今週の注目レース

金杯馬連 スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)

京都競馬場 1600メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ダイアトニック

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:トゥハーモニー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

6戦1勝と戦績的には振るわない芝1600メートルを克服することが、まずは大事になってくるだろう。推定上がり3ハロン33秒台を何度もマークしている末脚の切れは、今回の出走馬の中でも上位にランクされるもの。この特長を引き出すには、良馬場が理想だろう。

前哨戦のスワンSで重賞初制覇を果たし、勢いに乗ってGⅠに初挑戦したのが前走のマイルチャンピオンシップだった。4番人気の支持を受けながら、見せ場を作れず10着と敗退したこの一戦について、騎乗したC.スミヨン騎手はレース後に「外枠(8枠15番)でレースのプランが立てにくかったです」とコメント。これは、スタートから積極的に仕掛けていくタイプではなく、また本馬のベストディスタンスが芝1400メートルということを認識してのものだろう。距離のロスを減らし、この馬の特長である末脚の切れを引き出すためにも、マイル戦では内枠を引くことが重要になる印象。それは今回の一戦にも引用できる認識と言えそうだ。

カテドラル

牡4歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アビラ
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

10キログラム増だった前走時がキャリア最高体重の490キログラム。太め残りではなく、ようやく実が入ってきたという表現のほうが的確かもしれない。前走はスタートを互角に出たが、ゲートが安定しているとは言い難いタイプ。まずはこの部分をクリアしたい。

4走前のNHKマイルCで勝ったアドマイヤマーズから0秒1差の3着に好走し、好メンバーがそろった前走のマイルチャンピオンシップでは、直線で進路が狭くなるシーンがありながらも、勝ち馬インディチャンプから0秒5差の6着に入った。マイラーだった母の父ロックオブジブラルタルの影響が強いのか、ハーツクライ産駒でも芝1600メートル前後の距離に適性を持っているようで、4歳となった今年はマイル路線での活躍が見込める存在と言えるだろう。最後の勝利は2018年9月のオープン特別・野路菊S(阪神・芝1800メートル)で、1年以上勝ち星がないが、久々の勝利を重賞、それも新年初日の開催で飾ることができるのか、注目だ。

サウンドキアラ

牝5歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サウンドバリアー
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

通算成績は〔4・3・4・3〕となっているが、掲示板(5着以内)を外したのは1度だけ。それも格上挑戦したヴィクトリアマイルの7着なら、堅実なパフォーマンスと評価していいはずだ。重賞挑戦でも、ハンデ戦なら互角以上に戦えるだろう。

母サウンドバリアーは3歳春のフィリーズレビューを勝った馬で、その最大の武器は瞬発力だった。推定上がり3ハロン33秒台の数字を何度も出している娘にも、その特徴は受け継がれているが、父ディープインパクトの影響か本馬はスピード化した印象で、直線に坂のあるコースよりも、直線が平坦の京都コースのほうを得意にしている。それを考慮すれば、1番人気で3着に敗れたとはいえ、勝ったストロングタイタンとタイム差なし。オープンクラスへの昇級初戦で早々にメドを立てた前走のリゲルS(リステッド。阪神・芝1600メートル)には、高い評価が必要だろう。得意のコースに替わる今回は、重賞初制覇も期待できるはずだ。

ストロングタイタン

牡7歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Regal Ransom
  • 母:Titan Queen
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

コーナー通過が4回で、かつ直線の短いコースを中心に使われていたこともあってか、京都の芝外回りコースを走った経験は1度しかなく、当時はハイペースで直線の伸びを欠いた。坂の下りを上手に走れるかどうかが、今回のポイントとなりそうだ。

前走のリゲルS(リステッド。阪神・芝1600メートル)は10番人気での勝利。2018年の鳴尾記念をコースレコードで勝っている実績馬ということを考えれば、ずいぶんと評価が低かったようにも思えるが、それは近走が2桁着順続きだったことに加え、出走馬唯一の58キログラムを背負っていた背景もあったのだろう。以前は中距離をメインとしたレース選択をされていたが、レースでの集中力が課題になっていたため、前々走の富士S(15着)からマイル路線にシフトチェンジ。この選択が2戦目にして功を奏したと言える。マイルの距離が現在のベストならば、58キログラムを克服した現在、この馬自身のマイナス材料はほとんど無いといっても過言ではない。

ソーグリッタリング

牡6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ソーマジック
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

重賞を勝てるだけの能力は持っているが、抜け出すとソラを使う面のある馬。ゆえに仕掛けのタイミングが難しく、ペースが遅かった前々走では道中でハミを噛むシーンもあった。簡単なタイプではないからこそ、枠順や展開はポイントになりそうだ。

2019年は六甲S(阪神・芝1600メートル)、都大路S(京都・芝1800メートル)と2つのリステッド競走を勝利。ステイゴールド産駒らしい成長曲線で本格化を果たしたが、一方で2度の重賞挑戦はいずれも3着と、タイトル獲得には届かなかった。とはいえ、6戦した2019年の成績は〔2・0・3・1〕で、3着以内を外したのも前走のキャピタルS(リステッド。東京・芝1600メートル)での4着。この時は不良馬場で、決め手の生きる馬場に強い本馬の特徴が生きなかった印象があった。むしろ、そのような状況で大きく崩れなかった堅実さを評価すべきだろう。開幕週の京都競馬場で、得意の良馬場での出走がかなえば、新年早々から重賞タイトルを取れるかもしれない。

ドーヴァー

牡7歳

調教師:伊藤圭三(美浦)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:オルダニー
  • 母の父:Elusive Quality
ここに注目!

前走は休み明けでいきなり結果を出した(1着)が、本質的には1度使った方がいいタイプ。実際に3か月以上の休み明けからの2戦目は〔2・0・0・1〕の好成績を残しており、今回もそのパターンに該当する。明けて7歳となる1戦でも真価発揮となるか、注目したい。

現役時代に宝塚記念やジャパンカップを制した父アドマイヤムーンだが、その産駒はスプリント戦に適性を示すことが多く、ファインニードル、セイウンコウセイが代表産駒となっている。本馬の適性もスプリント寄りと思われていたが、雨の影響でタフな馬場状態(不良)となった前走のキャピタルS(リステッド。東京・芝1600メートル)での勝利で、スピードに加えて、不良馬場のマイルをこなせるだけのスタミナも持っていることが判明。ヨーロッパの大種牡馬サドラーズウェルズの名もある母系のサポートは、予想以上に大きいのだろう。関西遠征そのものが少ない馬で、京都コースを走るのも今回が2度目だが、4着だった当時とは充実度も条件も違う。楽しみな一戦となりそうだ。

メイショウショウブ

牝4歳

調教師:池添兼雄(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:メイショウスズラン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

控える競馬で5着だった前々走のローズSに対して、前走の阪神Cでは積極的に前の位置を取りに行って3着と結果を出した。Aコース開催の本レースは内を回る先行馬が残る傾向があるだけに、ここでも侮れない。

10月13日の秋華賞を左前挫跖のため出走取消となり、約3か月ぶりで迎えた前走の阪神Cだったが、結果は3着と力のあるところを見せた。スタートから鞍上が手綱を押して前に出ると、道中は少し競り合う形で2番手を追走。4コーナーのコーナリングで先頭に立ち、グランアレグリア(1着)にかわされた後も懸命に粘ってみせた。以前の中距離戦では折り合いに苦労する場面が見られたことからも、前走のようなスピードを生かす形の方が力を出せる印象。今回は芝1600メートルに距離が延びるが、2018年のデイリー杯2歳Sでアドマイヤマーズの2着に入ったことがあり、問題なくこなせるはずだ。今後のローテーションを組みやすくするためにも、ここで大きな2勝目を挙げたい。

オールフォーラヴ

牝5歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:レディアルバローザ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走のターコイズS(13着)は2か月ぶりの1戦で、馬体が増えやすい時季に8キログラムの馬体重減。直線では鞍上も無理をさせていなかったレースぶりから、体調がひと息だったのかもしれない。前走以上の気配であれば、巻き返しがあっても不思議はないはずだ。

前走のターコイズSは、勝ったコントラチェックから1秒6も離された13着と大敗。さらに牡馬との対戦となる今回も厳しいのではないかと思うかもしれないが、前走の敗因が独特なコース形態の中山・芝1600メートルに対応できなかったことだとすれば、見直しの余地はあると言えそうだ。実際、スムーズな競馬ができた前々走の府中牝馬Sでは4着に健闘。次走でエリザベス女王杯に勝つラッキーライラック(3着)とは0秒1差、同レースで2着のクロコスミア(5着)には先着を果たしている。初参戦となった前走の中山から、走り慣れた京都にコースが替われば、このメンバーが相手でも互角に戦えるはずだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: