今週の注目レース

富士ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

アドマイヤマーズ

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ヴィアメディチ
  • 母の父:Medicean
ここに注目!

昨年はデビューから無傷の4連勝で朝日杯フューチュリティSを制して、同年度のJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。今春にはNHKマイルCでGⅠ2勝目を挙げた。今回は他世代との初対戦に加えて57キログラムの斤量を背負うが、主役の座は譲れない。

3歳を迎えた今年は、2月の共同通信杯から始動。好スタートを決めてすんなり先手を奪うと、直線の瞬発力勝負でダノンキングリーに屈したが、57キログラムの斤量を背負い、3着以下に4馬身差なら“負けてなお強し”の内容と言えるだろう。続く皐月賞は、4コーナーで馬群が凝縮し、ワンテンポ仕掛けを待たされたが、直線はしぶとく脚を伸ばして4着に入った。前走のNHKマイルCは、スタートで後手を踏んだが、二の脚を利かせて中団の外めを追走。直線で他馬に寄られるシーンはあったが、最後は力強く抜け出し快勝した。夏場を休養に充て、帰厩後の調整過程はすこぶる順調。芝1600メートルで5戦5勝と抜群の実績を誇り、マイル路線の主役候補としてここは負けられない一戦だ。

ノームコア

牝4歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

今春のヴィクトリアマイルを1分30秒5のJRAレコード(当時)で制したが、レース後に左第1指骨剥離骨折が判明。今回は約5か月の休み明けになる。ただ、9日に美浦南Wコースで5ハロン64秒7の自己ベストをマークしており、力を出せる態勢は整っていそうだ。

今年初戦となった愛知杯は、スタートでつまずき、スローペースの展開もあって勝ち馬とは位置取りの差が出たが、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚で0秒1差の2着を確保。続く中山牝馬Sは、直線半ばまで進路が開かず、末脚不発の7着に敗れた。前走のヴィクトリアマイルは、スタートで出負けしたものの、二の脚で挽回して中団馬群を追走。直線はラッキーライラック(4着)の直後から虎視眈々と迫り、ラスト100メートル付近で先頭を捕らえると、最後はプリモシーンの追い上げをクビ差振り切ってビッグタイトルを獲得した。今回は牡馬相手になるが、JRAレコードを樹立した東京・芝1600メートルの舞台なら、上位争いが濃厚だ。

レイエンダ

牡4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ラドラーダ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

日本ダービーと天皇賞(秋)を制したレイデオロの全弟にあたり、血統背景は一級品。本馬は、前々走のエプソムCで初の重賞タイトルを獲得。前走の新潟記念は10着に敗れたが、本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが可能だろう。

今年初戦の東京新聞杯は、初めての芝1600メートルで流れに乗り切れず、末脚不発の8着。3か月半の休養明けだった3走前のオープン特別・メイS(東京・芝1800メートル)も9着に敗れた。チークピーシーズを着用した前々走のエプソムCは、好スタートを決めて2番手を追走。メンバー中最速タイの上がり3ハロン32秒7(推定)の末脚で力強く押し切って、重賞初制覇を達成した。前走の新潟記念(10着)は、騎乗したC.ルメール騎手がレース後に「スムーズな競馬ができなかったです。道中は前の馬がフラフラしていて、馬が冷静に走れていませんでした」と語っており、ポテンシャルは高い一方で、まだ気性面の若さを残す印象だ。ここも、すんなりとした競馬が好走の条件になるだろう。

カテドラル

牡3歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アビラ
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

前走の中京記念は稍重の馬場状態が合わなかったのか8着に敗れたが、今春のアーリントンCで2着、NHKマイルCでも3着に入り、距離適性の高さは証明済み。マイルチャンピオンシップへ確実に駒を進めるためにも、ここを勝って優先出走権を獲得したいところだ。

3か月の休養明けで臨んだ今年4月のアーリントンCは、勝ち馬イベリスが逃げ切ったように前が残るスローの展開だったが、本馬はメンバー中最速となる上がり3ハロン33秒3(推定)の末脚で猛然と追い上げて、クビ差の2着に好走した。前々走のNHKマイルCは、スタートで出負けして後方待機策。4コーナー11番手から、直線は馬群の間を突いて一完歩ごとに差を詰め、見せ場十分の3着に入った。前走の中京記念は8着に敗れたが、騎乗した川田将雅騎手がレース後に「すごく跳びのいい馬ですが、この馬場(稍重)だと終始、進んでいかない感じでした」と語ったように、敗因ははっきりしている。今回はGⅠの前哨戦で好メンバーがそろったが、瞬発力は引けを取らない。

レッドオルガ

牝5歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:エリモピクシー
  • 母の父:ダンシングブレーヴ
ここに注目!

全5勝を左回りコースで挙げるサウスポーで、今年2月の東京新聞杯では、勝ったインディチャンプ(のちに安田記念を優勝)から0秒1差の2着に好走した。兄に4頭の重賞ウイナーがいる良血馬。ベストと言える舞台で、念願の重賞タイトル獲得を狙う。

重賞初挑戦となった昨年12月のターコイズSは出遅れがあって6着に敗れたが、今年初戦となった東京新聞杯は、スタートを決めて中団の6番手を追走。直線は馬群を縫うようにしぶとく脚を伸ばし、先に抜け出したインディチャンプ(1着)に1/2馬身差まで迫る2着に好走した。前々走の阪神牝馬Sは、勝負どころで外を回るロスがあったことを踏まえれば、勝ち馬に0秒1差の7着ならレース内容は悪くなかった。3番人気に支持された前走のヴィクトリアマイルは11着だったが、直線で進路がなくなるシーンがあっただけに、参考外の結果だろう。今回は約5か月の休み明けになるが、久々は苦にしないタイプで、東京・芝1600メートルなら遜色のない競馬ができそうだ。

ロジクライ

牡6歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ドリームモーメント
  • 母の父:Machiavellian
ここに注目!

昨年の富士Sで、3歳時のシンザン記念以来となる重賞2勝目をマーク。6歳を迎えた今年も阪急杯、京王杯スプリングCで3着に入り、地力健在をアピールした。今回は約4か月半の休み明けになるが、9月初旬から時計を出し始めており、仕上がりに抜かりはない。

今年初戦となった東京新聞杯は直線の粘りを欠いて9着に敗れたが、続く阪急杯では、スタートで他馬と接触して位置取りが後ろになりながらも、直線はインの狭いスペースからしぶとく脚を伸ばして3着に好走した。初めての芝1200メートル戦だった高松宮記念は8着だったが、前々走の京王杯スプリングCは、先行集団に取りついて3番手のインを追走。上位2頭の瞬発力には屈したものの、直線もじわじわと脚を伸ばして勝ち馬と0秒1差の3着に入った。前走の安田記念は9着に敗れたが、正攻法のレース運びから0秒5差なら、悲観するレース内容ではないだろう。長期休養があったことで6歳でも馬体は若々しく、年齢的な衰えは皆無。本レース連覇のシーンが見られても驚けない。

エメラルファイト

牡3歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:クロフネ
  • 母:セトウチソーラー
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

3月のスプリングSで、10番人気の低評価を覆して初の重賞タイトルを獲得。前走の日本ダービー(12着)後は夏場を休養に充て、心身共に成長している様子だ。今回、他世代の馬とは初対戦になるが、春以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

昨年12月の朝日杯フューチュリティSは6着。今年初戦となった500万下・白梅賞(京都・芝1600メートル)では、4コーナー7番手から直線できっちり差し切り2勝目をマークした。続くスプリングSは、スタートを決めて中団のインを追走。3コーナー手前でスムーズに外へ持ち出して、4コーナーから徐々に進出を開始し、ラスト200メートル付近で先頭に出ると、最後は後続の追い上げをアタマ差振り切って重賞制覇を達成した。その後は右前脚を捻挫して皐月賞を回避。約2か月半ぶりとなった前走の日本ダービーは12着に敗れたが、距離もこたえた印象で、力負けではなさそうだ。適距離に戻る今回は、本馬の真価が問われる一戦と言えるだろう。

クリノガウディー

牡3歳

調教師:藤沢則雄(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:クリノビリオネア
  • 母の父:ディアブロ
ここに注目!

2歳時の朝日杯フューチュリティSでアドマイヤマーズの2着に入り、他世代と初対戦になった前々走の中京記念では勝ち馬にハナ差の2着惜敗と、能力の高さは証明済み。有力馬の多くが休み明けになる今回、順調度で上回っている点はプラス材料だろう。

デビュー3戦目の朝日杯フューチュリティSでは、断然の1番人気に支持されたグランアレグリア(3着)に先着を果たす2着と好走。今春の3戦はひと息の成績が続いたが、前々走の中京記念では、スッと控えて中団馬群で折り合いに専念すると、直線で外からしぶとく脚を伸ばして、勝ったグルーヴィットにハナ差まで迫った。勝ち馬とは位置取りの差があったことを踏まえれば、勝ちに等しい2着と言えるはずだ。前走の京成杯オータムH(7着)は、直線で前が壁になってスムーズさを欠いたもので、度外視できる結果だろう。脚質に幅が出てきたことが気性面の成長を示しており、今回は巻き返しが期待される。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: