今週の注目レース

函館2歳ステークス(GⅢ)

函館競馬場 1200メートル(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

世代初の重賞ウイナーとなるのは?

2019年のJRAでは6月1日から2歳戦が始まったが、最初に行われる2歳重賞がこの函館2歳Sだ。スピードと完成度の高さを競う一戦を制して、世代最初の重賞タイトルを獲得するのはどの馬だろうか? 札幌競馬場で行われた2009年を除く過去10回の結果をもとに、傾向を見ていくことにしよう。

単勝人気別の成績をチェック

対象とした10回の優勝馬は、全て単勝5番人気以内だった。対して、6番人気以下の馬は2着に4回、3着が3回となっている。それを単勝オッズ別に見てみると、優勝馬10頭は全て単勝オッズ10倍未満だったが、2着馬と3着馬は半数以上が10倍以上の馬となっている。上位人気馬の優勝が続いているが、2着と3着に伏兵馬が食い込むことが多いようだ。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(2009年を除く過去10回)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-3-0-4 30.0% 60.0% 60.0%
2番人気 5-0-2-3 50.0% 50.0% 70.0%
3番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
4、5番人気 1-2-3-14 5.0% 15.0% 30.0%
6〜9番人気 0-2-1-37 0% 5.0% 7.5%
10番人気以下 0-2-2-57 0% 3.3% 6.6%
〔表2〕単勝オッズ別成績(2009年を除く過去10回)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
3.9倍以下 4-3-0-5 33.3% 58.3% 58.3%
4.0〜6.9倍 4-0-4-3 36.4% 36.4% 72.7%
7.0〜9.9倍 2-1-1-14 11.1% 16.7% 22.2%
10.0〜19.9倍 0-2-2-22 0% 7.7% 15.4%
20.0〜29.9倍 0-1-1-21 0% 4.3% 8.7%
30.0〜49.9倍 0-1-1-15 0% 5.9% 11.8%
50.0〜99.9倍 0-2-1-19 0% 9.1% 13.6%
100倍以上 0-0-0-22 0% 0% 0%

前走も函館競馬場だった馬が断然

対象とした10回の出走馬の前走の競馬場別成績を調べると、前走も函館競馬場だった馬の成績が断然。函館以外の競馬場から参戦してきた馬は3着が最高となっている。世代最初の新馬戦は東京競馬場と阪神競馬場で行われ、その後福島競馬場と中京競馬場に開催が移っていくが、このレースでは前走も同じ函館競馬場で出走していた馬を重視したいところだ。〔表3〕

〔表3〕前走の競馬場別成績(2009年を除く過去10回)
前走の競馬場 成績 勝率 連対率 3着内率
函館競馬場 10-10-6-83 9.2% 18.3% 23.9%
その他のJRAの競馬場 0-0-4-23 0% 0% 14.8%
地方競馬場 0-0-0-15 0% 0% 0%

前走も1200メートル戦だった馬が優勢

対象とした10回の出走馬の前走の距離別成績を調べると、3着以内馬30頭中26頭は前走も1200メートルだった。1000メートル戦から臨んでくる馬も多いが、3着以内に入ったのは2010年の3着馬ルリニガナと2012年の優勝馬ストークアンドレイだけで、近年は苦戦続きとなっている。〔表4〕

〔表4〕前走の距離別成績(2009年を除く過去10回)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m未満 1-0-1-31 3.0% 3.0% 6.1%
1200m 9-9-8-83 8.3% 16.5% 23.9%
1400m以上 0-1-1-7 0% 11.1% 22.2%

初勝利時の上がり3ハロン推定タイムに注目

函館2歳Sでは、「初勝利が函館・芝1200メートルで、そのレースでの上がり3ハロン推定タイムが34秒台だった」という馬が2012年以降毎年連対している。函館競馬場は比較的パワーが必要と言われている洋芝コース。そこでしっかりとした末脚を発揮して優勝していた馬は、マークしておくことをおすすめしたい。〔表5〕

〔表5〕初勝利が函館・芝1200メートルで、そのレースでの上がり3ハロン推定タイムが34秒台だった函館2歳S連対馬一覧(過去7年)
年度 着順 馬名 初勝利時の上がり3ハロン推定タイム
2012年 2着 コスモシルバード 34秒9
2013年 1着 クリスマス 34秒5
2014年 1着 アクティブミノル 34秒9
2015年 2着 メジャータイフーン 34秒5
2016年 2着 モンドキャンノ 34秒1
2017年 1着 カシアス 34秒7
2018年 1着 アスターペガサス 34秒8
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

初勝利時の馬番にも要注目

過去7年の函館2歳Sでは、「初勝利時の馬番が4から6番だった」という馬が連勝中。初勝利時の馬番にも注目してみたい。〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕過去7年の優勝馬の初勝利時の馬番
年度 優勝馬 初勝利時の馬番
2012年 ストークアンドレイ 5番
2013年 クリスマス 6番
2014年 アクティブミノル 4番
2015年 ブランボヌール 4番
2016年 レヴァンテライオン 4番
2017年 カシアス 4番
2018年 アスターペガサス 6番

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: