今週の注目レース

フジテレビ賞スプリングステークス(GⅡ)

中山競馬場 1800メートル(芝)馬齢 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ヴェルトライゼンデ

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ドリームジャーニー
  • 母:マンデラ
  • 母の父:Acatenango
ここに注目!

半兄に昨年の菊花賞馬ワールドプレミアとマイル路線で活躍したワールドエース(共に父ディープインパクト)がいる、厩舎期待の良血馬だ。新馬、リステッド連勝から臨んだ前走のホープフルSではコントレイルの2着に好走。ここは重賞勝利の大きなチャンスを迎えた。

「前走のホープフルSは2着でしたが、最後の直線ではしっかりとした脚を使ってくれましたから、収穫のある一戦だったと思います。その後は休養に入り、2月下旬から栗東トレーニング・センターで乗り込みを開始しました。軽快なフットワークを見せているので、出走態勢は整うでしょう。器用に立ち回れるタイプですから、今回の舞台となる中山・芝1800メートルにもうまく対応できるはずです」と、陣営は本馬の仕上げに力を注いでいる。まだ重賞勝ち鞍はないが、ここまで3戦して2勝、2着1回を記録しており、高い素質を示している。GⅠで好走した中山のターフで重賞タイトルを奪取して、春のクラシックロードへ進みたい。

サクセッション

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アディクティド
  • 母の父:Diktat
ここに注目!

前走のジュニアC(リステッド。中山・芝1600メートル)を優勝して通算4戦3勝。高い勝率を誇り、素質の高さは証明済みだ。今回は初の芝1800メートルになるが、自在に動けるタイプなので、十分に対応可能。ここで重賞初制覇のシーンが見られるかもしれない。

「前走のジュニアC(リステッド。1着)は、プラス10キログラムの馬体重での出走になりましたが、太め感はなく成長分だったと思います。レースでも長くいい脚を使って勝利を収めてくれたので、今後の活躍が楽しみになりました。今回は距離延長に加えてコーナー通過が4回の競馬になりますが、自在に動けるタイプなので対応可能でしょう。このスプリングSを目標に乗り込んでいますから、仕上がり面にも不安はありません」と、厩舎サイドは本馬の成長を実感している。相性のいい中山のターフで、重賞への挑戦も2回目なら、勝機を十分に見いだせそうだ。

ファルコニア

牡3歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:カンビーナ
  • 母の父:Hawk Wing
ここに注目!

小倉開催で1勝クラス・あすなろ賞(芝2000メートル)を勝利。目下2連勝の勢いが魅力だ。今回は重賞初挑戦で相手は強化されるが、初勝利は先行策、2勝目は末脚を生かす形で好走しており、レースぶりに幅がある点は心強い。

「前走の1勝クラス・あすなろ賞はスタートで後手を踏む形になりましたが、長くいい脚を使って差し切ってくれました。それまでの先行する競馬とは異なる戦法で勝利を収めたことは大きな収穫です。まだ心身共に幼いところはありますが、ここまで2勝、2着2回をマークしていますので、今後の活躍が楽しみです。今回は重賞初挑戦に加えて、中山・芝コースも初めてなので、試金石の一戦になりますが、長距離輸送は小倉開催で対応済みです。相手は強くなりますが、ここも期待しています」と、厩舎スタッフは本馬の飛躍を楽しみにしている様子だ。機動力に加えて、持続力のある末脚も兼備しており、展開に注文がつかない点はアピールポイントになるだろう。

ココロノトウダイ

牡3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:フェアリーダンス
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走の共同通信杯は5着だったが、休養明けに加えて初の重賞挑戦であったことを考えれば、内容は悪くなかった。半姉に先週の中山牝馬Sを勝ったフェアリーポルカ(父ルーラーシップ)がおり、血統面からも魅力十分だ。

「デビュー当初はスタートに不安を残していましたが、それも実戦を重ねて徐々に解消してきました。前走の共同通信杯は最後の直線でひと息粘りを欠いて5着でしたが、勝ち馬とは0秒8差でゴールインしました。約3か月半の休養明け初戦であったことを考えれば、次につながる内容だったと思います。どちらかというと右回りの方がスムーズなタイプですから、東京から中山にコースが替わる点もプラス材料になるでしょう」と、陣営は2度目の重賞挑戦で前進を期待している。この中間の調教では力強い脚さばきを見せており、体調面の上積みが見込めるはず。強敵を相手にした前走の経験を糧にすることができれば、好勝負を演じられるだろう。

アオイクレアトール

牡3歳

調教師:古賀慎明(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ハイエストホワイト
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走の1勝クラス(東京・芝1600メートル)は2着だったが、3着馬には3馬身1/2差をつけてゴールイン。自らペースを作るレース運びで、内容は濃かった。今回は重賞で相手が強化されるが、不安よりも楽しみのほうが大きい。

「前走の1勝クラスは、決め手の差が出た感じの2着で、2勝目をマークすることはできませんでしたが、3着馬には3馬身1/2差をつけていました。この馬の内容も良かったですし、着実に力をつけています。今回は初めての中山・芝コースで、メンバーも強化されますが、どんなレースができるのか、先々を占う意味でも楽しみな一戦です」と、厩舎サイドは意欲的な姿勢を示している。ここまで4戦を消化して1勝、2着2回、3着1回を記録しており、安定感は十分。少し勝ち味に遅い点こそあるが、自在の脚質を生かすことができれば、重賞でも好勝負が可能だろう。

シルバーエース

牡3歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:ワールドエース
  • 母:アイリッシュペコ
  • 母の父:Sea The Stars
ここに注目!

前走の1勝クラス・つばき賞(京都・芝1800メートル)では、重馬場にもうまく対応して3着。馬場状態を問わずに安定した成績を残している点はセールスポイントになるだろう。芝1800メートルでは3戦して全て3着以内に好走しており、距離適性も高い。

「前走の1勝クラス・つばき賞は、最後に差し返される形での3着でしたが、内容は勝ちに近いものがありましたし、徐々に力をつけています。とにかくレースセンスのいい馬ですから、初の中山コースにもうまく対応してくれると思います。重賞でメンバーはそろうと思いますが、相手なりに走れるタイプですから、上位争いに加わってくれればいいですね」と、厩舎スタッフは本馬の堅実性を高く買っている。前走では水分を含んだ馬場状態(重)に対応。馬場コンディションを問わない点はセールスポイントで、芝1800メートルでは1勝、3着2回と距離適性も示している。実績では少し見劣りするかもしれないが、侮れない存在だ。

ガロアクリーク

牡3歳

調教師:上原博之(美浦)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:ゴールドレリック
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

昨年11月のメイクデビュー東京(芝2000メートル)は、レースの前半1000メートル通過タイム1分05秒1というスローペースのなか、直線で豪快に差し切る強い内容で勝利。ここも末脚の生きる流れになれば浮上してきそうだ。

「昨年秋のメイクデビュー東京は、中団追走から直線で外に持ち出す形で勝利を収めましたが、前走の1勝クラス・水仙賞(中山・芝2200メートル、4着)では内から徐々にポジションを押し上げる競馬ができました。少しずつ若さが解消して、着実に成長を遂げています。ゴール前でひと息伸びを欠いたのは、距離が少しだけ長かったからかもしれません。それを考えれば、芝1800メートルへの短縮はプラスになるでしょう。重賞でいいところを見せたいです」と、厩舎サイドは本馬のステップアップを期待している。前々走のホープフルS(11着)ではGⅠの大舞台も経験。適距離と言える今回は、上位争いを演じても不思議はない。

エン

牡3歳

調教師:河津裕昭(川崎)

  • 父:Tavistock
  • 母:Tempting Delight
  • 母の父:Northern Meteor
ここに注目!

川崎で2連勝を飾り、前走では共同通信杯にエントリー。結果は7着だったが、好位を積極的に追走したレースぶりは見どころがあった。南半球産馬(10月7日生まれ)で、成長の余地は大きいはず。2度目の芝となる今回は、大きな前進を見せられるかもしれない。

「前走の共同通信杯は最後の直線で伸びを欠いて7着に敗れましたが、芝を走った際のフットワークは良かったですし、今後へ向けての貴重な経験になったと思います。その後は疲れを解消させてから、スプリングSを視野に入れて調整を進めています。芝も2度目となる今回は、前走以上の内容を期待しています。先行を得意とする脚質からも、中山・芝コースへ替わる点はプラス材料になるでしょう。南半球生まれだけに、今後の成長が楽しみな一頭です」と、2度目のJRA重賞挑戦となる今回、陣営は好勝負を期待している様子だ。川崎で2連勝を飾った内容は見事だったうえに、馬体や走法から芝適性も高そう。ここは注目の芝2戦目となる。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: