今週の注目レース

スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GⅡ)

中山競馬場 3600メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

平地最長距離を舞台にスタミナ自慢がしのぎを削る

2015年から3連覇を飾ったアルバート、2012年から2勝を含め3年連続で3着以内に入ったデスペラードなど、近年は複数年にわたって好走する馬が多く見られる。今年も出走各馬の適性や、長距離戦ならではの騎手による駆け引きなど、見応えタップリのレースとなりそうだ。平地競走では最長距離となるこの一戦に、どのような傾向があるのか、過去10年のデータを分析する。

前走をチェック

過去10年の出走馬について、前走別の成績をまとめると、「アルゼンチン共和国杯」組が最多の6勝を挙げるなど、13頭が3着以内に入っている。また、「京都大賞典」組は8頭が出走して4頭が3着以内に入っている。まずはGⅡの前記2レースからの臨戦馬に注目したい。また、1600万下(現3勝クラス)組も7頭が3着以内に入っている。前走がオープンクラスのレースだった馬だけでなく、3勝クラスだった馬にも注目しておきたい。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
菊花賞 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
天皇賞(秋) 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
アルゼンチン共和国杯 6-1-6-39 11.5% 13.5% 25.0%
京都大賞典 1-2-1-4 12.5% 37.5% 50.0%
オープン特別 1-3-0-16 5.0% 20.0% 20.0%
1600万下(現3勝クラス) 1-4-2-23 3.3% 16.7% 23.3%
その他のレース 0-0-0-25 0% 0% 0%

前走の着順にも注目

過去10年の出走馬について、前走の着順別成績を調べると、「4着」組の80.0%を筆頭に、5着以内の各組がいずれも3着内率で37.5%以上をマークしている。「6から9着」・「10着以下」組と比較しても、前走の着順が下がるほど好走率も低くなっている。ちなみに、2015年以降の過去4年では2017年を除いて、出走馬の中で最も前走着順が上位だった馬が優勝している。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-1-1-6 20.0% 30.0% 40.0%
2着 2-2-2-6 16.7% 33.3% 50.0%
3着 1-2-0-5 12.5% 37.5% 37.5%
4着 1-2-1-1 20.0% 60.0% 80.0%
5着 0-1-1-3 0% 20.0% 40.0%
6〜9着 3-1-3-26 9.1% 12.1% 21.2%
10着以下 1-1-2-65 1.4% 2.9% 5.8%

上位人気馬が優勢

過去10年の単勝人気別成績では、「1番人気」組が6勝を挙げている。2013年以降の過去6年に限れば5勝をマークし、唯一の敗戦も3着と、目下6年連続3着以内に入っている。また、2014年以降の過去5年は、3着以内馬延べ15頭中14頭が4番人気以内と、順当な結果が続いている。上位人気馬を軽視するのは、得策ではなさそうだ。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-0-1-3 60.0% 60.0% 70.0%
2番人気 0-3-3-4 0% 30.0% 60.0%
3番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
5番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
6〜9番人気 1-2-1-36 2.5% 7.5% 10.0%
10番人気以下 0-1-1-50 0% 1.9% 3.8%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: