今週の注目レース

産経賞セントウルステークス(GⅡ)

阪神競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ミスターメロディ

牡4歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:Scat Daddy
  • 母:Trusty Lady
  • 母の父:Deputy Minister
ここに注目!

春のスプリントGⅠ覇者が、今秋の始動戦を迎える。全4勝を左回りコースで挙げており、今回はスプリンターズSを見据える意味でも右回りコースを克服できるかに注目。ただ、昨年の阪神Cでは2着に好走しており、ここは地力の違いを示したいところだ。

前走の高松宮記念で、念願のGⅠ初制覇を成し遂げた。スタートを決めて、内めの2枠3番を生かしてインの4、5番手をそつなく進んだ。抜群の手応えで直線に向くと、鞍上のゴーサインに応じてジリジリと末脚を伸ばし、残り100メートル付近で先頭へ。最後は、2着セイウンコウセイに1/2馬身差をつけての完勝だった。父スキャットダディは、現役時代にアメリカのG1を2勝。種牡馬としてもアメリカの無敗の三冠馬ジャスティファイなどを輩出している。その父は既に亡くなっており、サイヤーラインの継続は世界の競馬界にとって大きな課題だろう。本馬も種牡馬となるときのことを考えて、さらにタイトルを積み重ねたいところだ。

タワーオブロンドン

牡4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:Raven's Pass
  • 母:スノーパイン
  • 母の父:Dalakhani
ここに注目!

芝1200メートルに矛先を向けてから、重賞で3着、2着と堅実な走りを見せている。コースレコードでの重賞勝ちがあるように、開幕週のスピードが問われる馬場コンディションも歓迎だろう。ここで芝1200メートルでの重賞タイトルを奪取し、GⅠ制覇へ向けて弾みをつけたい。

前走のキーンランドCは、自身も含め重賞勝ち馬が9頭もそろう豪華メンバーだった。レースは、いつも通り後方で脚をためて直線勝負にかけた。4コーナーでもまだ12番手の位置取りだったが、内めに進路を選択すると、前が壁になるシーンがありながらも狭い隙間を縫うように末脚を伸ばして前を猛追。外をスムーズに差したダノンスマッシュ(1着)の決め手には屈したが、しっかりと2着を確保した。前々走の函館スプリントSも3着に敗れはしたが、小雨が降る稍重馬場で切れ味がそがれた面や、前半600メートル通過タイムが34秒4と緩い流れになるなど、敗因は明確だ。阪神は3戦2勝、3着1回と得意にしている舞台でもあり、能力全開といけるだろう。

アンヴァル

牝4歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アルーリングボイス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

昨年の本レースは10着に敗れたが、なかなか結果が出ない不調な時期だったことを考えれば、完全に復調した今なら全く違った結果になる可能性が十分にある。今年は掲示板(5着以内)を外したことがなく、安定感も増している。

前走の北九州記念は、スタートから気合をつけて促していったが、なかなか行き脚がつかず、後方4、5番手を進んだ。終始、騎手の手綱が動く苦しい追走。3、4コーナーで勢いをつけて直線に向いたが、今度は、進路がなかなか開かないシーンもあった。ただ、進路を切り替えてからもう一度スピードに乗ると、前の馬をぐんぐんとかわし、勝ち馬から0秒2差の3着まで追い上げた。先行勢に厳しいハイペースだったとはいえ、直線で見せた末脚は、レース運び次第では重賞勝ちも可能と感じさせるものだった。今回は、開幕週の馬場となる点が鍵。ただ、芝1200メートル戦なら極端に緩い流れは考えづらく、直線で末脚を伸ばすシーンが浮んでくる。

ダイメイプリンセス

牝6歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:キングヘイロー
  • 母:ダイメイダーク
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

今回は、初めての阪神競馬場での競馬となる。基本的には直線が平坦なコースで良績を残しているが、直線に急坂がある中山でも勝ち星を挙げており、阪神の直線の坂も克服可能と判断していいだろう。右回り自体は問題なく、今回も自慢の末脚を見せたい。

前走の北九州記念では、18頭立ての9番人気の低評価を覆して約1年ぶりとなる復活の勝利を挙げた。8枠16番という外枠からのスタートだったが、前半は中団後ろをリズムよく追走。3コーナーの手前から進出を始めて直線入り口では前を射程に捉えると、スムーズに差し脚を伸ばして内の各馬を一気にかわし去り、2着ディアンドルに1馬身差をつけて快勝した。全7勝のうち5勝を7から9月に挙げているように、やはり気温の高い時季の方が力を出せるタイプで、冬場の不調期の成績は度外視して問題なさそうだ。このまま勢いに乗って、重賞連続好走も可能だろう。

マテラスカイ

牡5歳

調教師:森秀行(栗東)

  • 父:Speightstown
  • 母:Mostaqeleh
  • 母の父:Rahy
ここに注目!

今回は、2016年11月の京王杯2歳S(9着)以来となる芝への出走が、最大の鍵になるはず。今年はドバイゴールデンシャヒーン(G1・UAE。ダート1200メートル)で2着に好走するなど、能力自体は衰え知らず。自慢のスピードが芝の快速馬たち相手でも通用するのか、注目だ。

連覇を狙った前走のプロキオンSだったが、直線で後続に捕まり5着。ただ、前半600メートル通過タイムが芝のレース並みの33秒3という速いペースを自ら刻んでの失速で、決して力負けではないはず。直線でかわされてからもうひと踏ん張りを見せており、力は示したと言えるだろう。母はアメリカ産馬ながらフランスの芝G2で2着の実績を持っており、芝をこなせる血統的な下地はある。8月28日の1週前追い切りでは栗東坂路で4ハロン50秒4、ラスト1ハロン12秒1の好タイムをマークすると、9月1日にも同4ハロン52秒6、ラスト1ハロン12秒1で駆け上がっており、中8週と少し間隔は空いたが、状態は万全と見てよさそうだ。

カイザーメランジェ

牡4歳

調教師:中野栄治(美浦)

  • 父:サクラオリオン
  • 母:サクラジュレップ
  • 母の父:サクラプレジデント
ここに注目!

現在、サマースプリントシリーズでトップの12点を獲得しており、シリーズ王者を視界に捉えている。このレースが同シリーズ最終戦。遠征が続いた今夏だが、勝利の美酒で締めくくりたいところだ。

3走前の函館スプリントSは、それまでの後方待機策から一転、自ら先手を奪う強気な競馬を見せた。スタートから少し気合をつけられてハナを奪うと、常に後続を1馬身ほど離しながら絶妙なペースでの逃げ。直線を向いても最後まで脚が鈍ることはなく、2着アスターペガサスに1馬身1/2差をつける完勝だった。4度目の挑戦でうれしい重賞初制覇。父サクラオリオンにとっても初めての産駒のJRA重賞制覇となった。近親には2015年のスプリンターズSで2着に入ったサクラゴスペルがおり、優秀な母系の出身。まだ重賞タイトルを積み重ねるだけの地力を感じさせる血統背景で、近2走からの一変があっても驚けない。

ファンタジスト

牡3歳

調教師:梅田智之(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ディープインアスク
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

半姉コロラトゥーレ(父タイキシャトル)は、デビュー2戦目で初勝利を挙げ、5歳を迎えた今夏に4勝目をマーク。母は仕上がりの早さと成長力の両方を産駒に伝えている。本馬も、きっかけひとつで近走の不振から脱することができるだろう。

前走の北九州記念は、約1年ぶりの芝1200メートル戦への出走だったことが影響したのか最後方からの追走となり、スピード勝負に対応できなかった(14着)。ただ、昨年の小倉2歳Sでは、2歳馬同士の一戦とはいえ、前半600メートル通過タイム33秒4の流れを好位追走から抜け出しており、本質的にはスプリント戦のスピードにも対応できる馬のはずだ。また前走に関しては、管理する梅田智之調教師が「いい状態で出走できそうですが、まだ先がある馬ですからね」と話していたように、休み明け初戦という位置付けもあった様子。レースを1度使われたことにより前半の行きっぷりが良くなれば、巻き返しがあってもおかしくない。

イベリス

牝3歳

調教師:角田晃一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:セレブラール
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

半姉ベルカント(父サクラバクシンオー)は、芝1400メートル以下の重賞を5勝したスピードの持ち主で、2015年、2016年のサマースプリントシリーズを連覇した“夏女”でもあった。本馬も姉に劣らないスピードを見せており、2戦2勝の距離で秋への好発進を決めたい。

前走のNHKマイルCでは、牡馬も含めたGⅠのメンバーを相手に、果敢にハナを奪うと、快調に飛ばして先頭に立ったまま直線へ。残り200メートル付近まで上位争いを続ける頑張りを見せたが、最後は失速して16着だった。ただ、逃げ切りは至難の業となる直線の長い東京コースでの結果。マイル重賞勝ちがあるとはいえ、本質はスプリントタイプの本馬にとって、情状酌量の余地はあると言えるだろう。8月29日の1週前追い切りでは、栗東坂路を4ハロン51秒3(ラスト1ハロン12秒2)の好タイムで駆け上がっており、やはりスピードの絶対値は高い。出走全7戦中5戦の舞台となった走り慣れた阪神で、前走のうっぷんを晴らしたいところだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: