今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 (牝) 2歳オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

波乱が少ない2歳牝馬チャンピオン決定戦

2016年が3連単4250円、2017年が3連単8560円、2018年が3連単5020円と、近年の阪神ジュベナイルフィリーズは堅い決着が続いている。3連単が発売されるようになった2004年以降の過去15回を振り返ってみても、3連単の配当が100万円を超えたのは2012年のみ、10万円を超えたのもその2012年と2005年の2回だけである。今年も前評判の高い馬が順当に上位を占めるのだろうか、それとも意外な伏兵が高額配当決着を演出するのだろうか。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

戦績に安定感のある馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、“JRAのレース”において4着以下に敗れた経験のない馬だった。一方、この経験があった馬は3着内率4.0%と苦戦している。過去の戦績を比較する際は、4着以下に敗れたことのない馬を高く評価した方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕“JRAのレース”において4着以下に敗れた経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 0-3-1-95 0% 3.0% 4.0%
なし 10-7-9-55 12.3% 21.0% 32.1%

1マイル以上のレースを勝ったことがある馬に注目

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、“JRAの1600メートル以上のレース”において優勝経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.3%と苦戦している。1600メートル未満のレースしか勝ったことがない馬は評価を下げるべきだろう。〔表2〕

〔表2〕“JRAの1600メートル以上のレース”における優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 10-8-7-61 11.6% 20.9% 29.1%
なし 0-2-3-89 0% 2.1% 5.3%

おおむね前走の距離が長い馬ほど好成績

前走の距離別成績を見ると、1頭しか該当馬がいない「2000メートル」を除くと、勝率・連対率・3着内率の高さはいずれも「1800メートル」「1600メートル」「1400メートル」「1200メートル」の順となっている。臨戦過程を比較する際は、前走の距離が長かった馬を高く評価したい。〔表3〕

〔表3〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-0-0-18 0% 0% 0%
1400m 3-4-5-64 3.9% 9.2% 15.8%
1600m 5-5-5-60 6.7% 13.3% 20.0%
1800m 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
2000m 0-0-0-1 0% 0% 0%

前走から中2週以内の馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走との間隔が「中3週以上」だった。一方、「中2週以内」だった馬は3着内率6.4%と苦戦している。前走との間隔に余裕がない馬は、過信禁物と見ておいた方がよさそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中2週以内 1-1-1-44 2.1% 4.3% 6.4%
中3週以上 9-9-9-106 6.8% 13.5% 20.3%

近年はキャリア2、3戦の馬が好成績

過去6年の3着以内馬18頭中17頭は、通算出走数が「2、3戦」だった。2012年以前は「1戦」や「4戦以上」の馬も好走していたが、近年の傾向を重視するならば、キャリア「2、3戦」の馬が中心と見るべきだろう。〔表5〕

〔表5〕通算出走数別成績(過去6年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
1戦 0-0-0-8 0% 0% 0%
2、3戦 6-5-6-47 9.4% 17.2% 26.6%
4戦以上 0-1-0-35 0% 2.8% 2.8%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の単勝人気も見逃せない

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前走の単勝人気が「2番人気以内」だった。臨戦過程を比較する際は、前走での単勝人気にも注目しておきたい。また、この6頭は“JRAのレース”において3着以下に敗れた経験がなかった点、“JRAの1600メートル以上のレース”において優勝経験があった点、前走の距離が1400メートル以上だった点、通算出走数が2、3戦だった点も共通している。〔表1〕、〔表2〕、〔表3〕、〔表5〕で挙げた傾向も考慮した方がよさそうだ。〔表6〕

(伊吹 雅也)

〔表6〕優勝馬の、前走の単勝人気、“JRAのレース”における最低着順、“JRAの1600メートル以上のレース”における最高着順、前走の距離、通算出走数(過去6年)
年度 優勝馬 前走の単勝人気 “JRAのレース”における最低着順 “JRAの1600メートル以上のレース”における最高着順 前走の距離 通算出走数
2013年 レッドリヴェール 2番人気 1着(2戦2勝) 1着(札幌2歳Sほか) 1800m 2戦
2014年 ショウナンアデラ 1番人気 2着(2歳新馬) 1着(2歳未勝利) 1400m 3戦
2015年 メジャーエンブレム 1番人気 2着(アルテミスS) 1着(アスター賞ほか) 1600m 3戦
2016年 ソウルスターリング 2番人気 1着(2戦2勝) 1着(アイビーSほか) 1800m 2戦
2017年 ラッキーライラック 2番人気 1着(2戦2勝) 1着(アルテミスSほか) 1600m 2戦
2018年 ダノンファンタジー 1番人気 2着(2歳新馬) 1着(2歳未勝利) 1400m 3戦

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: