今週の注目レース

毎日王冠(GⅡ)

東京競馬場 1800メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

インディチャンプ

牡4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走の安田記念では、アーモンドアイ(3着)などの並み居る強敵を撃破。自身初となるGⅠ制覇を達成した。今回は芝1800メートルへの距離延長が鍵になるが、東京・芝コースでは2戦2勝をマークしており、舞台適性は高い。

「前走の安田記念には、最高のコンディションで送り出すことができました。あの強力メンバーの中に入って正攻法の形で勝てたことは、今後へ向けての自信になりました。その後は放牧でリフレッシュし、秋初戦として毎日王冠を視野に入れて調整を進めています。今回は芝1800メートルへの距離延長がポイントになりますが、うまく折り合いがつけば対応可能でしょう。ここで内容の濃いレースができれば今後の選択肢も広がるので、大事な一戦になりました」と、陣営はGⅠホースに成長した本馬に大きな期待を寄せている。さらなるタイトル獲得に向けて、ここで秋の好発進を切りたい。

アエロリット

牝5歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:クロフネ
  • 母:アステリックス
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

国内トップクラスのマイラーが集結した前走の安田記念で僅差の2着に好走し、あらためて能力の高さをアピールした。東京ではNHKマイルC優勝の実績があり、コース適性は抜群と言えるだろう。毎日王冠連覇へ、期待は高まる。

「前走の安田記念(2着)は、この馬の持ち味を発揮して内容の濃いレースをしてくれました。あそこまで行ったら勝ちたかったですが、現役トップクラスを相手にしての好走ですから、今後の活躍がとても楽しみです。この中間は放牧で英気を養ってから、美浦トレーニング・センターに戻して調整しています。相性のいい東京コースで行われる毎日王冠に目標を定めていたので、出走態勢は整うでしょう。今回も相手はそろいますが、好発進を期待しています」と、厩舎サイドは看板ホースの仕上げに全力を注いでいる。昨年の毎日王冠は、1番人気の支持に応えて鮮やかな逃げ切り勝ち。同レース連覇ヘ向けて、視界は明るい。

ダノンキングリー

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マイグッドネス
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

今年の皐月賞で3着、日本ダービーで2着に好走した現3歳世代屈指の素質馬。その2戦は共に勝った馬と同タイムで走っており、内容も非常に濃いものがあった。今回は他世代の馬との初対戦になるが、左回りは得意な馬。斤量差を生かせば勝利も十分に可能だろう。

「この秋は毎日王冠から天皇賞(秋)に向かうローテーションを組んでいます。夏場を順調に過ごし、美浦トレーニング・センターに戻ってからも乗り込みを消化していますから、不安のない状態で秋初戦に出走できるでしょう。今回は初めての他世代相手、それもトップクラスとの戦いになるので、胸を借りる立場ですが、相性のいい東京コースなら見劣りしないはずです」と、厩舎スタッフは本馬のさらなる飛躍を期待している。この春は惜しいところでビッグタイトルを逃したが、現3歳世代屈指の能力を備えている一頭であることは間違いない。クラシック戦線で活躍した3歳馬が、注目を集めて登場する。

モズアスコット

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:India
  • 母の父:Hennessy
ここに注目!

昨年の安田記念では、ゴール前で見事な切れ味を披露。自身の重賞初制覇をGⅠの大舞台で達成した。その後は少し不本意なレースが続いているが、今年の安田記念(6着)では最後の直線で上々の伸び脚を見せており、復調ムードが感じられた。

「前走の安田記念は6着でしたが、終いはこの馬らしい末脚を使ってくれましたから、内容は悪くなかったと思います。その後は放牧へ出して休養し、秋初戦を毎日王冠に決めて調整を進めています。栗東坂路で好タイム(9月14日に4ハロン51秒台、9月25日に同49秒台)をマークしたように、仕上がりは順調です。今回は芝1800メートルの距離が課題になりますが、ここで内容の濃い競馬ができれば、今後の選択肢も広がるはずです。末脚の生きる流れになれば楽しみです」と、厩舎サイドは本馬の手入れに懸命だ。ここ数戦は勝ち鞍を挙げていないが、地力は高い存在。GⅠを制した東京コースで、完全復活といきたい。

ペルシアンナイト

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

3歳春の皐月賞で2着に好走し、同年秋にはマイルチャンピオンシップを優勝。その後は勝ち星を挙げていないが、昨年の大阪杯2着とマイルチャンピオンシップで2着に入るなど、随所で力を示している。ここでも勝機を見いだせるだろう。

「3走前の大阪杯は最後の直線で、前々走の安田記念はスタート後と、共に他の馬に寄られるシーンがありましたから、この2戦は参考外でしょう。スムーズなレースができた前走の札幌記念(5着)では、外を回りながらもラストはよく伸びてくれました。GⅠホースがそろった好メンバーでしたから、今後につながるはずです。ここは前進を期待しています」と、陣営は前走のレースぶりに手応えを感じている様子だ。4歳以降は勝利の美酒を味わっていないが、能力が大きく衰えた印象はない。水分を含んだ馬場コンディションは不得意なタイプだけに、良馬場が理想ではあるが、ここも持ち前の力強い末脚から目が離せない。

ギベオン

牡4歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンテスティッド
  • 母の父:Ghostzapper
ここに注目!

重賞勝利は昨年の中日新聞杯の1つだけだが、同年春にはNHKマイルCで2着に好走。今回のメンバーに入っても、見劣りしない能力を備えているはずだ。ここもうまく流れに乗れれば、2度目の重賞制覇のシーンが見られても不思議はない。

「前走の鳴尾記念(4着)はスタートでつまずいて、スムーズなレースができませんでした。それでも、最後の直線ではよく伸びて勝ち馬に0秒3秒でゴールインできたので、内容は悪くなかったと思います。その後は休養で英気を養い、9月に入ってから栗東トレーニング・センターの坂路とCWコースを併用して乗り込みを継続しています。強敵がそろうこのレースで好走できれば、今後がさらに楽しみになるはずです」と、厩舎スタッフは本馬の仕上げに力を注いでいる。これまで左回りコースでは4戦して2勝、2着1回をマーク。条件が好転したと思われる今回は、期待も膨らむ。

ケイアイノーテック

牡4歳

調教師:平田修(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ケイアイガーベラ
  • 母の父:Smarty Jones
ここに注目!

昨年のNHKマイルCでは、後方待機から最後の直線で豪快な末脚を発揮し、自身初のGⅠ制覇を成し遂げた。少し器用さに欠けるタイプで、展開に左右されやすい印象だが、はまった時の決め手は強烈。ここで復活のVを目指す。

「前走の安田記念は7着でしたが、終いの脚を生かす形で最後は伸びてきていました。不向きな展開の中で勝ち馬インディチャンプと0秒4差でしたから、内容は着順ほど悪くなかったはずです。夏場は放牧へ出して休養し、秋に備えていましたが、9月に入ってから栗東トレーニング・センターで乗り込みを開始しました。実績からは1600メートルがベストの印象ですが、昨年の毎日王冠(5着)での内容を振り返ると、芝1800メートルも対応可能でしょう」と、スタッフは看板ホースの仕上げに汗を流している。昨年の春にNHKマイルCを制した東京コースなら、復活の勝利も十分に可能なはずだ。

マイネルファンロン

牡4歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:マイネテレジア
  • 母の父:ロージズインメイ
ここに注目!

前走の函館記念では、最後の直線で1度先頭に立つ見せ場を作って2着に好走。重賞制覇への視界は開けた印象だ。今回は相手が強化されるが、機動力と粘り強さを生かすことができれば、連続好走も可能だろう。

「前走の函館記念は1度先頭に立っての2着と、惜しいところで重賞タイトル獲得はなりませんでしたが、収穫の大きな一戦でした。その後は秋に向けて牧場でリフレッシュさせました。今回はさらに相手が強化されますから、楽なレースはできないと思いますが、この馬もここへきて着実に成長しています。楽しみなGⅡ挑戦になりました」と、厩舎サイドは意欲的な姿勢を見せている。3歳春のスプリングSでは、1着ステルヴィオ、2着エポカドーロに続く3着でゴールイン。もともと豊かな才能を備えていた馬が、前走の2着で本格化ムードを漂わせている。自在のレースぶりもセールスポイントになるだろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: