今週の注目レース

関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ)

阪神競馬場 1800メートル(芝・外)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ダノンファンタジー

牝3歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ライフフォーセール
  • 母の父:Not For Sale
ここに注目!

阪神ジュベナイルフィリーズ(1着)時がそうだったように、時折パドックでうるさい面を見せるが、よほどひどくなければ問題ない。理想は集中力を保っての周回。折り合いさえつけば、確実に上位争いができるはずだ。

昨年はファンタジーSと阪神ジュベナイルフィリーズを制し、見事2歳女王に輝いた。3歳を迎えた今年は始動戦のチューリップ賞こそ完勝だったが、桜花賞では勝ったグランアレグリアに独走を許し、0秒4差の4着。続くオークスも先団後ろからしぶとく脚を伸ばしたが、勝ったラヴズオンリーユーから0秒5差の5着が精いっぱいだった。ここ2戦の内容からは2歳時の輝きが感じられないが、芝1600メートル前後の距離がベストのタイプと思えば、芝2400メートルのオークスでの走りは悲観するようなものではなかったはずだ。今回、芝1800メートルへの距離短縮は確実にプラス材料なので、4つ目の重賞タイトルに手が届いてもおかしくない。

ウィクトーリア

牝3歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:ブラックエンブレム
  • 母の父:ウォーエンブレム
ここに注目!

パドックでの歩様が硬めに見えるが、レースに行けば問題なく走れている。これは個性と判断していいだろう。以前は持久力タイプのイメージもあったが、近2戦では切れ味も見せており、どんな競馬でもできるのは強みと言える。

昨年7月のメイクデビュー函館(芝1800メートル)を2歳コースレコードで快勝した後の2戦は物足りない内容だったが、今年初戦の500万下(中山・芝1800メートル)で2勝目をゲット。この時点では逃げてこそのイメージだったが、続くフローラSでは出負け気味のスタートも何のその、直線で馬群をさばきながら外へ出して差し切り、重賞初制覇を果たした。前走のオークスは0秒5差の4着だったが、勝ったラヴズオンリーユーに次いで2番目に速い推定上がり3ハロンタイムをマークしており、十分に評価できる内容だったと言えるだろう。母ブラックエンブレムは2008年の秋華賞を優勝。本馬も、11年前の母の再現に向けて、ここで本番に弾みがつくような結果が欲しい。

シゲルピンクダイヤ

牝3歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ムーンライトベイ
  • 母の父:High Chaparral
ここに注目!

パドックまでは我慢が利いても、馬場に入るとグッとテンションが上がるタイプだけに、返し馬は要チェック。春はトモにややボリュームを欠いたので、もうひと張り出てくれば言うことなしだろう。

昨年11月の未勝利(京都・芝1600メートル)を勝って以来だった今年3月のチューリップ賞で2着に突っ込み、牝馬クラシック戦線の有力候補に浮上。続く桜花賞でも7番人気を覆してグランアレグリアの2着に食い込んで、非凡な能力をあらためて証明した。前走のオークスこそ勝ち馬から2秒4差の12着と大敗したが、テンションが高かったうえに、距離も長かった印象で、参考外と言える。今回の芝1800メートルも未知の領域ではあるが、レースぶりを見る限り、芝2000メートルまでなら守備範囲だろう。同じ休み明けでも、何とか間に合ったというような状況だったチューリップ賞に比べると、今回のほうが仕上がり具合は明らかに上。初戦から勝ち負けが期待される。

ビーチサンバ

牝3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:クロフネ
  • 母:フサイチエアデール
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

体型的にはマイラーだが、パドックで大人しいように、余計なことには力を使わないタイプ。レースでも折り合いの不安がない。過去の実績は芝1600メートルに集中しているが、今回の芝1800メートルも心配はなさそうだ。

昨年9月のメイクデビュー阪神(芝1600メートル)を快勝した後は王道を歩み、アルテミスSが勝ち馬から0秒1差の2着、阪神ジュベナイルフィリーズが同0秒2差の3着。年を越してクイーンCがタイム差なしの2着、桜花賞が0秒5差の5着と、常に上位争いを演じてきた。前走のオークスこそ15着と大敗したが、これは芝2400メートルの距離が長過ぎたためで、決して悲観することはないだろう。今回の芝1800メートルなら、本来の力を出せるはずだ。GⅠでも好勝負を演じているが、まだ1勝馬。父クロフネ、母フサイチエアデールという良血馬が今度こそ惜敗に終止符を打ち、秋華賞に向けて勢いをつけたい。

シャドウディーヴァ

牝3歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ダイヤモンドディーバ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

まだ1勝馬だが、ハーツクライ産駒らしい雄大なシルエットで、スケール感は重賞勝ち馬にも引けを取らない。春はまだトモの緩さが気になったが、ひと夏を越してたくましくなっていれば、重賞タイトルに手が届いても不思議はない。

じわじわと力をつけてきた。昨年11月の未勝利(東京・芝2000メートル)で勝ち上がり。その後は500万下・フリージア賞(東京・芝2000メートル)が勝ち馬から0秒3差の3着、フラワーCが同0秒7差の4着とワンパンチを欠く内容だったが、続くフローラSで勝ち馬ウィクトーリアとタイム差なしの2着に食い込み、オークスの優先出走権を獲得。本番では上位2頭にこそ離されたが、3着馬からは0秒1差の6着に入って、地力強化を印象づけた。父がハーツクライで、半姉のハウメア(父キングカメハメハ)が5歳夏にしてオープンクラス昇級を決めたことを踏まえれば、本馬がここで他馬を上回る成長力を見せても不思議はない。この秋、一気に世代トップの座を狙う。

スイープセレリタス

牝3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:スイープトウショウ
  • 母の父:エンドスウィープ
ここに注目!

連勝した近2走のレースの前半3ハロンタイムは33秒9(芝1400メートル)、34秒5(芝1600メートル)だから、比較的速めのペースだった。今回は芝1800メートルなので、道中はゆったりと流れる可能性が高い。それだけに、前半でいかにリズムよく走れるかが鍵になる。

前々走の500万下(東京・芝1400メートル)を差し切って2勝目を挙げると、前走の2勝クラス・月岡温泉特別(新潟・芝1600メートル)は前々からの押し切りで2連勝。レース運びに幅が出てきたのは強みで、良血馬の素質が遂に開花した印象だ。父と母は2005年の宝塚記念でワンツーフィニッシュ(1着スイープトウショウ、2着ハーツクライ)を決めており、この血統にとって阪神は思い出の舞台。また、母は2004年にローズS3着から臨んだ秋華賞でGⅠ初制覇を決めた。血統のイメージに反し、本馬は過去6戦全て1600メートル以下を使われてきたので、今回の芝1800メートルは未知数だが、ここで勝ち負けを演じて秋華賞に向かいたい。

アルティマリガーレ

牝3歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:アルティマトゥーレ
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

父がハービンジャーで、母が5歳秋に重賞初制覇を果たしたアルティマトゥーレ。血統的には晩成のイメージだけに、本馬もまだ伸びしろがありそうだ。今回は初の芝1800メートル、そして初の重賞チャレンジだが、春の実績馬とは未対戦で、未知の魅力があるとも言える。

遅めのデビュー戦となった3月23日の未勝利(阪神・芝1400メートル)を快勝すると、続く500万下(京都・芝1600メートル)が勝ち馬から0秒3差の2着。その後、1勝クラス(阪神・芝1400メートル)、2勝クラス・長久手特別(中京・芝1600メートル)と難なく連勝し、重賞初挑戦にこぎ着けた。まだ能力の底を見せていないので、一気の相手強化でも楽しみは大きい。母アルティマトゥーレはセントウルSとシルクロードSを制した快速馬だったが、叔父にはキャプテントゥーレ、クランモンタナという芝2000メートルの重賞勝ち馬もいる。父が中長距離型のハービンジャーだけに、本馬も初の1800メートルを克服する下地はあるだろう。

モアナアネラ

牝3歳

調教師:石坂正(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ジェンティルドンナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

470キログラム前後の馬体重で、牡馬勝りのスケール感があった母ジェンティルドンナに比べれば、本馬は明らかに小柄ですっきりと見せる。420キログラム前後の馬体重が増えてくれば、さらに上の舞台でも戦えるだろう。

2012年に牝馬三冠とジャパンカップを制するなど、3年余りの現役生活で7つのGⅠを制した名牝ジェンティルドンナの初仔が、重賞に初挑戦する。昨年11月のメイクデビュー京都(芝1600メートル)は4着。その後も3着、8着、5着と物足りないレースが続いたが、今年5月の未勝利(京都・芝2000メートル)で初勝利。すると、これで軌道に乗ったのか、続く1勝クラス(中京・芝2000メートル)が2着。そして、前走の1勝クラス・都井岬特別(小倉・芝2000メートル)で2勝目を挙げた。同世代の一線級との対戦は今回が初めてとなるが、血統のポテンシャルや伸びしろでは負けていないはず。ここでいい結果を出して、偉大な母に一歩でも近づきたい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: