもまだ見限れない。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: