今週の注目レース

デイリー杯クイーンカップ(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(芝)別定 (牝) 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

未来のGⅠ馬へ3歳牝馬が飛躍の一戦

クイーンCは、牝馬クラシックやNHKマイルCといった春のGⅠを目指す3歳牝馬によって争われる一戦だ。過去5年を振り返っても、2015年の2着馬ミッキークイーンがオークスを優勝、2016年の優勝馬メジャーエンブレムと2017年の2着馬アエロリットがNHKマイルCを制し、2017年の優勝馬アドマイヤミヤビはオークスで3着、2019年の優勝馬クロノジェネシスは桜花賞とオークスで共に3着と、近年はこのレースの上位馬が春のGⅠ戦線で活躍している。注目の一戦を前に、過去10年の結果からレース傾向を探っていこう。

芝で2勝以上の馬が優勢

過去10年の出走馬について、JRAの芝での勝利数別に成績をまとめると、連対馬20頭のうち11頭には芝で「2勝以上」の実績があった。「2勝以上」組は好走率でも「1勝」組を大きく上回っている。「0勝」組は3着以内が0回ということからも、JRAの芝で2勝以上挙げている馬に、高い評価を与えるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕JRAの芝での勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
2勝以上 7-4-3-22 19.4% 30.6% 38.9%
1勝 3-6-8-75 3.3% 9.8% 18.5%
0勝 0-0-0-23 0% 0% 0%
  • 注記:2013年は3着同着

前走に注目

過去10年の前走別成績では、「阪神ジュベナイルフィリーズ」組が8頭連対し、3着内率で50.0%という高い数値を記録している。また、好走率でそれに続く「フェアリーS」組が5頭連対しており、連対馬20頭のうち13頭をこれら2レースから臨んだ馬が占めている。その一方で、「500万下(現1勝クラス)」組からも3頭の勝ち馬が出ているが、この3頭はいずれもクイーンCが年明け初戦だった。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
阪神JF 4-4-2-10 20.0% 40.0% 50.0%
フェアリーS 3-2-3-19 11.1% 18.5% 29.6%
500万下(現1勝クラス) 3-1-1-36 7.3% 9.8% 12.2%
新馬 0-1-2-12 0% 6.7% 20.0%
未勝利 0-1-1-22 0% 4.2% 8.3%
オープン特別 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
アルテミスS 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
その他のレース 0-0-0-9 0% 0% 0%
  • 注記:2013年は3着同着

JRAの芝初勝利時の2着馬とのタイム差は要チェック

過去10年の出走馬について、JRAの芝レースで初勝利を挙げた際の、2着馬とのタイム差を調べると、「タイム差なし」・「0秒1」・「JRAの芝で勝利なし」の3組が計80頭出走して3着以内に入ったのが5頭なのに対し、「0秒2」・「0秒3」・「0秒4以上」の3組は計71頭が出走して3着以内に26頭入っている。JRAの芝レースで初勝利を挙げた際の2着馬とのタイム差が大きかった馬に注目したい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕JRAの芝初勝利時の2着馬とのタイム差別成績(過去10年)
2着馬とのタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
タイム差なし 1-1-1-32 2.9% 5.7% 8.6%
0秒1 0-1-1-20 0% 4.5% 9.1%
0秒2 3-2-3-21 10.3% 17.2% 27.6%
0秒3 3-6-1-10 15.0% 45.0% 50.0%
0秒4以上 3-0-5-14 13.6% 13.6% 36.4%
JRAの芝で勝利なし 0-0-0-23 0% 0% 0%
  • 注記:2013年は3着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: