今週の注目レース

フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)

中山競馬場 1800メートル(芝)馬齢 牡・牝 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

皐月賞トライアル最終戦

皐月賞への優先出走権が付与されるレースはスプリングSの他に2つあり、このレースの2週前に弥生賞ディープインパクト記念、そして前日に阪神競馬場で若葉Sが行われる。つまり、当レースは皐月賞の優先出走権が獲得できる最後のレースとなる。クラシックの大舞台を目指す人馬による一戦の傾向を、阪神競馬場で開催された2011年を除く過去10回の結果をもとに、見ていくことにしよう。

単勝人気別の成績をチェック

昨年は単勝10番人気のエメラルファイトが優勝したが、2011年を除く10回のうちその昨年を除く9回の優勝馬は、全て5番人気以内だった。特に1番人気馬の3着内率は90.0%と高くなっている。ただし、単勝オッズ1倍台でレースを迎えた2頭は共に3着に終わっている。また、「5.0から9.9倍」の馬が5勝を挙げている点も目立っている。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(2011年を除く過去10回)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-4-2-1 30.0% 70.0% 90.0%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
6〜9番人気 0-1-3-36 0% 2.5% 10.0%
10番人気以下 1-1-2-45 2.0% 4.1% 8.2%
〔表2〕単勝オッズ別成績(2011年を除く過去10回)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.9倍以下 0-0-2-0 0% 0% 100%
2.0〜2.9倍 2-3-0-0 40.0% 100% 100%
3.0〜4.9倍 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
5.0〜9.9倍 5-3-1-17 19.2% 30.8% 34.6%
10.0〜19.9倍 1-0-3-11 6.7% 6.7% 26.7%
20.0〜29.9倍 1-1-0-15 5.9% 11.8% 11.8%
30.0〜99.9倍 0-1-2-34 0% 2.7% 8.1%
100倍以上 0-0-0-27 0% 0% 0%

前走別の成績もチェック

対象とした10回の出走馬の前走別成績を調べると、前走が朝日杯フューチュリティSだった馬が好成績を残している。その他の重賞から臨んだ馬の成績はいまひとつで、共同通信杯から臨んだ馬の優勝は1回だけ。それ以外の臨戦過程では、500万下(現1勝クラス)から臨んだ馬が好成績を残している。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(2011年を除く過去10回)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
朝日杯フューチュリティS 2-2-3-4 18.2% 36.4% 63.6%
共同通信杯 1-2-0-13 6.3% 18.8% 18.8%
上記以外の東日本の重賞 0-0-1-20 0% 0% 4.8%
上記以外の西日本の重賞 1-1-1-9 8.3% 16.7% 25.0%
オープン特別 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8%
500万下特別戦 3-4-3-25 8.6% 20.0% 28.6%
500万下一般戦 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
新馬・未勝利 0-0-0-13 0% 0% 0%
地方のレース 0-0-0-2 0% 0% 0%

前走の着順別の成績もチェック

対象とした10回の出走馬の前走の着順別成績をまとめてみると、優勝馬は全て前走で3着以内に入っていた。3着以内馬で見ても、30頭中25頭は前走で2着以内に入っていた。前走好走馬が優勢という傾向にあるようだ。〔表4〕

〔表4〕前走の着順別成績(2011年を除く過去10回)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 7-7-4-47 10.8% 21.5% 27.7%
2着 1-1-5-15 4.5% 9.1% 31.8%
3着 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
4、5着 0-2-1-19 0% 9.1% 13.6%
6着以下 0-0-0-24 0% 0% 0%

単勝3、4番人気での勝利歴に注目?

対象とした10回のうち、2012年を除く9回で「3走前までに単勝3、4番人気で勝利を挙げていた」という馬が連対している。単勝10番人気だった昨年の優勝馬エメラルファイトも、これに該当していた。今年も過去の成績をチェックしておくことをおすすめしたい。〔表5〕

〔表5〕3走前までに単勝3、4番人気で勝利を挙げていた、スプリングS連対馬一覧(2011年を除く過去10回)
年度 着順 馬名 該当レース
2009年 1着 アンライバルド 3走前 2歳新馬 3番人気
2着 レッドスパーダ 前走 3歳500万下 3番人気
2010年 1着 アリゼオ 3走前 2歳新馬 3番人気
2013年 1着 ロゴタイプ 2走前 ベゴニア賞 4番人気
2014年 2着 アジアエクスプレス 前走 朝日杯フューチュリティS 4番人気
2015年 1着 キタサンブラック 2走前 新馬 3番人気
2着 リアルスティール 前走 共同通信杯 3番人気
2016年 2着 マイネルハニー 前走 フリージア賞 3番人気
2017年 1着 ウインブライト 3走前 2歳未勝利 4番人気
2018年 2着 エポカドーロ 2走前 3歳未勝利 4番人気
2019年 1着 エメラルファイト 前走 白梅賞 3番人気
2着 ファンタジスト 3走前 小倉2歳S 3番人気
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

東京デビュー馬に要注目!?

過去4年の優勝馬は全てデビュー戦が東京競馬場のレースだった。また、4頭共そのレースで単勝3番人気以内に支持されていた。今年の出走馬についてもデビュー戦をチェックしておきたい。〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕優勝馬のデビュー戦(過去4年)
年度 優勝馬 デビュー戦
2016年 マウントロブソン 東京競馬場 10月24日 1番人気 2着
2017年 ウインブライト 東京競馬場 6月26日 1番人気 6着
2018年 ステルヴィオ 東京競馬場 6月4日 2番人気 1着
2019年 エメラルファイト 東京競馬場 6月23日 3番人気 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: