今週の注目レース

京都記念(GⅡ)

京都競馬場 2200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

カレンブーケドール

牝4歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ソラリア
  • 母の父:Scat Daddy
ここに注目!

GⅠではまだタイトルに手が届いていないが、2着3回は相当な能力の持ち主でないとできない芸当だろう。コース不問のタイプで、毎回きっちりと力を発揮できる点も大きな強み。今年の始動戦として、牡馬相手でも今後に弾みのつく競馬をしたい。

前走のジャパンカップは初めて年長牡馬が相手で、しかもGⅠという厳しい条件がそろっていたが、2着に好走しあらためて能力の高さを証明してみせた。そのジャパンカップは、最内枠を生かして4番手の内で脚をためる先行策。直線は残り200メートル付近から勝ち馬スワーヴリチャードとほぼ同時に抜け出したが、ゴール前で突き放されて3/4馬身差で敗れた。ただ、3着ワグネリアンには1馬身1/2差をつけており、価値ある連対だったことは確かだろう。そのジャパンカップがかなり力の要する重馬場だった点を踏まえると、連続開催の後半を迎える今の京都の馬場適性は高いとみてよさそう。出走を予定しているドバイシーマクラシック(G1・UAE)へ向けて、ここはきっちりと勝ち負けを演じたい。

クロノジェネシス

牝4歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:バゴ
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

勝ち鞍は1600から2000メートルまでで、今回の2200メートルへの対応は鍵。ただ、オークスで3着に入っているように、流れ次第で克服は可能だろう。久々も苦にしないタイプだけに、休み明け初戦からGⅠ馬の実力の高さを見せられるだろう。

前々走の秋華賞は先行集団の後ろで流れに乗り、リズムよくレースを運んだ。手応え抜群で直線を向くと、鞍上がすぐさま追い出しを開始。逃げるビーチサンバ(5着)との差をグングン詰めると、最後は追いすがるカレンブーケドールに2馬身差をつけ、完勝と言える内容でGⅠ初制覇を飾った。前走のエリザベス女王杯は瞬発力勝負となって5着に敗れたものの、直線ではしっかりした伸び脚を見せた。今回は前走と同じ舞台だが、牡馬相手のタイトな流れの方がこの馬には合いそうだ。半姉ノームコア(父ハービンジャー)は4歳時にGⅠ初勝利(ヴィクトリアマイル)を達成したように、母系が伝える成長力も豊富。血統面からも注目の一戦だ。

ステイフーリッシュ

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

昨年の本レースは2着に敗れたものの、勝ち馬ダンビュライトとはクビ差の接戦で、高いコース適性と能力を示した。3歳時には、今回と同舞台の京都新聞杯で重賞初制覇を果たしており、全力を発揮できる条件設定。待望の重賞2勝目が狙えそうだ。

前走のアメリカジョッキークラブCはスタートから好位置を取りに行き、2番手でスムーズにレースを進めた。3コーナー手前あたりからのペースアップの場面ではジッと我慢して、4コーナーからロングスパートを開始。逃げたスティッフェリオ(8着)が馬場の内めを避けて外を回すなか、本馬はラチ沿いに進路を取ってコーナーワークで先頭に立った。最後は勝ったブラストワンピースの決め手に屈して2着でのゴールインも、ラスト100メートル付近まで先頭を守る好内容のレースだった。長く脚を使うような展開になれば大崩れは考えづらく、先行力を生かして自らが得意なペースを作ることもできるだろう。少頭数の競馬への対応がポイントとなりそうだ。

クラージュゲリエ

牡4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ジュモー
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

近親にはエリザベス女王杯を勝ったトゥザヴィクトリーや、GⅠで2着2回のデニムアンドルビーなどがいる名門牝系の出身だ。今回は約8か月半ぶりの実戦復帰と条件は簡単ではないが、乗り越えるだけの底力は持っているはず。ここから飛躍の4歳シーズンとしたい。

前走の日本ダービーは5、6番手を進む先行策で積極的に運んだ。前半1000メートル通過タイム57秒8と少し速い流れのなか、前半こそやや行きたがる面を見せていたが、向正面ではリラックスした走り。直線もジリジリと末脚を伸ばして6着でゴールした。結果的には、先行した2頭が1、2着しており、流れひとつでさらに上の着順も狙えただろう。前々走の皐月賞も勝ち馬から0秒6差の5着と掲示板は確保しており、現4歳世代では上位の実力の持ち主と言える。他世代の馬との初対戦となる今回は試金石の一戦となるが、京都競馬場は京都2歳Sで重賞初制覇を飾っている。思い出の舞台での好走に期待したい。

2月15日(土曜)10時11分

出走取消

ドレッドノータス

せん7歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ディアデラノビア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

明け7歳を迎えたが、昨秋に約4年ぶりとなる重賞2勝目を挙げるなど、まだまだ能力の衰えは見せていない。その重賞2勝は共に京都で、また、全6勝中4勝を挙げているように、最も相性のいい競馬場と言ってよさそうだ。

前々走の京都大賞典は抜群のスタートを決めると、ハナは譲ったが内の3番手という好位から、道中は折り合いもぴったりでリズムよく追走した。各馬の手綱が動き出した4コーナーの勝負どころでも余裕の手応えで直線を向き、内の利を生かした進路取りで2番手に上がる。そして追い出しを開始されると、ラスト200メートル過ぎで先頭のダンビュライト(2着)に並びかけ、最終的には1馬身1/4差をつけてゴールに飛び込んだ。前走の天皇賞(秋)は16着に敗れたが、GⅠで好メンバーがそろっていたことを思えば、悲観する必要はないだろう。GⅡに戻れば、巻き返しの可能性は十分にありそうだ。

アルメリアブルーム

牝6歳

調教師:高橋康之(栗東)

  • 父:ドリームジャーニー
  • 母:アルメーリヒ
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

近親には、金鯱賞と中山金杯を勝ち、有馬記念でも2着に好走したオーシャンブルーがいる。同馬は父がステイゴールド。本馬は祖父がステイゴールドで、好相性の配合と言えるだろう。まだ重賞勝ちの実績はないが、タイトルを狙えるだけの能力の持ち主だ。

前々走のエリザベス女王杯は中団で脚をためる競馬。前半1000メートル通過タイムが1分02秒8のゆったりした流れをじっくりと進み、3、4コーナーでスピードに乗りながら直線へ。8着に敗れはしたが、メンバー中3位タイとなる上がり3ハロン33秒3(推定)をマークした。目を引く伸びをみせて一定の力は示しており、初のGⅠ挑戦を思えば大きな経験となったはずだ。その証拠に前走の愛知杯では、勝ち馬のデンコウアンジュにクビ差の2着に入り、初重賞タイトル奪取まであとわずかの好走を見せた。今回は牡馬相手となるが、昨秋のオープンクラス入り以降、着実な成長カーブを描いており、楽しみは大きい。

ノーブルマーズ

牡7歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:アイアンドユー
  • 母の父:Silver Hawk
ここに注目!

近4走は3着以内に入れていないが、勝ち馬とはそれほど離されておらず、展開次第で上位進出が狙える実力を備えている。レースを使いつつ状態が上がるタイプなので、コンスタントにレースを使われているが、好調をキープしていると見ていいだろう。

前走の中山金杯は、他馬より半馬身ほど抜け出す好スタートを決めると、内の2、3番手を進んだ。3コーナーも余裕の手応えのまま直線を迎えたが、その直線の入り口では進路が見つからず、追い出しを我慢するシーンがあった。最後までしぶとく脚を伸ばしたものの、勝ち馬とは0秒2差の4着。勝負どころでスムーズに運べていれば、さらに上の着順もあったかと思われる僅差の敗戦だった。中山金杯は1回中山の開幕週とはいえ、昨年から続く連続開催で、タフさが求められた馬場コンディション。今回の京都も連続開催の後半に差し掛かっており、力の要する馬場が予想される。この馬場状態は合いそうで、十分に力を発揮できるだろう。

プリンスオブペスカ

牡6歳

調教師:松永昌博(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:プリンセスペスカ
  • 母の父:チーフベアハート
ここに注目!

母は5歳時にオープンクラス入りを果たし、父の産駒も成長力が豊富なタイプが多い。本馬もこれからの伸びしろが十分にありそうだ。今回が昇級3戦目。クラス慣れが見込める頃で、そろそろオープンクラスの流れにも乗れるだろう。

前走の日経新春杯はスタートでやや後手を踏んだものの、鞍上が促して中団より少し後ろからの競馬。向正面で早めに動き出し、一気に3番手付近までポジションを押し上げると、3、4コーナーから気合をつけられ、直線でもしぶとく脚を伸ばした。最終的には前半で脚を使ったことが響いたのか失速して5着に敗れたが、大外枠(14番)から終始外々を回る厳しいレース展開だったことを考えれば、力負けとは言えないだろう。エンジンのかかりがやや遅いタイプなので、3、4コーナーの下り坂を利用してスピードに乗れる京都・芝の外回りコースはぴったりの条件で、実際に2勝を挙げている。また今回は少頭数なので、前走よりスムーズな競馬が期待できる面もプラスだろう。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: