今週の注目レース

シリウスステークス(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(ダート)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

モズアトラクション

牡5歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:エーシンラクーリエ
  • 母の父:コロナドズクエスト
ここに注目!

今年は、オープンクラス復帰を決めると、重賞初制覇も飾るなど充実の年となっている。目下4戦連続で、メンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマーク。さらなる大舞台への飛躍のためにも、ここで重賞連勝を決めたい。

前走のエルムSは、いつも通り序盤は後方からレースを進め、末脚勝負に徹した。向正面で馬なりのままスッとポジションを押し上げていくと、4コーナー5番手で直線へ。加速しながらコーナーを回ると、その勢いのまま内の各馬を差し切った。メンバー中最速タイの上がり3ハロン36秒0(以下推定)の末脚を使い、2着馬に1馬身1/2差をつける快勝だった。今年5月の平安Sでも、メンバー中最速の上がり3ハロン36秒3で強烈な追い上げをみせ、12番人気の低評価ながら勝ち馬とハナ差の2着に好走。それ以降は安定感抜群の走りを続けており、今回もしっかりと自分の力を出し切れるだろう。

タイムフライヤー

牡4歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:タイムトラベリング
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

伯父にダートGⅠ5勝のタイムパラドックスがいるように、血統面からダート適性の高さは十分にありそうだ。慣れが見込めるダート2戦目。大きな前進を見せて、2歳時のホープフルS以来の勝ち星をつかみたい。

前走のエルムSは、キャリアで初めてとなるダート戦への出走だった。スタートから馬場に戸惑うことなくダッシュを利かせて4番手を確保。終始、絶好の手応えを維持したまま追走し、高いダート適性をうかがわせた。直線では1度先頭に並びかけようかというほどの勢いだったが、最後は後方追走馬の急追に屈して6着。それでも、差し馬が上位を占めたように、厳しい流れの中での先行策だったことも確か。展開や流れ次第で、さらに上の着順が十分に狙えそうな内容だった。この中間もしっかりと乗り込まれており、11日に栗東坂路で4ハロン52秒1、19日に同CWコースで6ハロン83秒0をマークと好調教を見せているだけに、前進がありそうだ。

アングライフェン

牡7歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:レッドスレッド
  • 母の父:パントレセレブル
ここに注目!

7歳と年齢的にはベテランの域に入ったが、今年2勝を挙げ、衰えどころかさらなる成長を見せているといっても過言ではない。特に近4走は、1着、3着、1着、4着と全く崩れておらず、安定感は抜群。今回も堅実な走りが期待できそうだ。

前走のオープン特別・スレイプニルS(東京・ダート2100メートル)は、3コーナー手前から進出を開始し、鞍上が手綱を持ったままで直線へ。5、6番手と前を射程圏に入れながらスパートをかけたが、伸び切れずに4着に敗れた。ただ、勝負どころで脚を使った印象もあるだけに、力負けではなさそうだ。スタミナが豊富なタイプなので、100メートルの距離短縮とはいえ、直線に急坂がある阪神・ダート2000メートルへの舞台替わりはこの馬にとってプラスに働きそう。これまでオープン特別で2勝を挙げているが、重賞は未勝利。タイトル奪取に向け、ここは大きなチャンスと言えるだろう。

ロードアルペジオ

牡6歳

調教師:笹田和秀(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:レディピアレス
  • 母の父:Point Given
ここに注目!

今回は年明け初戦で、9か月の休養明けとなる点が大きな鍵だろう。ただ、調教ではしっかりと乗り込まれており、万全の状態で出走できそうだ。あとは勝負勘が戻っているかだが、レースが上手なタイプなので、大崩れする可能性は低いと見ていいだろう。

前走のオープン特別・ベテルギウスS(阪神・ダート1800メートル)は、中団やや後ろでうながされながらの追走。向正面から鞍上の手綱が動きっぱなしと決して手応えは良く見えず、4コーナーでは前が壁になるシーンもあった。それでも、直線ではジリジリとしぶとく伸び続け、ゴール前で先頭をクビ差かわしてオープンクラスでの初勝利を挙げた。鞍上にうながされていた道中の追走を見ても、今回の200メートルの距離延長は本馬にとってプラスに働きそう。もう1列前の位置取りで追走できれば、重賞初挑戦でも上位争いが可能だろう。終いの脚は確実に使えるだけに、うまく外に出すことができるかがポイントとなりそうだ。

ジョーダンキング

牡6歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:フューチャサンデー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

阪神・ダート2000メートルは、これまで4戦を経験して3勝、2着1回で、連対率100パーセントの好相性を誇っている。豊富なスタミナと、長くいい脚を使えるからこその結果だろう。これまで重賞では結果を出せていないが、この舞台なら変わり身があってもおかしくない。

前走の名鉄杯(リステッド。中京・ダート1800メートル)は勝ったスマハマから0秒1差の2着だったが、同馬は1分47秒6というJRAレコードをマーク。この馬自身も従来のレコードを更新する時計で走っており、力を示すには十分の競馬だった。レースは、後方追走から向正面で進出を開始し、3コーナー手前で先頭に並びかけたが、逃げたスマハマが譲らず2番手で直線へ。最後までかわせなかったが、好レースだったと言えるだろう。母フューチャサンデーは3歳で重賞を勝ち、6歳時にも地方交流重賞で3着に入るなど、息の長い活躍を見せた。6歳でオープンクラス入りを果たした本馬も成長力は十分で、重賞初制覇を果たしても不思議はない。

メイショウワザシ

牡4歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:メイショウワカツキ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

これまでJRAでデビューしたきょうだい全てが勝ち上がっているように、母が高い繁殖能力を秘めていることは間違いないだろう。本馬は今回が重賞初挑戦となるが、壁を乗り越えるだけのポテンシャルを秘めている。

前走のオープン特別・阿蘇S(小倉・ダート1700メートル)は、オープンクラスで初めてのレースだった。道中は4番手を進み、直線では1度先頭に立つシーン。ゴール寸前まで先頭を守ったが、後続の強襲をはね返すことができず4着に敗れた。とはいえ、大外枠(8枠15番)から先行したことや、先行勢に厳しいペースだったことを考えれば、決して力負けとは言えないだろう。前々走の3勝クラス・薩摩S(小倉・ダート1700メートル)では、逃げてメンバー中最速タイの上がり3ハロン36秒6をマークして5馬身差の圧勝。この競馬からも、本馬の能力が重賞級であることは明らかだろう。距離こそ違うが、阪神はデビュー勝ちを収めた舞台でもあり、コース替わりも問題なさそうだ。

ロードゴラッソ

牡4歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:サッカーマム
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

ダートに転向して6戦3勝、2着1回の成績を残しており、高い適性を見せている。半姉レディルージュ(父ブライアンズタイム)はダートのオープン特別勝ちの実績があり、血統面の裏付けもある。本馬はオープンクラスで3戦を消化し、ペースへの慣れも見込めるだろう。

前走のJpnⅢ・マーキュリーC(盛岡・ダート2000メートル)は、8枠14番の大外枠からスタートし、前半から先手を奪いに行く競馬。2コーナー過ぎから先頭に並びかける強気のレース運びで、余裕の手応えのまま直線に入り、1度は先頭に立った。最後は4着だったが、終始外々を回る厳しい展開でもあり、勝ち馬と0秒7差なら、流れ次第ではもっと際どい勝負になっていたはずだ。また、ダートでは初めての2000メートルの距離をこなせたことも収穫だったと言えるだろう。阪神・ダートは、1600万下クラスの1800メートル戦で3馬身1/2差の快勝を飾ったコース。今回は末脚を生かすタイプの馬が多く、この馬の先行力は大きな武器となりそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: