今週の注目レース

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(芝)ハンデ (牝) 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ヴィクトリアマイルへの前哨戦

中山牝馬Sは、4歳以上の牝馬による春の女王決定戦・ヴィクトリアマイルの前哨戦に位置付けられている。昨年のヴィクトリアマイルを優勝したノームコアは、この中山牝馬Sで7着に敗れていたが、見事巻き返して女王の栄冠を勝ち取った。今回は、阪神競馬場で行われた2011年を含む、過去10年の結果からレースの傾向に迫っていこう。

下位人気馬の狙い目も十分

過去10年の単勝人気別成績をまとめると、3着内率で「1番人気」が40.0%、「2番人気」と「3番人気」が20.0%にとどまるなど、上位人気馬がいまひとつの成績。それに対し、「6から9番人気」組が3着以内に8頭入り、3着内率では「2番人気」・「3番人気」と並ぶ20.0%となっている。また、2015年以降の過去5年に限れば1番人気馬と2番人気馬の勝利がない。ハンデキャップ競走だけに、波乱の決着も想定しておく必要がありそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
2番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
4番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 40.0%
5番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
6〜9番人気 3-2-3-32 7.5% 12.5% 20.0%
10番人気以下 1-2-4-59 1.5% 4.5% 10.6%
  • 注記:2014年は2着同着

ハンデ53から54キロの馬が優勢

過去10年の出走馬の負担重量別の成績を調べると、勝ち馬は「53キログラム」組から5頭、「54キログラム」組から4頭となっている。55キログラム以上の馬は1勝にとどまっており、好走率の面でもやや劣勢となっている。2016年以降は4年連続で55キログラム以上の馬が1番人気に支持されているが、いずれも2着以下に敗れている。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
52kg以下 0-2-3-27 0% 6.3% 15.6%
53kg 5-3-2-33 11.6% 18.6% 23.3%
54kg 4-4-1-24 12.1% 24.2% 27.3%
55〜55.5kg 0-0-2-27 0% 0% 6.9%
56kg以上 1-2-1-15 5.3% 15.8% 21.1%
  • 注記:2014年は2着同着

前々走と前走の単勝人気に注目

過去10年の出走馬について、前々走と前走の単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬10頭中9頭は、「前々走より前走の単勝人気が上位」で、残る1頭は「前々走と前走の単勝人気が同じ(1番人気を除く)」だった。また、「前々走より前走の単勝人気が下位」組は優勝こそないものの、2着が8回、3着が6回もある。予想する上で参考になりそうな傾向と言えそうだ。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕前々走と前走の単勝人気別成績(過去10年)
前々走と前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
共に1番人気 0-0-0-2 0% 0% 0%
前々走より前走の単勝人気が上位 9-3-3-45 15.0% 20.0% 25.0%
前々走と前走の単勝人気が同じ(1番人気を除く) 1-0-0-14 6.7% 6.7% 6.7%
前々走より前走の単勝人気が下位 0-8-6-64 0% 10.3% 17.9%
過去2走のいずれかで海外のレースに出走 0-0-0-1 0% 0% 0%
  • 注記:2014年は2着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: