今週の注目レース

ダイヤモンドステークス(GⅢ)

東京競馬場 3400メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

日本で唯一、3000メートル以上で行われる平地のハンデ重賞

昨年は単勝1番人気に推されたユーキャンスマイルが優勝したが、2着に入ったのは1000万下クラス(現2勝クラス)からの格上挑戦で負担重量が50キログラムだった8番人気のサンデームーティエ。クラスや実績で劣る馬であっても、長距離適性と軽いハンデを生かせば、上位争いも可能な重賞だ。まずは過去10年の結果を元に、傾向をチェックしてみよう。

若い世代が優勢

長距離戦はベテラン勢の出走が多くなりがちだが、過去10年のダイヤモンドSで好走が多いのは若い世代の馬となっている。中でも4歳馬は3着内率で50.0%という数字を残している。ちなみに、7歳以上で3着以内に入った延べ7頭のうち4頭はせん馬だった。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 4-3-3-10 20.0% 35.0% 50.0%
5歳 3-2-1-24 10.0% 16.7% 20.0%
6歳 2-1-4-25 6.3% 9.4% 21.9%
7歳 0-1-1-23 0% 4.0% 8.0%
8歳 1-2-1-20 4.2% 12.5% 16.7%
9歳以上 0-1-0-13 0% 7.1% 7.1%

上位人気馬が優勢

過去10年の単勝オッズ別成績を見ると、優勝馬延べ10頭のうち9頭は単勝オッズ6.9倍以下と、上位人気馬の優勝が多い。特に、2.9倍以下だった馬は延べ5頭全てが優勝している。下位人気馬が上位に食い込むことが多いのは確かだが、そのほとんどが2着か3着だった点は頭に入れておくべきだろう。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 5-0-0-0 100% 100% 100%
3.0〜4.9倍 2-2-3-6 15.4% 30.8% 53.8%
5.0〜6.9倍 2-2-0-11 13.3% 26.7% 26.7%
7.0〜9.9倍 0-2-3-9 0% 14.3% 35.7%
10.0〜19.9倍 0-2-3-16 0% 9.5% 23.8%
20.0倍以上 1-2-1-73 1.3% 3.9% 5.2%

負担重量別の成績に特徴あり

過去10年の負担重量別成績を調べると、優勝馬は53キログラム以上の幅広い範囲から出ているが、2着馬は50から52キログラムの範囲から4頭、55キログラム以上から6頭で、53キログラムと54キログラムからは出ていないのが特徴的。また、3着馬は54から56キログラムの範囲に8頭が集中している。この辺りの偏りも参考にできるかもしれない。〔表3〕

〔表3〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
49kg以下 0-0-0-9 0% 0% 0%
50〜52kg 0-4-2-18 0% 16.7% 25.0%
53kg 1-0-0-16 5.9% 5.9% 5.9%
54kg 2-0-5-27 5.9% 5.9% 20.6%
55kg 2-1-2-14 10.5% 15.8% 26.3%
56kg 1-3-1-19 4.2% 16.7% 20.8%
57〜57.5kg 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
58kg以上 3-2-0-4 33.3% 55.6% 55.6%

前走別の成績もチェック

過去10年の出走馬の前走別成績を調べると、前走が日本国内のGⅠだった馬は9頭出走しているが、3着以内に入ったのは有馬記念から臨んだ馬だけ。また、GⅡから臨んで優勝した延べ4頭は、全て前走が中山競馬場のレースだった。その他では、オープン特別の万葉Sから臨んだ馬が3着以内に7頭入り、国内のGⅢから臨んだ馬が全て4着以下に敗れている点が目立っている。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
有馬記念 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
その他の国内GⅠ 0-0-0-6 0% 0% 0%
アメリカJCC 3-0-0-12 20.0% 20.0% 20.0%
ステイヤーズS 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
日経新春杯 0-1-4-6 0% 9.1% 45.5%
その他のGⅡ 0-0-0-4 0% 0% 0%
国内のGⅢ 0-0-0-8 0% 0% 0%
万葉S 3-2-2-31 7.9% 13.2% 18.4%
その他のオープン特別 1-1-0-12 7.1% 14.3% 14.3%
1600万下(現3勝クラス) 0-1-3-14 0% 5.6% 22.2%
1000万下(現2勝クラス) 0-2-0-7 0% 22.2% 22.2%
海外のレース 0-2-0-2 0% 50.0% 50.0%
地方のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%

東京競馬場での成績も要チェック

過去10年のダイヤモンドSでは、「4走前までに東京競馬場の芝2000から2500メートルのレースで4着以内に入っていた」という馬が、2010年と2013年を除いて連対しており、2014年以降は6年連続して連対中だ。今年も出走各馬の近走での東京実績について、チェックしておくことをお勧めしたい。〔表5〕

(浅野 靖典)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表5〕4走前までに東京競馬場の芝2000から2500メートルのレースで4着以内に入っていた、ダイヤモンドS連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2011年 2着 コスモヘレノス 3走前 アルゼンチン共和国杯 芝2500m 3着
2012年 2着 ギュスターヴクライ 前走 早春S 芝2400m 1着
2014年 2着 セイクリッドバレー 前走 白富士S 芝2000m 4着
2015年 1着 フェイムゲーム 2走前 アルゼンチン共和国杯 芝2500m 1着
2着 ファタモルガーナ 2走前 アイルランドT 芝2000m 4着
2016年 1着 トゥインクル 4走前 オクトーバーS 芝2400m 3着
2017年 1着 アルバート 3走前 アルゼンチン共和国杯 芝2500m 2着
2018年 1着 フェイムゲーム 3走前 目黒記念 芝2500m 1着
2019年 2着 サンデームーティエ 3走前 本栖湖特別 芝2400m 3着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は、直近のものを掲載

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: