今週の注目レース

産経賞オールカマー(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

秋の古馬GⅠ戦線に向けて

昨年の優勝馬レイデオロは続く天皇賞(秋)を制覇。2015年の優勝馬ショウナンパンドラは同年のジャパンカップを制するなど、ここで好結果を残した馬が秋のGⅠ戦線で活躍したケースが少なくない。今年も秋のビッグタイトルを目指す馬たちが出走してきそうな一戦について、新潟競馬場で行われた2014年を除く、過去10回の結果から傾向を見ていくことにしよう。

上位人気馬が優勢

対象とした過去10回の単勝オッズ別成績を見てみると、3.9倍以下の支持を集めた馬の成績が良好。4.0から9.9倍だった馬も4勝を挙げており、連対馬延べ20頭のうち16頭が10倍未満だった。なお、10倍以上の馬は1勝のみで、50倍以上だった馬は全て4着以下に敗れている。〔表1〕

〔表1〕単勝オッズ別成績(2014年を除く過去10回)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
3.9倍以下 5-5-3-2 33.3% 66.7% 86.7%
4.0〜9.9倍 4-2-2-12 20.0% 30.0% 40.0%
10.0〜19.9倍 0-2-4-21 0% 7.4% 22.2%
20.0〜49.9倍 1-1-1-26 3.4% 6.9% 10.3%
50倍以上 0-0-0-45 0% 0% 0%

負担重量別の成績をチェック

オールカマーの負担重量は、3歳53キログラム、4歳以上56キログラム、牝馬2キログラム減という重量に、過去の実績に応じて1から2キログラム加算される方式となっているが、この方式で行われた2012年以降(新潟競馬場で行われた2014年を除く)の負担重量別成績をチェックしてみると、55キログラム組(全て4歳以上の牝馬)は3頭全てが連対。そして、58キログラムは該当したのが1頭(5歳牡馬)だけだが、その1頭が優勝と、ある程度の実績を有している馬の好走率が高くなっている、今年も実績上位の馬は軽視禁物だろう。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(2012年以降に中山競馬場で行われた6回)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
54kg 0-0-0-6 0% 0% 0%
55kg 2-1-0-0 66.7% 100% 100%
56kg 2-4-3-55 3.1% 9.4% 14.1%
57kg 1-1-3-9 7.1% 14.3% 35.7%
58kg 1-0-0-0 100% 100% 100%

前走GⅠ組が好成績

対象とした過去10回の前走別成績をまとめてみると、GⅠから臨んだ馬が好成績。前走がGⅡだった馬は札幌記念から臨んだ馬が2勝しているものの、その他のGⅡからの臨戦馬の成績はいまひとつとなっている。また、GⅢから臨んだ馬の中では、そのレースが「福島・新潟・中京・小倉」のレースだった馬が上位となっている。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(2014年を除く過去10回)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
宝塚記念 3-4-2-5 21.4% 50.0% 64.3%
天皇賞(春) 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
その他のGⅠ 3-2-0-2 42.9% 71.4% 71.4%
札幌記念 2-0-1-10 15.4% 15.4% 23.1%
その他のGⅡ 0-0-2-10 0% 0% 16.7%
福島・新潟・中京・小倉のGⅢ 1-2-3-24 3.3% 10.0% 20.0%
その他のGⅢ 0-1-1-21 0% 4.3% 8.7%
オープン特別 0-0-1-19 0% 0% 5.0%
その他のレース 0-0-0-11 0% 0% 0%

近走の重賞で単勝3番人気に支持されていた馬に注目

対象とした過去10回のうち、2010年を除いて「3走前までに重賞で単勝3番人気に支持されていた」という馬が1頭ずつ連対している。今年もこれに該当する馬がいるかどうかチェックしてみるのもいいかもしれない。〔表4〕

〔表4〕3走前までに重賞で単勝3番人気に支持されていたオールカマー連対馬一覧(2014年を除く過去10回)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 1着 マツリダゴッホ 2走前 クイーンエリザベスⅡ世C 6着
2009年 2着 ドリームジャーニー 3走前 産経大阪杯 1着
2011年 1着 アーネストリー 2走前 金鯱賞 3着
2012年 1着 ナカヤマナイト 3走前 産経大阪杯 5着
2013年 2着 メイショウナルト 前走 小倉記念 1着
2015年 2着 ヌーヴォレコルト 前走 宝塚記念 5着
2016年 2着 サトノノブレス 2走前 鳴尾記念 1着
2017年 2着 ステファノス 3走前 金鯱賞 6着
2018年 2着 アルアイン 3走前 京都記念 2着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
  • 注記:クイーンエリザベスⅡ世Cは現地(香港)での単勝オッズを基準とした
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3走前がGⅠで、2走前がGⅡだった馬が3年連続で優勝中

過去3年の優勝馬は、いずれも「3走前がGⅠで、2走前がGⅡ」という臨戦過程だった。今年もそのような馬が出走してきたら、注目する手があるかもしれない。〔表5〕

(浅野 靖典)

〔表5〕過去3年の優勝馬の3走前と2走前
年度 優勝馬 3走前 2走前
2016年 ゴールドアクター 有馬記念 日経賞
2017年 ルージュバック ジャパンカップ 金鯱賞
2018年 レイデオロ ジャパンカップ 京都記念

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: