今週の注目レース

ダイヤモンドステークス(GⅢ)

東京競馬場 3400メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

タガノディアマンテ

牡4歳

調教師:鮫島一歩(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:タガノレヴェントン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

クラシック三冠全てに出走し、なかでも菊花賞では見せ場を作って7着に入った。前走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000メートル)で2勝目を挙げ、長距離への適性の高さは証明済み。念願の重賞制覇に向けて、機は熟した。

3歳初戦のきさらぎ賞で2着に入って収得賞金を加算すると、クラシック路線へ駒を進めて皐月賞(6着)、日本ダービー(9着)に出走した。夏場を休養に充て、約3か月半の休み明けとなったセントライト記念は6着。続く菊花賞は、3コーナー過ぎから一気にポジションを押し上げて先頭へ並びかけると、直線もしぶとい走りを見せ、7着ながら見せ場十分の内容だった。1番人気に支持された前走のオープン特別・万葉Sでは、スタートで後手を踏み、レース序盤は最後方を追走。2周目の向正面で中団へ取りつくと、直線は豪快な末脚で突き抜けて3馬身1/2差で快勝した。中間の追い切りでは軽快な動きを見せており、引き続き好調をキープ。今後の活躍を占う意味でも、重要な一戦だ。

タイセイトレイル

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:マザーウェル
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

3歳時までは1勝クラスだったが、成長力豊かなハーツクライ産駒らしく、4歳を迎えて頭角を現し、昨秋のアルゼンチン共和国杯では勝ち馬から0秒2差の2着に好走。重賞タイトルに手が届くところまで地力をつけており、ここは主役候補に挙げられる。

オープンクラス昇級初戦となった昨夏の札幌日経オープン(リステッド。札幌・芝2600メートル)で、僅差の3着に好走。続くオープン特別・丹頂S(札幌・芝2600メートル)でも3着に入り、秋初戦のアルゼンチン共和国杯では、後方10番手を進み、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚で2着まで追い上げた。GⅠ初挑戦となった前々走のジャパンカップは15着も、前走の日経新春杯では、4コーナー8番手から直線でしぶとく脚を伸ばして4着に入った。前走は14キログラム増で、デビュー以来最高馬体重だっただけに、レースを1度使った上積みは大きく、距離延長も問題なさそう。展開に左右されない自在性があり、上位争いが濃厚だ。

オセアグレイト

牡4歳

調教師:菊川正達(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ブルーダヌーブ
  • 母の父:Bahri
ここに注目!

未勝利(東京・芝2400メートル)から3連勝を達成。重賞初挑戦となったセントライト記念は14着に敗れたが、前走の3勝クラス・迎春S(中山・芝2200メートル)を勝ってオープンクラス入りを果たした。折り合い面に不安がなく、血統背景からも距離延長は克服できそうだ。

初勝利までに6戦を要したものの、昨年5月の未勝利を勝ち上がると、1勝クラス・稲城特別(東京・芝2400メートル)、2勝クラス・信夫山特別(福島・芝2600メートル)と3連勝。秋初戦のセントライト記念は、7番手を進み、4コーナー手前から早めに追い上げたが、重馬場のタフなコンディションに加え、緩みのない流れもあってか直線の粘りを欠いて14着に敗れた。約4か月の休養を挟み、4歳初戦となった前走の3勝クラス・迎春Sは、ピタリと折り合って好位5番手を追走。抜群の手応えで直線を向くと、弾けるように突き抜けて2馬身1/2差で快勝した。近親にディーマジェスティ、タワーオブロンドンがいる活力にあふれる母系の出身で、血統面からも目が離せない。

バレリオ

牡5歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:リリウム
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

全姉にアイスフォーリス(オークス3着)がおり、血統背景は優秀。本馬は体質の弱さがあって出世に時間を要したが、デビューから7戦でオープンクラス入りを果たしたように、ポテンシャルは相当に高い。初めての重賞挑戦でも、遜色のない競馬が可能だろう。

昨年5月の1000万下・青嵐賞(東京・芝2400メートル)を2分23秒5の好タイムで快勝。3か月弱の休み明けとなった3勝クラス・日本海S(新潟・芝2200メートル)は、瞬発力勝負で後れを取って5着、前々走の3勝クラス・六社S(東京・芝2400メートル)も、展開が合わず5着に敗退した。ブリンカーを着用した前走の3勝クラス・オリオンS(阪神・芝2400メートル)は、好スタートを決めて3番手につけると、スローペースでもピタリと折り合って、道中の手応えは十分。直線は狭いスペースを抜け出して4勝目をマークした。今回は2か月半の休み明けになるが、調教では好調時と変わらない動きを見せており、力を出せる態勢は整った。

ロサグラウカ

牝5歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ローザブランカ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

母系は4代母ローザネイにさかのぼり、ローズキングダムを筆頭に数々の活躍馬を送り出す“バラ一族”の出身。本馬は前走の3勝クラス・グレイトフルS(中山・芝2500メートル)を勝ってオープンクラス入りを果たし、勢いに乗って重賞タイトル獲得を狙う。

デビューから2連勝を飾り、オークス(10着)へ駒を進めた素質馬。約4か月の休み明けだった前々走の3勝クラス・六社S(東京・芝2400メートル)で、直線半ばで先頭に並びかけるシーンを作って見せ場十分の4着に入ると、前走の3勝クラス・グレイトフルSは、二の脚を利かせて先手を主張し、マイペースの逃げ。直線の追い比べも制して4勝目をマークした。今回は2か月ほど間隔が空いたが、13日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、自己ベストとなる5ハロン66秒3を出して仕上がりの良さをアピール。3歳秋の紫苑S(11着)以来となる重賞挑戦だが、充実期を迎えた今なら、上位争いが可能だ。

メイショウテンゲン

牡4歳

調教師:池添兼雄(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:メイショウベルーガ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

昨年の弥生賞を制したが、5歳時にGⅡ2勝を挙げた母同様に、成長曲線は晩成型だろう。クラシック三冠は全て2桁着順だったが、前走のステイヤーズSで4着に入って再び上昇ムード。4歳を迎えてさらなる飛躍が期待される。

昨春の弥生賞は、重馬場のタフなコンディションをものともせず、中団追走から直線で力強く抜け出して重賞タイトルを獲得。その後は皐月賞15着、日本ダービー10着、約3か月半の休み明けだったセントライト記念が11着、続く菊花賞も12着と、4戦続けて2桁着順に敗れたが、GⅠの大舞台でもまれてきた。前走のステイヤーズSは、スタートが良くなかったこともあってか、じっくり構えて後方待機策。2周目の4コーナーで少し外に振られるシーンがありながらも、直線で猛然と差を詰めて勝ち馬から0秒4差の4着に健闘した。今回は3か月弱の休み明けだが、中間は熱心な乗り込みを消化。脚質から直線の長い東京へのコース替わりは歓迎で、前走以上のパフォーマンスが期待できるだろう。

レノヴァール

牡5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:データ
  • 母の父:Roy
ここに注目!

前走のオープン特別・万葉S(京都・芝3000メートル)は、騎乗した四位洋文騎手が「折り合いがつけば負けていないと思うのですが、行きたがっていました」と悔やんでいたが、3着に入ったように、豊富なスタミナは証明済み。道中で脚がたまれば、重賞でも引けを取らない。

昨年4月の1600万下・烏丸S(京都・芝2400メートル)を先行策から鮮やかに抜け出してオープンクラス入り。昇級初戦となった札幌日経オープン(リステッド。札幌・芝2600メートル)は、直線でしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒2差の5着に入った。前々走の京都大賞典こそ14着に敗れたものの、3か月の休み明けとなった前走のオープン特別・万葉Sは、中団でなだめながら折り合いに専念。2周目の向正面では馬群に包まれて徐々にポジションを下げたが、4コーナー14番手からじわじわと差を詰めて3着まで追い込んだ。今回は重賞でメンバーはそろったが、レースを1度使われた上積みは大きく、3000メートル以上の距離も2度目なら、上位争いに食い込むシーンがありそうだ。

リッジマン

牡7歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:アドマイヤモンロー
  • 母の父:Caerleon
ここに注目!

スプリンターズS連覇のレッドファルクスなど、父の産駒は短距離型が多いが、2018年のステイヤーズSを制した本馬は異色のタイプ。昨年は思うような成績を残せなかったが、年齢的な衰えは見られず、ここも軽視は禁物だ。

一昨年のステイヤーズSは、好位の5番手で折り合いに専念。2周目の3コーナーからジワッと押し上げ、直線半ばでアドマイヤエイカン(2着)を競り落とすと、最後は2馬身1/2突き放して待望の重賞タイトルを獲得した。昨年の秋は京都大賞典から始動するが、直線で伸びを欠いて13着。連覇を狙った前走のステイヤーズSも11着に敗れたが、騎乗した蛯名正義騎手は「入れ替わり立ち替わりの展開で、去年と比べてペースも速く、脚を使わされている感じでした」と敗因を挙げていた。2018年の本レースでも2着に好走しているように長距離適性は高く、今回のメンバーでは実績上位の存在。3か月弱の休養で立て直した効果があれば、巻き返しも可能だろう。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: