今週の注目レース

アイビスサマーダッシュ(GⅢ)

新潟競馬場 1000メートル(芝・直線)別定 3歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

国内唯一の直線重賞

サマースプリントシリーズ第3戦となるアイビスサマーダッシュは、直線コースで争われるJRA唯一の重賞で、直線競馬ならではの迫力満点のレースが体感できる。1分にも満たない究極のスピード比べは、サマースプリントシリーズのチャンピオン争いだけでなく、秋のスプリントGⅠを展望することにもつながる。その注目の一戦に、どのような傾向があるのか、過去10年の結果を分析する。

前走の格をチェック

過去10年の出走馬について、前走の条件別成績を調べると、好走馬が多いのは「GⅢ」組と「オープン特別」組で、連対馬延べ20頭中17頭はこの2組から出ている。その一方で、「GⅠ」・「GⅡ」から臨んできた馬は連対していない。また、「1600万下(現3勝クラス)」組は3着以内が4回あり、「1000万下(現2勝クラス)」組は7頭が出走して2頭が3着に入っている点にも注目できそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走の条件別成績(過去10年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
GⅡ 0-0-0-2 0% 0% 0%
GⅢ 6-2-2-40 12.0% 16.0% 20.0%
新設重賞 0-1-0-0 0% 100% 100%
オープン特別 3-6-3-56 4.4% 13.2% 17.6%
1600万下 1-1-2-20 4.2% 8.3% 16.7%
1000万下 0-0-2-5 0% 0% 28.6%
500万下 0-0-0-1 0% 0% 0%

近走での芝1000メートル戦出走歴に注目

過去10年の出走馬について、過去2走以内における芝1000メートル戦への出走回数別に成績をまとめると、「0回」組が延べ108頭、「1回」組と「2回」組が合わせて延べ51頭と、出走頭数に2倍以上の差がありながら、3着以内馬の数は「0回」組が16頭、「1回」組と「2回」組が計14頭と、ほぼ互角になっている。近走での芝1000メートル戦への出走経験に注目したい。〔表2〕

〔表2〕過去2走以内における芝1000メートル戦への出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率 連対率 3着内率
2回 1-0-1-9 9.1% 9.1% 18.2%
1回 5-3-4-28 12.5% 20.0% 30.0%
0回 4-7-5-92 3.7% 10.2% 14.8%

近走の実績にも目を光らせろ

過去10年の出走馬について、過去2走以内のオープンクラス・芝1200メートル以下戦での最高着順別成績を調べると、3着内率で5着以内の各組が上位の数値をマークしている。「10着以下」組が2勝を挙げている点も見逃せないが、まずは過去2走以内にオープンクラスのスプリント戦で好走実績のある馬を上位に評価したい。〔表3〕

〔表3〕過去2走以内のオープンクラス・芝1200メートル以下戦での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-2-1-12 16.7% 27.8% 33.3%
2着 1-4-1-11 5.9% 29.4% 35.3%
3着 1-0-1-10 8.3% 8.3% 16.7%
4着 2-0-1-8 18.2% 18.2% 27.3%
5着 0-1-1-4 0% 16.7% 33.3%
6〜9着 0-2-1-32 0% 5.7% 8.6%
10着以下 2-0-1-16 10.5% 10.5% 15.8%
該当レース出走なし 1-1-3-36 2.4% 4.9% 12.2%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去8年の優勝馬に共通するのは?

過去8年の優勝馬延べ8頭は、過去3走以内にオープンクラスの芝のレースで3番人気以内に支持された経験がある馬だった。前項では近走のオープンクラスでの成績に着目したが、優勝馬を検討する際は、そこでの単勝人気もチェックしておきたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の過去3走以内におけるオープンクラスの芝のレースでの最高単勝人気(過去8年)
年度 優勝馬 最高単勝人気
2011年 エーシンヴァーゴウ 1番人気
2012年 パドトロワ 1番人気
2013年 ハクサンムーン 2番人気
2014年 セイコーライコウ 2番人気
2015年 ベルカント 3番人気
2016年 ベルカント 2番人気
2017年 ラインミーティア 3番人気
2018年 ダイメイプリンセス 1番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: