今週の注目レース

3歳重賞馬連 きさらぎ賞(GⅢ)

京都競馬場 1800メートル(芝・外)別定 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

アルジャンナ

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンドコマンド
  • 母の父:Tiz Wonderful
ここに注目!

今回のポイントは2つ。1つは常に課題となっている折り合い面。前走の速めのペースでも前向きな面を見せていた馬が、スローペースでも我慢できるかどうか。もう1つはかなりタフなコンディションになっている現在の芝への対応。これは能力の高さで補いたい。

前走の東京スポーツ杯2歳Sは2着。勝ったコントレイルに5馬身もの差をつけられたこの結果をどう評価するかだが、本馬の1分45秒3という走破時計も、それまでの2歳コースレコードを更新する数字。3着ラインベックとの間には4馬身という決定的な差があったことを考えれば、その後にホープフルSも制し、JRA賞最優秀2歳牡馬に輝いた勝ち馬が強すぎたとの解釈でよさそうだ。きさらぎ賞からの始動は予定通りのローテーション。管理する池江泰寿厩舎は、昨年のダノンチェイサーを筆頭に4頭のきさらぎ賞勝ち馬を送り出しており、このレースとは抜群の相性を誇る。調整も万全と見てよく、しっかりと収得賞金を加算し、余裕を持ってクラシックに向かいたいところだ。

グランレイ

牡3歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ミラクルベリー
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

芯の入り切っていない馬体だけでなく、道中の走りにも若さを感じさせる馬。逆に言えば、それが伸びしろと考えることもできそうだ。少頭数の競馬で、スローペースになった場合の折り合いは、今回のポイントの一つになるだろう。

前が失速する展開が向いた面はあったとはいえ、14番人気の低評価を覆して3着に好走した前走の朝日杯フューチュリティSは、今春に期待を抱かせる内容だった。出走馬中最速の上がり3ハロン34秒9(推定)をマークした末脚の切れは、今回のメンバーでも上位と考えていいのではないだろうか。速い時計での決着に対応したことも大きな収穫だったが、今回の舞台は前走と正反対。現在の京都・芝コースは例年よりも時計を要しており、パワー型の台頭が目立っている。しかし、本馬の父は不良馬場も苦にせず走っていたルーラーシップで、母の父もジャパンカップを制したファルブラヴ。タフな馬場コンディションへの適性を感じさせる血統構成から、こなす可能性は十分にありそうだ。

ギベルティ

牡3歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:スプリングレイン
  • 母の父:Dubai Millennium
ここに注目!

体型的なものか、坂路中心の調整でも太め残りはなく、スラッとした仕上がりに見えたデビュー戦だが、その馬体重は524キログラムという大型馬。実戦を使った上積みは大きいはずだ。伸びのある馬体をしている馬で、距離延長の不安は考えなくていいだろう。

前走のメイクデビュー中山(芝1600メートル)を勝ち上がり、ここはキャリア2戦目での重賞挑戦となる。ポイントは、力を必要とする現在の京都競馬場の芝に適性があるかどうか。とはいえ、父オルフェーヴル、母の父ドバイミレニアムという配合だけでなく、半兄のスプリングシーズン(父ブライアンズタイム)、ヴァンガード(父アグネスタキオン)がダート色の強いパワータイプだったことを考えれば、こなす可能性は高いと考えていいだろう。小島茂之厩舎の管理馬は栗東トレーニング・センターに滞在して、関西のレースに挑戦することが多いが、今回もそのパターン。キャリアの浅い3歳馬だけに、輸送のリスクを軽減できる強みはありそうだ。

ストーンリッジ

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:クロウキャニオン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

デビュー戦(1着)の前半1000メートル通過タイムは1分03秒6。遅いペースにも折り合い面の不安を見せなかったセンスの高さは、今回のレースにも生きてくるだろう。ディープインパクト産駒らしい薄めのシルエットで、厳寒期でも太め残りの心配はなさそうだ。

母クロウキャニオンの産駒は、これまでに本馬を含めて11頭がJRAでデビューを果たしているが、その全ての馬が勝利を飾っており、レパードSを勝ったボレアス、弥生賞を制したカミノタサハラと2頭の重賞勝ち馬も誕生。非常に信頼性の高い繁殖牝馬だ。本馬は、前走のメイクデビュー阪神(芝1600メートル)で、出走馬中最速の上がり3ハロン33秒1(推定)をマークして勝利を飾ったが、クロフネの父として知られるフレンチデピュティの影響が強いのか、この血統はディープインパクト産駒でも力の要る馬場をこなすことで知られている。今回のコース替わりも無難にこなすのではないだろうか。兄に続いての重賞制覇で、クラシック路線に新風を吹き込めるのか、注目される。

トゥルーヴィル

牡3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:レディドーヴィル
  • 母の父:Fasliyev
ここに注目!

直線で外に斜行し、審議の対象になったデビュー戦(1着)だが、これはトモの部分に必要な筋肉が付いておらず、急激なペースアップに対応できなかったため。約3か月の休養でどこまでパワーアップしているかが、好走するためのポイントと言えるだろう。

牡馬にしてはコンパクトな馬体をしているが、小柄だったディープインパクトの産駒なら気にする必要はないだろう。ただ、本馬が制した昨年11月のメイクデビュー京都(芝1800メートル)の頃よりも、現在の京都・芝コースははるかにタフな状況になっている。フットワークが軽く、少し非力にも感じるタイプだけに、今回のコンディションに対応できるかどうかは大きな鍵となるはずだ。だからこそ、優秀な母系の血に期待したい。母レディドーヴィルはドイツの重賞勝ち馬であるだけでなく、秋華賞を勝ち、ジャパンカップでも2着に好走したファビラスラフインの半妹にあたる馬。ヨーロッパの重厚な血を持つ母系のサポートがあれば、十分に対応できるはずだ。

コルテジア

牡3歳

調教師:鈴木孝志(栗東)

  • 父:シンボリクリスエス
  • 母:シェルエメール
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

未勝利(京都・芝1800メートル)を勝ち上がった後の近2戦は共にマイルの重賞。この距離ではスピードという面で少し見劣りする印象を受けた。自分の形に持ち込みやすい距離とメンバー構成になった今回なら、先行してしぶとい自身の特徴を生かせるはずだ。

今回の登録馬の中では最多の5戦を消化。他馬より多いキャリアを持っている強みを生かしたいところだろう。もっとも、本馬は7月の早期デビュー組で、無理なローテーションを組まれているわけではない。最も短いレース間隔は中2週。未勝利を勝った後はデイリー杯2歳S(8着)までが中3週、前走のシンザン記念(3着)までは中8週の間隔が取られており、連戦の疲れはほとんどないと考えてよさそうだ。今回と同じ条件だった未勝利の勝ち時計は1分49秒3。稍重の馬場を考えれば、なかなかの好タイムだった。シンボリクリスエス×ジャングルポケットの配合なら、現在のタフな芝コンディションにも対応できるだろう。

サトノゴールド

牡3歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ゴールドシップ
  • 母:マイジェン
  • 母の父:Fusaichi Pegasus
ここに注目!

夏の札幌開催以来、約5か月半ぶりの実戦に対応できるかどうかだが、2週前追い切りでは栗東CWコースで長めからの追い切りを消化。馬体も牡馬にしてはコンパクトで、仕上がりに手間取らないタイプだろう。太め残りの心配はしなくてよさそうだ。

GⅠ6勝をマークした実績だけでなく、特徴的な見た目と破天荒なパフォーマンスで人気を博したゴールドシップ。その産駒初勝利を飾ったのが、父も管理した須貝尚介厩舎に所属するサトノゴールドだった。本馬は続く札幌2歳Sでも勝ち馬から0秒2差の2着に入るなど、素質の高さを見せる走りをしているが、父がそうであったように、軽い芝での瞬発力勝負よりも持久力を求められる競馬のほうが向いている印象を受ける。母の父にケンタッキーダービー馬フサイチペガサスがいる血統背景から、タフな状況になればなるほど、強さを発揮するタイプの可能性もありそうだ。気性的な課題は残すが、父と同じようにそれが実戦でプラスに転じれば、面白い存在となるだろう。

サイモンルモンド

せん3歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ダノンシャンティ
  • 母:プレゼンスウーマン
  • 母の父:サクラローレル
ここに注目!

調教では目立つタイプではなく、併せ馬で遅れることもある。実戦タイプと考えてよさそうだ。右手前のままで差し切った前走の内容を見る限り、まだまだ粗削りではあるが、その分の伸びしろを残していると考えていいだろう。

2着だったメイクデビュー京都、初勝利をマークした未勝利(阪神)は共にダート1800メートルのレース。当時は芝での瞬発力勝負に対応する力がついていないと陣営が判断していたためだが、実戦経験を積み、調教を重ねることで、芝もこなせるだけの筋肉がついてきたのだろう。速い上がりが要求されない現在の京都・芝のコンディションも、初めて芝を走る本馬にとってはプラス材料になるのかもしれない。とはいえ、その血統に目を転じれば、父がNHKマイルCを制したダノンシャンティ、母の父が天皇賞(春)と有馬記念を勝ったサクラローレルと、本質は芝と思えるような配合。本馬は今回が初めての芝の重賞と、越えるべきハードルは低くないが、こなせる下地は持っている。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: