今週の注目レース

ディープインパクトメモリアル ジャパンカップ(GⅠ)

東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

レイデオロ

牡5歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ラドラーダ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

2017年日本ダービー、2018年天皇賞(秋)とGⅠ2勝を挙げている現役屈指の実力馬。前走のオールカマー(4着)は、1番人気の支持に応えられず不本意な結果となったが、2017年ジャパンカップ2着時と同じ中8週のローテーションで巻き返しを図る。

昨年に引き続き、2度目のUAE遠征となった3月のドバイシーマクラシック(G1。芝2410メートル)は、向正面で掛かり、直線で失速して6着に敗退。約3か月の休養を挟んで帰国初戦となった前々走の宝塚記念も直線の伸びを欠き、流れ込むように5着で入線した。夏場を休養に充て、秋初戦となった前走のオールカマーは、後方で折り合いをつけて、3コーナーから徐々に進出を開始。スローペースで追い込みづらい展開だったが、直線ではじわじわと脚を伸ばして4着に入り、復調ムードを示した。東京・芝2400メートルは、日本ダービー制覇で世代の頂点に上り詰め、同年のジャパンカップでは2着に入った舞台。本来のパフォーマンスを発揮できれば、上位争いが濃厚だ。

ユーキャンスマイル

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ムードインディゴ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

前走の天皇賞(秋)は勝ったアーモンドアイが別格の強さだったが、2着ダノンプレミアムとはクビ+クビ差の4着まで追い上げており、目下の充実ぶりは顕著。菊花賞3着、ダイヤモンドS優勝と長距離での良績があり、400メートルの距離延長はプラス材料だ。

今年2月のダイヤモンドSでは、4コーナー9番手から豪快に突き抜けて2馬身1/2差の快勝。約2か月半ぶりとなった天皇賞(春)は、上位争いから離されたものの、しぶとく脚を伸ばして5着に入った。前々走の新潟記念では、57キログラムのハンデを背負いながらも、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を駆使してジナンボー(2着)との追い比べを制し、重賞2勝目をマーク。前走の天皇賞(秋)は、10頭のGⅠ馬がそろうハイレベルな一戦。スローペースを後方で追走する展開だったが、ゴール前で外から猛然と追い込んで4着に健闘した。今回、天皇賞(秋)の上位3頭が不在なら、念願のGⅠタイトルに手が届いても不思議はない。

ワグネリアン

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ミスアンコール
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

昨年のダービー馬。神戸新聞杯(1着)以来6か月余りの休み明けとなった今年の大阪杯で、勝ち馬から0秒1差の3着に入り、あらためて地力の高さを証明している。中3週と間隔を詰める今回は、前走の天皇賞・秋(5着)以上のパフォーマンスが期待される。

神戸新聞杯1着以来、6か月余りの休み明けだった3走前の大阪杯は、スローペースを中団のインで折り合いに専念。直線も内ラチ沿いを狙い、しぶとく脚を伸ばして見せ場十分の3着に入った。約4か月半の休み明けとなった前々走の札幌記念は、外枠からジワッと好位集団に取りつく正攻法のレース運びだったが、内を回った上位2頭とは4コーナーでのコース取りの差もあり、わずかに競り負けて惜敗の4着。前走の天皇賞(秋)は、直線でじわじわと差を詰め、勝ったアーモンドアイには離されたものの、2着ダノンプレミアムとは0秒1差の5着に入った。今回、世代の頂点に輝いた日本ダービーと同じ東京・芝2400メートルの舞台で捲土重来を期す。

カレンブーケドール

牝3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ソラリア
  • 母の父:Scat Daddy
ここに注目!

過去10年の本レースでは、ジェンティルドンナの連覇をはじめ牝馬が6勝を挙げている。オークスを2分22秒8のタイムで2着に入り、ジェンティルドンナがマークしたオークスのレースレコード(2分23秒6)を上回るタイムで走った本馬も、高い能力を秘めている。

約2か月半の休み明けとなったスイートピーS(リステッド。東京・芝1800メートル)で、直線の追い比べを制して2勝目をマーク。続くオークスは緩みのない流れを好位の4番手で追走し、残り400メートル付近で敢然と先頭に躍り出ると、最後までラヴズオンリーユー(1着)にしぶとく食い下がってクビ差の2着と好走。3着以下は2馬身1/2離しており、“負けてなお強し”を印象づける内容だった。約3か月半の休養を挟み、秋初戦となった前々走の紫苑Sは直線の追い比べで3着に敗れたが、前走の秋華賞は直線で狭いスペースを突いて抜け出し2着に入った。今回は牡馬の一線級が相手になるが、53キログラムの斤量なら引けを取らないはずだ。

スワーヴリチャード

牡5歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ピラミマ
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

昨年の大阪杯でビッグタイトルを獲得した後は勝ち星から遠ざかっているものの、GⅠで何度も高いパフォーマンスを見せているように、地力は上位だ。左回りコースで重賞3勝を挙げており、条件はベスト。休み明けの前走を1度使われ、状態面の上積みも見込めるだろう。

5歳を迎えた今年は、中山記念(4着)をステップに、初の海外遠征となったドバイシーマクラシック(G1・UAE。芝2410メートル)に参戦。道中で前の馬が下がってきて位置取りが後ろになりながらも、直線で馬群をさばいて3着まで追い上げ、あらためて地力の高さをアピールした。帰国初戦となった前々走の宝塚記念は、上位2頭との差は詰められなかったものの、好位追走から直線はしぶとく脚を伸ばして3着に好走。約4か月の休み明けとなった前走の天皇賞(秋)は7着に敗れたが、2着ダノンプレミアムと0秒4差なら悲観する内容ではないだろう。昨年のジャパンカップは3着とはいえ、2分21秒5の走破時計をマークしており、今年のメンバーならチャンスはありそうだ。

シュヴァルグラン

牡7歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ハルーワスウィート
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

一昨年のジャパンカップでGⅠタイトルを獲得。今年は海外を転戦し、ドバイシーマクラシック(G1・UAE。芝2410メートル)では2着に入って地力健在をアピールした。今回は帰国初戦で仕上がりが鍵だが、本レースに照準を合わせており、力の出せる態勢が整っていそうだ。

昨年の有馬記念3着以来、約3か月の休み明けとなったドバイシーマクラシック(G1)は2着に好走。騎乗したH.ボウマン騎手はレース後に「常に良い走りをしてくれる馬ですね。最後は勝ち馬が強かったのですが、本当によく頑張ってくれました」と本馬の走りを褒め称えていた。1度帰国した後はイギリスのニューマーケットに移動し、同国のG1に2度参戦。キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(芝2390メートル)6着、インターナショナルS(芝2050メートル)8着と結果は残せなかったが、距離や馬場が合わなかった面もあるだろう。ジャパンカップは4年連続の参戦で、過去3年は3着、1着、4着と好成績を収めており、7歳馬でも侮れない。

マカヒキ

牡6歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ウィキウィキ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

2016年の日本ダービーを優勝。前走の天皇賞(秋)は10着に敗れたが、馬体の張りや毛艶は申し分なく、全盛期の雰囲気が戻ってきたように見えた。ワグネリアン、レイデオロと3世代のダービー馬対決にも注目が集まる。

今年初戦となった京都記念は、スローペースで前に行った組が残る展開だったが、4コーナー7番手からしぶとく差を詰めてクビ+クビ差の3着。続く大阪杯は、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒9(推定)の末脚を繰り出し、勝ち馬アルアインから0秒2差の4着まで追い上げて、地力健在を示した。前々走の宝塚記念11着、前走の天皇賞(秋)10着と2戦続けて2桁着順に敗れているが、共に休み明けだったことを踏まえれば力負けではないだろう。3年以上勝ち星から遠ざかっているものの、年齢的な衰えはそれほど感じられず、中3週のローテーションで状態面の上積みは確か。末脚の生きる展開になれば、上位進出も狙えるはずだ。

ムイトオブリガード

牡5歳

調教師:角田晃一(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ピサノグラフ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

5か月余りの休み明けで臨んだ前走のアルゼンチン共和国杯を勝ち、待望の重賞初制覇を達成。東京コースで4勝、2着1回と抜群の安定感を誇り、実戦を1度使われて状態面の上積みも十分だ。勝った勢いに乗って、今度はGⅠタイトル獲得を狙う。

GⅠ初挑戦となった今春の大阪杯は、向正面からじりじりと後退し、4コーナーでは最後方になりながらも、直線で勝ち馬から0秒6差の8着まで追い上げた。続く目黒記念は、スッと控えて後方待機策。直線は馬群の内から抜け出しを図ったものの、ラスト100メートルで脚色が鈍って5着に敗れた。5か月余りの休み明けとなった前走のアルゼンチン共和国杯は、軽く促されながら3番手のインを追走。スローペースで展開が向いた面はあったが、直線ではぽっかりと開いた内を突いて鮮やかに抜け出し、後続の追い上げを楽に振り切って快勝した。4歳春に東京・芝2400メートルで2分22秒9の好タイムをマークしており、地力強化した今なら、さらなる時計短縮も可能だろう。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: