今週の注目レース

チャンピオンズカップ(GⅠ)

中京競馬場 1800メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

クリソベリル

牡3歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:クリソプレーズ
  • 母の父:エルコンドルパサー
ここに注目!

全兄クリソライトは3歳時にジャパンダートダービーでJpnⅠ初制覇を飾るなど、ダートグレード競走を通算5勝。半姉マリアライト(父ディープインパクト)も芝のGⅠを2勝するなど活躍した。本馬は底力あふれる牝系の出身で、3歳馬とはいえ、ダート界制圧の期待がかかる。

無傷の5連勝中。前々走のジャパンダートダービー(大井・ダート2000メートル)を3馬身差で制してJpnⅠ初勝利。前走の日本テレビ盃(JpnⅡ。船橋・ダート1800メートル)は、初めての他世代相手だったにも関わらず4馬身差の快勝劇を演じ、向かうところ敵なしの競馬を続けている。前走は道中4番手を追走し、3コーナー手前からペースが上がると2番手まで押し上げて直線へ。逃げるロンドンタウン(2着)を残り200メートル付近でかわすと、最後はグングンと突き放す一方だった。近3走は地方競馬でレースをしており、今回はJRAのコースでの重賞初挑戦となる点が鍵になる。ただ、大きなフットワークで走る馬なので、直線の長い中京競馬場は合っているはずだ。

インティ

牡5歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:ケイムホーム
  • 母:キティ
  • 母の父:Northern Afleet
ここに注目!

フェブラリーS優勝馬が、2017年のゴールドドリーム以来となるJRAダートGⅠ春秋連覇を目指す。春は初めてのダート1600メートルで栄冠をつかんだが、ダート1800メートルでは7戦5勝と、こちらの方が得意の条件と言える。もう一度、輝きを取り戻したい。

前走のみやこSは、スタートからうながされていつも通りの先行策を取ったが、リアンヴェリテ(13着)、スマハマ(9着)との先行争いはなかなか決着がつかず、ハイペースとなった。結局は3番手に収まったが、レースの前半1000メートル通過タイムが59秒0では失速もやむなし。4コーナーではウェスタールンド(3着)との接触でバランスを崩すシーンもあり、15着の着順は度外視していいだろう。前々走の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)も前半で折り合いを欠く場面があって6着に敗れたが、距離が長かった感もあり、敗因は明確。この舞台は、重賞勝ちを含む2戦2勝の好相性。フェブラリーSの勝ち方を見れば能力上位は明らかで、展開次第で巻き返しがあるだろう。

オメガパフューム

牡4歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:オメガフレグランス
  • 母の父:ゴールドアリュール
ここに注目!

3歳時の昨年も本レースに挑戦し、5着の成績を収めた。その後にGⅠ・JpnⅠのタイトルを2つゲットし、競走馬として大きく成長。この1年でさらにパワーアップして、この舞台に戻ってくる。たくましくなった今なら、昨年のリベンジを果たせるはずだ。

前々走の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)は、D.レーン騎手との初コンビとなったが、後方2番手からレースを進め、3、4コーナーで外々を回りながらポジションを上げると、最後まで長く脚を使い続け大外から一気の差し切り勝ち。最終的には2着チュウワウィザードに1馬身1/4差をつける完勝だった。GⅠ・JpnⅠ2勝を共に大井で挙げているように、広いコースへの適性は高く、中京でも十分GⅠ制覇が可能だろう。11月20日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン52秒2の好時計をマーク。休み明けを1度使われた上積みも大きそうで、前走以上のパフォーマンスが期待できるはずだ。

チュウワウィザード

牡4歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:チュウワブロッサム
  • 母の父:デュランダル
ここに注目!

これまで13戦を経験しながら3着以内を外したことがなく、驚異の安定感を誇る。また、9つの競馬場でレースをしており、適応力の高さも特筆すべきものがある。中京・ダート1800メートルも今年の東海S(2着)で経験済み。今回も上位争いに加わってくるだろう。

前走のJBCクラシック(浦和・ダート2000メートル)がうれしいJpnⅠ初制覇となった。レースは中団前めの積極的なレース運び。2周目の向正面で徐々に進出を開始すると後続も先行集団に殺到する厳しい展開になったが、3コーナーで早くも先頭に立つと、迫るオメガパフューム(2着)との追い比べがゴール板まで続き、横並びのままゴールイン。きわどい勝負とはなったが、ハナ差で激戦を制した。前々走の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)で敗れた相手だっただけに、喜びもひとしおだろう。小回りの浦和コースから広い中京コースに替わるが、この舞台で重賞2着もあり、問題なくこなせるはず。4歳秋を迎え、JRAのGⅠ制覇に向けて機は熟した。

ゴールドドリーム

牡6歳

調教師:平田修(栗東)

  • 父:ゴールドアリュール
  • 母:モンヴェール
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

4歳時のフェブラリーSでGⅠ初制覇を成し遂げてから2年半以上の年月が経ったが、今もダート界の一線級で戦い続けている。今年のフェブラリーSでも2着と、この路線で上位の能力は健在。GⅠ・JpnⅠ通算6勝目に向け、今回も鋭い末脚が見られるだろう。

前走のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnⅠ。盛岡・ダート1600メートル)は、道中5、6番手の位置取りで前半を進めると、4コーナーでは前の馬の間を突いて直線へ。先に抜け出した上位2頭に追いつけず3着となったが、一瞬前が壁になるシーンがあったことを考えれば、決して力負けではなかっただろう。前々走のかしわ記念(JpnⅠ。船橋・ダート1600メートル)では、直線で先に抜け出したインティ(2着)をめがけて猛追。じりじりと加速しながらラスト50メートル付近でかわすと、最後は1馬身1/2差をつけて快勝した。右回りコースでも3勝を挙げているが、左回りコースは6勝と断然で、今回もしっかりと力を出し切れるはず。このレース2勝目を挙げる可能性は十分だ。

ウェスタールンド

せん7歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:ユーアンミー
  • 母の父:Marquetry
ここに注目!

蹄の弱さがあり、なかなか思うようにレースを使えないが、昨年のチャンピオンズC2着など、自身の力をしっかりと発揮したときはGⅠでも勝ち負けするだけの走りができる。この馬向きの末脚がはまる展開になれば、2年連続の好走も十分に可能だろう。

前走のみやこSは、7枠14番という外めの枠からスタートし、前半は後方で脚をためて追走。向正面で徐々に進出を開始すると、3コーナーでは先行集団の直後につけた。4コーナーでは狭い隙間を突いて一気に先頭に並びかける勢いで直線に向いたが、先に抜け出したヴェンジェンス(1着)との差は詰まらず、最後はキングズガード(2着)にもかわされて3着。とはいえ、約6か月半ぶりの実戦だったことを思えば、ラストは休み明けの分と考えられるはずだ。11月20日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン52秒8、ラスト1ハロン12秒6をマークするなど、上積みは大きそう。7歳とはいえ、休み休み使われており、消耗度も少ないだけに、衰えどころかさらなる成長があってもおかしくない。

ヴェンジェンス

牡6歳

調教師:大根田裕之(栗東)

  • 父:カジノドライヴ
  • 母:スペシャルクイン
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

もともとは1400メートルを中心に使われていたが、年齢を重ね、精神的にも大人になったことで、1800メートルでも結果を出せるようになってきた。6歳を迎え、今がまさに一番の充実期と言っていいだろう。この勢いなら、初のGⅠ挑戦でも楽しみの方が大きい。

前々走のオープン特別・太秦S(京都)で初めてのダート1800メートルに挑戦。勝ち馬には2馬身1/2差をつけられたものの2着を確保し、高い適性を見せた。後方から脚をため、向正面で一気に進出。3、4コーナーでは大外を回りながら前との差を詰め、直線もじりじりと加速しており、スタミナを感じさせる内容だった。前走のみやこSは、管理する大根田裕之調教師が「最内枠だったので、中途半端はやめようと。前が残ったら仕方ないぐらいの気持ちでした」と話したように、先頭から大きく離れた後方4番手で運ぶと3、4コーナーで外を回ってひとまくり。直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切ってみせた。GⅠでも通用する能力を感じさせただけに、ここも楽しみが大きい。

タイムフライヤー

牡4歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:タイムトラベリング
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

伯父にJBCクラシック連覇などダートのGⅠで5勝を挙げたタイムパラドックスがおり、本馬のダート転向後の活躍ぶりも必然だったのかもしれない。芝でGⅠを勝つほどの実力の持ち主。ここで再びビッグタイトルを獲得できるのか、注目だ。

前走の武蔵野Sは、ダート3戦目で初めての連対を果たすなど、収穫の多い一戦となった。レースは中団で運び、抜群の手応えで4コーナーを回ると、鋭い末脚で2着を確保。自身の後ろにいた勝ち馬ワンダーリーデルに差されはしたが、目標になった感じもあり、ポジションが逆ならまた違った結果になっていただろう。前々走のシリウスSでも、6着とはいえ直線で1度は先頭に立ったように見せ場十分の内容で、力を感じさせた。最後の失速を見れば、ダート2000メートルの距離が長かった印象。今回のダート1800メートルなら、ラストのひと踏ん張りができるだろう。順調にレースを重ねて大一番を迎えられている点も、プラスに働くはずだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: