今週の注目レース

京都大賞典(GⅡ)

京都競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

下半期GⅠ戦線の主役候補が集う注目の一戦

2016年のジャパンカップで優勝を果たしたキタサンブラック、2015年の天皇賞(秋)で優勝を果たしたラブリーデイは、いずれも前走で京都大賞典を勝っていた。また、2017年には京都大賞典3着のシュヴァルグランがジャパンカップを、2013年には京都大賞典3着のトーセンラーがマイルチャンピオンシップを、2009年には京都大賞典9着のクィーンスプマンテがエリザベス女王杯を制している。今後のビッグレースを展望するうえでも、しっかりとチェックしておきたい一戦だ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

若い馬が優勢

過去10年の連対馬延べ20頭中18頭は、年齢が「5歳以下」だった。一方、「6歳以上」だった馬は3着内率12.7%とやや苦戦している。6歳以上の馬は評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
5歳以下 9-9-5-38 14.8% 29.5% 37.7%
6歳以上 1-1-5-48 1.8% 3.6% 12.7%

なお、年齢が「6歳以上」だった馬のうち、“同年のJRAの2200メートル以上のGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験のなかった馬は、3着内率が5.3%にとどまっている。6歳以上の馬同士を比較する際は、年明け以降のGⅠ・GⅡにおける戦績を重視したいところだ。〔表2〕

〔表2〕「6歳以上」だった馬の、“同年のJRAの2200メートル以上のGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 1-0-4-12 5.9% 5.9% 29.4%
なし 0-1-1-36 0% 2.6% 5.3%

GⅠ・GⅡを主戦場としてきた馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、“同年のJRAのGⅠ・GⅡ”において8着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率4.9%と苦戦している。GⅠ・GⅡで大敗続きの馬はもちろん、GⅢ、オープン特別、条件クラスを主戦場としてきた馬も過信禁物と見ておきたい。〔表3〕

〔表3〕“同年のJRAのGⅠ・GⅡ”において8着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 10-8-10-47 13.3% 24.0% 37.3%
なし 0-2-0-39 0% 4.9% 4.9%

2000から2200メートルのレースを経由してきた馬に注目

過去6年の3着以内馬延べ18頭中14頭は、前走の距離が「2000から2200メートル」だった。一方、「2000から2200メートル以外」だった馬は3着内率12.5%とやや苦戦している。2012年以前は「2000から2200メートル以外」のレースを経由してきた馬の好走も少なくなかったが、近年は前走で今回よりやや短い距離のレースを使われていた馬が優勢だ。〔表4〕

〔表4〕前走の距離別成績(過去6年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
2000〜2200m 6-3-5-25 15.4% 23.1% 35.9%
2000〜2200m以外 0-3-1-28 0% 9.4% 12.5%

なお、前走の距離が「2000から2200メートル以外」だった馬のうち、そのレースが「JRAのGⅠ以外」だった馬は、3着内率が4.3%にとどまっている。前走が「2000から2200メートル」のレースでも「JRAのGⅠ」でもなかった馬は、苦戦する可能性が高いと見るべきだろう。〔表5〕

〔表5〕前走の距離が「2000から2200メートル以外」だった馬の、そのレースの条件別成績(過去6年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
JRAのGⅠ 0-2-1-6 0% 22.2% 33.3%
JRAのGⅠ以外 0-1-0-22 0% 4.3% 4.3%

近年は内枠優勢

過去6年の3着以内馬延べ18頭中10頭は、馬番が「1から4番」だった。該当馬は3着内率も41.7%と優秀な水準に達している。近年の傾向を重視するならば、内寄りの枠に入った馬を高く評価したい。〔表6〕

〔表6〕馬番別成績(過去6年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜4番 5-3-2-14 20.8% 33.3% 41.7%
5〜15番 1-3-4-39 2.1% 8.5% 17.0%
  • 注記:過去6年の京都大賞典は全て15頭以下で行われた
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

強調材料の多い馬が有力

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも“同年のJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験がある馬だった。また、この6頭は前走の距離が2000から2200メートルだった点も共通している。さらに、6頭中5頭は馬番が1から4番だった。〔表3〕、〔表4〕、〔表6〕で挙げた条件を多くクリアしている馬に注目すべきだろう。〔表7〕

(伊吹 雅也)

〔表7〕優勝馬の「“同年のJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順」「前走の距離」「馬番」(過去6年)
年度 優勝馬 “同年のJRAのGⅠ・GⅡ”における最高着順 前走の距離 馬番
2013年 ヒットザターゲット 4着(目黒記念) 2200m 2番
2014年 ラストインパクト 3着(日経賞) 2000m 7番
2015年 ラブリーデイ 1着(宝塚記念ほか) 2200m 1番
2016年 キタサンブラック 1着(天皇賞・春) 2200m 1番
2017年 スマートレイアー 2着(京都記念) 2000m 4番
2018年 サトノダイヤモンド 3着(金鯱賞) 2200m 2番

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: