今週の注目レース

京都牝馬ステークス(GⅢ)

京都競馬場 1400メートル(芝・外)別定 (牝) 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

春のGⅠ戦線へ4歳以上の牝馬がしのぎを削る

2016年から開催時期が2回京都競馬の最終週となり、距離が1400メートルに短縮された。マイルとスプリントの中間にあたる距離とあって、ヴィクトリアマイルだけでなく、高松宮記念を目指す馬の出走も見られる。今回は、現在の条件となった2016年以降の過去4回の結果をもとに、レースの傾向に迫っていく。

10番から15番の好走が多い

過去4年の馬番別成績を調べると、3着以内馬延べ12頭中10頭は馬番が10番から15番だった。中でも10番は2勝2着2回と4頭が全て連対している。その他では8番が1勝、6番が3着1回となっており、内寄りの1番から5番や、16番より外の馬番だった馬は3着以内に入っていない。〔表1〕

〔表1〕馬番別成績(過去4年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜3番 0-0-0-11 0% 0% 0%
4〜6番 0-0-1-11 0% 0% 8.3%
7〜9番 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%
10〜12番 2-2-2-6 16.7% 33.3% 50.0%
13〜15番 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
16〜18番 0-0-0-9 0% 0% 0%

距離延長組が不振

過去4年の出走馬の前走の距離別成績を調べると、優勝馬4頭は全て前走が1400メートル以上のレースで、前走が1200メートルだった馬は2着が1回あるだけだ。好走率も1400メートル以上の各組が上位となっており、1200メートルからの距離延長組は苦戦傾向にある。〔表2〕

〔表2〕前走の距離別成績(過去4年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-1-0-21 0% 4.5% 4.5%
1400m 1-0-3-9 7.7% 7.7% 30.8%
1600m 2-3-1-18 8.3% 20.8% 25.0%
1800m以上 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%

前走の月も要チェック

過去4年の出走馬について、前走の月別に成績を調べると、優勝馬4頭は前走が前年の10月から12月だった。前走が年明けの1月以降だった馬は27頭が出走して、2着が2回、3着が3回あるものの優勝には手が届いていない。〔表3〕

〔表3〕前走の月別成績(過去4年)
前走の月 成績 勝率 連対率 3着内率
前年9月以前 0-0-0-2 0% 0% 0%
前年10、11月 2-0-0-10 16.7% 16.7% 16.7%
前年12月 2-2-1-19 8.3% 16.7% 20.8%
1月以降 0-2-3-22 0% 7.4% 18.5%

近走の芝重賞での着順に注目

過去4年の出走馬について、過去3走以内における芝重賞での最高着順別に成績をまとめると、優勝馬4頭中3頭は、最高着順が2着以内だった。その一方で、2・3着馬は8頭中6頭が過去3走で芝重賞に出走していなかった馬となっており、その6頭は全て前走が“1600万下(現3勝クラス)”だった。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕過去3走以内における芝重賞での最高着順別成績(過去4年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
2着 2-0-0-5 28.6% 28.6% 28.6%
3着 0-0-0-5 0% 0% 0%
4着 0-0-0-1 0% 0% 0%
5着 0-0-0-6 0% 0% 0%
6着 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
7〜9着 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
10着以下 0-0-0-14 0% 0% 0%
芝重賞不出走 0-3-3-11 0% 17.6% 35.3%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: