今週の注目レース

3歳重賞馬連 中日スポーツ賞ファルコンステークス(GⅢ)

中京競馬場 1400メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ラウダシオン

牡3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:リアルインパクト
  • 母:アンティフォナ
  • 母の父:Songandaprayer
ここに注目!

父は3歳時に安田記念を制すと、7歳時にもオーストラリアでG1を制するなど、類いまれなスピードを武器に息の長い活躍を見せた。本馬は父の初年度産駒で、しっかりと速力を受け継いでいる。2戦2勝の芝1400メートル戦なら、十分に力を出し切れるだろう。

前走のクロッカスS(リステッド。東京・芝1400メートル)は、抜群のダッシュでハナを奪うと、前半から終始リズムの良い走りを見せた。先頭のまま直線に向くと、残り400メートル付近から追い出しを開始。1度は後続に差を詰められたものの、最後まで脚色が衰えることはなく、むしろゴール前では後続に2馬身差をつける快勝で3勝目を挙げた。前々走の朝日杯フューチュリティSでは、大外8枠16番から終始外を回る厳しい展開になり、直線で伸び脚を見せたものの8着。ラスト100メートルで脚が鈍ったことから、距離も長かった印象を受ける。今回は初めての中京コースになるが、前走で結果を残した左回りの芝1400メートルという設定なら、重賞初制覇も見えてくる。

アブソルティスモ

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ラドラーダ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

母は現役時代に4勝を挙げる活躍を見せ、繁殖牝馬としてもダービー馬レイデオロ、エプソムC勝ち馬レイエンダなどを産んでいる。近親にはディープインパクトがおり、本馬は日本でも屈指の名牝系の出身と言える。2度目の重賞挑戦で、タイトルを手に入れたい。

前走のクロッカスS(リステッド。東京・芝1400メートル)は、後方を進み末脚勝負に徹した。直線に入って差し脚を伸ばしたが、勝ち馬ラウダシオンから0秒6差の4着まで追い上げるのが精いっぱい。ただ、逃げ馬がそのまま押し切ったように、展開が向かなかったことも確か。父がダイワメジャーということもあり、切れ味で勝負するよりは先行策から持続力を生かす競馬が合いそうで、今回は道中の位置取りがポイントと言えそうだ。中京コース自体は、前々走の1勝クラス・こうやまき賞(芝1600メートル)で1馬身差の勝利を飾っており、舞台適性は問題なし。これまでのレースぶりからスピードも感じさせるだけに、前走で敗戦を喫した芝1400メートルの距離も対応できるはずだ。

ビアンフェ

牡3歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ルシュクル
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

昨年の函館2歳Sを制し、世代初の重賞ウイナーに輝いた。半姉ブランボヌール(父ディープインパクト)は、同じく函館2歳Sを制し、3歳時にはキーンランドCもV。母系が伝えるスピードは優秀で、本馬も2つ目の重賞タイトルを獲得できるだけの能力を秘めている。

前走の朝日杯フューチュリティSは、スタートしてすぐに1馬身ほどのリードを奪う強気の競馬。道中は単騎で淡々と運び、前半600メートル通過タイム33秒8の速いペースを作った。直線でも残り300メートル付近まで先頭を守る健闘を見せたが、最後は失速して7着に敗れた。ただ、締まったペースを作ったこともあってか後方待機勢の台頭が目立っただけに、能力の高さは示したと言っていいだろう。近4走連続でハナを奪っており、今回も自分の競馬に徹する公算が大きい。200メートルの距離短縮は間違いなくプラス材料で、スピードを存分に生かすことができれば、巻き返しの可能性は高そうだ。

マイネルグリット

牡3歳

調教師:吉田直弘(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:マイネショコラーデ
  • 母の父:ロージズインメイ
ここに注目!

伯父にJBCスプリント(JpnⅠ)など芝・ダート合わせて重賞5勝を挙げたドリームバレンチノがおり、確かな底力を持つ牝系の出身であることは確かだろう。ここで小倉2歳Sに続く2度目の重賞制覇を成し遂げ、復活ののろしを上げたい。

3走前の小倉2歳Sは、スタートでダッシュがつかず、中団後方からの競馬。道中で少しずつポジションを押し上げると、3、4コーナーではスピードに乗りながら外を回り、直線入り口で逃げ馬を射程圏内に入れた。直線もじりじりと末脚を伸ばし、最後はトリプルエース(2着)との追い比べをクビ差で制した。前走の朝日杯フューチュリティSは中団からレースを進めたが、直線で伸び脚を見せることができず13着と大敗。ただ、最後は鞍上も無理をしておらず、疲れもそれほど残らなかっただろう。今回は3か月の間隔を空けており、リフレッシュした状態で出走できそう。成長した姿を見せられるはずだ。

シャインガーネット

牝3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ベルベットローブ
  • 母の父:Gone West
ここに注目!

半兄アドマイヤサガス(父フジキセキ)は、北海道スプリントC(JpnⅢ)勝ちなど、ダートを主戦場に豊富なスピードを生かして活躍した。本馬はこれまで3戦全てが芝1600メートルだが、血統から初の芝1400メートルにも対応できるだろう。

前走のフェアリーSは、スッと3番手の好位を取ると、3コーナーから鞍上が仕掛け始め、先頭に並びかける勢いで4コーナーを回った。直線でも末脚を伸ばしたものの、最後は後続にかわされて4着。ゴール前で脚が鈍ったように見えただけに、今回の芝1400メートルへの短縮はむしろプラスに働くと判断していいだろう。前々走の1勝クラス・赤松賞(東京・芝1600メートル)では、4コーナー4番手からメンバー中3位の上がり3ハロン33秒6(推定)をマークして1/2馬身差の勝利を挙げており、自在性のあるレースぶりは大きな武器。左回りコースもしっかりとこなしていた。初めての重賞タイトルを狙えるだけの条件はそろった印象だ。

ウイングレイテスト

牡3歳

調教師:青木孝文(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:グレートキャティ
  • 母の父:サクラユタカオー
ここに注目!

デビューから2戦では重馬場を経験し、2着、1着と結果も残している。先週(8日)の中京・芝コースは不良馬場で行われており、今週もある程度力の要るコンディションでの競馬となりそう。週末の天気次第ではあるが、これまでの経験が生きる条件と言えるだろう。

前走の朝日杯フューチュリティSは2度目のマイル戦だったが、中団前めで流れに乗ると、4コーナーの勝負どころではサリオス(1着)の直後にぴったりとつけて追い出しを開始。直線も懸命に追いすがったが、最後は突き放されて9着に敗れた。ただ、最後まで自身の脚は使っており、前半から速いペースを追いかけたことを考えれば、悲観するような内容ではないだろう。実際に、前々走のデイリー杯2歳Sでは、初めての関西圏への長距離輸送を克服して2着に好走。流れや相手ひとつで重賞でも勝ち負けができるのは、すでに証明済みだ。末脚を生かせる直線の長い中京も合っているはずだ。

ヴェスターヴァルト

牡3歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:サンブルエミューズ
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

母は2歳時にオープン特別を勝ち、3歳1月のフェアリーSでも3着に入るなど、早くから活躍。近親には皐月賞2着のトライアンフマーチがいる。本馬は今回が初めての重賞挑戦になるが、通用するだけの血統的な下地は持っていると言っていいはずだ。

前走の1勝クラス(東京・芝1400メートル)では、中団をリズムよく追走。手応え十分で迎えた直線入り口ではまだ前を行く馬たちと差があったが、外に進路を選びながら末脚を伸ばした。ラスト200メートルで完全にスピードに乗ると、内の各馬を一瞬でかわし去り、後方から差を詰めてきたグランチェイサー(2着)を完封。1馬身差をつける完勝で2勝目を挙げた。初の芝1400メートルだったが、難なくクリア。エンジンがかかるのに時間を要すタイプなので、直線が長い中京コースも合いそうだ。今回が初めての重賞挑戦になるが、スケール感のある前走の勝ちっぷりを思えば、不安よりも楽しみのほうが大きい。

ペコリーノロマーノ

牝3歳

調教師:久保田貴士(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ヴィラ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

新潟・芝1400メートルのメイクデビュー新潟を勝つと、前々走では今回と同じ中京・芝1400メートルで行われた1勝クラス・つわぶき賞を勝利。左回りでは2戦2勝で、傾向的には“サウスポー”と言ってよさそうだ。今回の舞台は申し分なく、存分に力を発揮できるだろう。

前走のフェアリーSは、好ダッシュからスッと控えて5番手辺りでレースを進めた。しかし、3コーナー辺りから手応えが怪しくなり、直線でスパートをかけられたものの、反応できずに14着と大敗。力負けしたというよりは、全く力を発揮できなかったと判断していいだろう。前々走の1勝クラス・つわぶき賞では、抜群のダッシュでハナを奪う勢いを見せたが、中団前めに収まって追走。3コーナー手前から外を回って徐々に先頭との差を詰めると、直線でもしぶとく脚を伸ばし、2着に1/2馬身差をつけて完勝した。このレースぶりを見るに、重賞でも能力を出し切ることができれば巻き返しが可能だろう。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: