今週の注目レース

京阪杯(GⅢ)

京都競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

モズスーパーフレア

牝4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:Speightstown
  • 母:Christies Treasure
  • 母の父:Belong to Me
ここに注目!

過去5年の京阪杯では逃げた馬が3勝を挙げており、開催最終週にも関わらず先行力が生きるレースとなっている。GⅠでもハナを奪えるほどの本馬のスピードなら、今回も楽に先手を取れそう。最大の武器であるダッシュ力を生かして、自身の競馬を貫くだけだ。

前走のスプリンターズSは、GⅠでもスピードの違いでハナを奪うと、2番手以降に1馬身ほどの差をつけながらレースを運んだ。道中もペースを緩めることなく、前半600メートル通過タイム32秒8の厳しい流れを自ら作る強気の競馬で直線へ。残り100メートルを切っても先頭のままで、押し切るかに思われたが、ゴール寸前で勝ち馬タワーオブロンドンの強襲にあい、1/2馬身差の2着に敗れた。とはいえ、大舞台での果敢な逃げと、懸命な粘りは、スプリント路線で上位の能力を示すには十分過ぎるパフォーマンスだったと言えるだろう。前走の敗戦を糧に、さらにパワーアップをしたいところ。来年以降の飛躍のためにも、このレースから弾みをつけたい。

リナーテ

牝5歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:マルペンサ
  • 母の父:Orpen
ここに注目!

半兄サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)は、3歳時にGⅠを2勝と早くから活躍した一方で、5歳時にも重賞勝ちを収めるなど、息の長い活躍も見せた。本馬も、今年に入って2度の重賞連対があるように成長力を示しており、ここは重賞初制覇のチャンスだろう。

初めてのGⅠ挑戦となった前走のスプリンターズSは、いつも通り後方からレースを進めると、3コーナー付近から徐々に進出を開始。勝ち馬タワーオブロンドンの直後でスパートをかけて追い上げを図ったが、同馬から0秒8差の9着と好結果を得ることはできなかった。ただ、初の大舞台でもあり、力の違いを見せられた形ではあるが、もう1列前で運べていれば、もう少し違った着順になっていた可能性もあっただろう。前々走のキーンランドCでは、ダノンスマッシュ(1着)、タワーオブロンドン(2着)と僅差の3着に入っており、力は秘めている。今回はGⅢに変わるだけに、一変の走りを見せる可能性は十分。力のいる開催最終週の馬場も合うタイプだ。

アウィルアウェイ

牝3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

半兄のインディチャンプ(父ステイゴールド)が、先週のマイルチャンピオンシップで2度目のGⅠ制覇を達成。本馬は兄よりも短い距離に適性が出たが、重賞を勝てるだけのポテンシャルを持っていることは確かだろう。兄に続く重賞制覇を飾ることができるのか、注目だ。

前走のオパールS(リステッド。京都・芝1200メートル)は、最内枠から内めをそつなく追走。外の各馬が前のポジションを取りに行ったため中団ぐらいまで位置取りを下げたが、あわてることなく冷静にスムーズにレースを運んだ。4コーナーのコーナリングで前へ押し上げ、直線では3頭分ほど外に持ち出されてグングンと加速。残り200メートル過ぎに先頭に立つと、最後は2着エイシンデネブの猛追をクビ差抑えてゴールし、昨年夏以来となる待望の3勝目を挙げた。3走前の葵Sでも3着を確保しており、京都・芝1200メートルは好相性の舞台。今回も自身の力をしっかりと出すことができるだろう。

アイラブテーラー

牝3歳

調教師:河内洋(栗東)

  • 父:トーセンラー
  • 母:タケショウレジーナ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

デビュー以来5戦して4勝、2着1回と、崩れ知らずでキャリアを重ねてきた。父トーセンラーはマイルチャンピオンシップを含め、重賞3勝全てを京都で挙げたコース巧者だった。父が現役時代に躍動した競馬場で、本馬も初の重賞タイトル奪取をもくろむ。

前走の3勝クラス・桂川S(京都・芝1200メートル)は、発馬こそひと息だったが、道中で少しずつポジションを押し上げ、楽な手応えのまま直線へ。馬群の外々を回りながら末脚を伸ばすと、残り200メートル付近から再加速。先に先頭へ立っていたエイティーンガール(2着)をゴール前できっちりと差し切り、オープンクラス入りを決めた。メンバー中最速の上がり3ハロン33秒9(推定)をマークするなど、着差以上に力の違いを見せつける完勝だった。前走が初めての芝1200メートル戦で、前半は後方からの追走となったが、1度経験したことで今回はもう少し楽な追走になるはず。全5戦中4戦でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、末脚の破壊力は重賞でも通用するだろう。

ライトオンキュー

牡4歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:Shamardal
  • 母:グレイトタイミング
  • 母の父:Raven's Pass
ここに注目!

3走前の1600万下・船橋S(中山)で初めての芝1200メートル戦に臨むと、これを快勝して見事にオープンクラス入りを決めた。その後も芝1200メートルでオープン特別2着、GⅢ4着と距離適性を見せており、今回もしっかりと能力を発揮できるだろう。

前走のキーンランドCは、スタートから後方の位置取りになり、じっくりと脚をためる形となった。3コーナーで馬群の一番外を回りながら加速して直線に向かうと、リナーテ(3着)と一緒に、内から抜け出していた上位馬を猛追。鋭い伸び脚を見せたが、最後は4着だった。それでも、勝ったダノンスマッシュがスプリンターズSでも3着に入り、2着のタワーオブロンドンが同レースをV。強敵を相手に0秒2差の競馬ができており、ポテンシャルの高さはすでに証明済みと言っていいだろう。13日の1週前追い切りでは、栗東坂路でこの日の最速となる4ハロン50秒0(ラスト1ハロン12秒3)の好時計をマークしているように、状態面も万全で臨めそうだ。

エイシンデネブ

牝4歳

調教師:坂口智康(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:スワン
  • 母の父:High Chaparral
ここに注目!

デビュー2連勝を決めるなど、早くから高い才能を示していた一頭。勝ち切れない時期もあったが、ここにきて本格化の兆しを見せている。末脚の破壊力は重賞でも通用するだけのものがあるので、この馬向きの速い流れになれば、一気に差し切るシーンがあるかもしれない。

前々走の3勝クラス・佐世保S(小倉・芝1200メートル)では、6か月半ぶりの競馬ながら、強烈な末脚で差し切り勝ちを収めた。道中は後方3番手を追走し、先頭とは約8馬身の差があるまま直線へ。残り200メートル地点でもまだ後方3番手だったが、そこからの伸び脚が他馬とは違った。内の各馬を一瞬にして抜き去り、ラベンダーヴァレイ(2着)をクビ差かわしたところがゴール。メンバー中最速の上がり3ハロン34秒1(以下推定)をマークした。前走のオパールS(リステッド。京都・芝1200メートル)では、今回と同じ舞台の昇級初戦で2着に好走。再び最後方付近からの追走となったが、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒0で猛追しており、このクラスでも末脚は通用する印象だ。

カラクレナイ

牝5歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ローエングリン
  • 母:バーニングレッド
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

以前は後方待機から末脚勝負に徹するタイプだったが、近走は好位や中団で運べるようになり、レースぶりに進境を見せている。展開に左右されにくくなったことで、脚を余すことなく戦えるようになった印象。オープンクラスでの経験値は高く、今回も上位争いが可能だろう。

3歳時にフィリーズレビューを制した実力馬も、5歳の秋を迎えた。父ローエングリンの代表産駒ロゴタイプは、2、3歳時にGⅠを制しながら6歳でも安田記念を勝つなど、仕上がりの早さとともに高い成長力も見せた馬。本馬も父から成長力を受け継いでおり、今年に入っても衰え知らずの成績を残している。3走前のオープン特別・バーデンバーデンC(福島・芝1200メートル)で、約2年4か月ぶりの白星を挙げると、前走のオパールS(リステッド。京都・芝1200メートル)でも、直線で1度は先頭に立つかと思わせる好内容の競馬で3着と好走。京都・芝1200メートルでは勝ち星こそないが、掲示板(5着)を外したことがなく、抜群の安定感を誇る。久々の重賞勝利を果たしても不思議はない。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: