今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

京都競馬場 2400メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

新年最初のGⅡは古馬のハンデキャップレース

2013年以降の日経新春杯では4歳馬が6勝と、若い馬の活躍が目を引く。また、2010年以降の過去10年では単勝1番人気が4勝2着4回3着1回と、1番人気馬の信頼度が高くなっている。ただ、ハンデキャップレースだけに、その他の角度からの狙い目も立つだろう。さらなるレース傾向を探って、過去10年のレース結果を分析する。

前走の格に注目

過去10年の出走馬について、前走別成績をまとめると、前走で「GⅠ」に出走していた馬が、最多の6勝を挙げている。ただし、GⅠ組は2着と3着が少なくなっている。その他では、「1600万下(現3勝クラス)」組と「1000万下(現2勝クラス)」組の健闘が目立つ。ハンデキャップレースだけに、前走条件クラス組も格上挑戦やオープンクラスへの昇級初戦だからといって評価を下げる必要はなさそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 6-0-1-20 22.2% 22.2% 25.9%
GⅡ 1-1-4-21 3.7% 7.4% 22.2%
GⅢ 1-4-1-29 2.9% 14.3% 17.1%
オープン特別 0-0-2-21 0% 0% 8.7%
1600万下(現3勝クラス) 1-4-1-18 4.2% 20.8% 25.0%
1000万下(現2勝クラス) 1-1-1-2 20.0% 40.0% 60.0%

前走との負担重量の増減に注目

過去10年の出走馬について、前走と今回の負担重量を比較して成績を調べると、“前走より負担重量が1.5キログラム以上軽くなった馬”が6勝を挙げている。ただし、前走より3キログラム以上軽くなった馬は不振で、成績が目立っているのは前走より1.5から2.5キログラム軽かった馬となっており、5勝を挙げ3着内率は50.0%をマークしている。反対に、“前走より負担重量が重くなった馬”は、増加量が1キログラム以下だった馬こそいまひとつの成績だが、1.5キログラム以上増加した馬は6頭中5頭が3着以内に入っている。これらを参考に、負担重量の増減に注目してみるのも面白そうだ。〔表2〕

〔表2〕前走との負担重量の比較別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
今回が前走より3kg以上重い 0-0-1-0 0% 0% 100%
今回が前走より1.5〜2.5kg重い 2-0-2-1 40.0% 40.0% 80.0%
今回が前走より0.5〜1kg重い 0-2-1-12 0% 13.3% 20.0%
今回と前走が同じ 2-3-2-38 4.4% 11.1% 15.6%
今回が前走より0.5〜1kg軽い 0-2-2-30 0% 5.9% 11.8%
今回が前走より1.5〜2.5kg軽い 5-3-1-9 27.8% 44.4% 50.0%
今回が前走より3kg以上軽い 1-0-1-21 4.3% 4.3% 8.7%

過去3走以内に1着のある馬が優勢

過去10年の出走馬について、過去3走における勝利数別に成績をまとめると、過去3走で0勝だった馬は延べ86頭が出走して3着以内が12回。一方、1勝以上挙げていた馬は延べ55頭と出走頭数は少ないながら、3着以内が18回と0勝組を上回っている。近走で勝利実績のある馬に、高い評価を与えた方がよいだろう。〔表3〕

〔表3〕過去3走における勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝 0-1-1-0 0% 50.0% 100%
2勝 0-2-2-7 0% 18.2% 36.4%
1勝 7-3-2-30 16.7% 23.8% 28.6%
0勝 3-4-5-74 3.5% 8.1% 14.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去4走以内の1番人気での連対経験が重要

2013年以降の過去7年の優勝馬について、近走の成績を調べると、いずれの馬にも過去4走以内に単勝1番人気で連対した経験があった。また、2015年以降の過去5年に限れば、5頭全てに「1番人気で1着」の実績があったことも、覚えておいて損はないだろう。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の過去4走で単勝1番人気だったレースでの着順(過去7年)
年度 優勝馬 単勝1番人気での着順
2013年 カポーティスター 4着(2走前)、2着(4走前)
2014年 サトノノブレス 2着(3走前)
2015年 アドマイヤデウス 1着(4走前)
2016年 レーヴミストラル 1着(4走前)
2017年 ミッキーロケット 1着(3走前)、2着(4走前)
2018年 パフォーマプロミス 1着(前走)、2着(3走前)
2019年 グローリーヴェイズ 1着(2走前)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: