今週の注目レース

トヨタ賞中京記念(GⅢ)

中京競馬場 1600メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

プリモシーン

牝4歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:モシーン
  • 母の父:Fastnet Rock
ここに注目!

G1・4勝馬を母に持つ良血馬が、前走のヴィクトリアマイルで2着に入り、本格化の時を迎えている。GⅢの舞台なら、秋へ向けて負けられない戦いになるはず。今秋のGⅠ制覇をかなえるためにも、ここで重賞3勝目を挙げておきたい。

前走のヴィクトリアマイル(2着)は、スタートから鞍上が動かして中団を追走。直線に入ってもまだ中団後方にいたが、豪快な末脚で見事な追い上げを見せた。最後は勝ったノームコアをクビ差捕まえることができなかったとはいえ、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒0(推定)をマークするなど互角の戦いを繰り広げた。また、勝ち馬とはタイム差なしで、自身もJRAレコードを更新する時計で走っており、GⅠ級の力を証明してみせたと言えるはずだ。昨年に中山のフェアリーSを制しているとはいえ、同年の関屋記念を勝つなど〔2・1・0・1〕の左回りはベストの舞台だろう。中京の長い直線で、自慢の末脚を思う存分見せてくれるはずだ。

カテドラル

牡3歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アビラ
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

デビューから中距離戦を中心に使われていたが、マイル路線に転向して連続好走を果たしている。前向きな気性を持つ点からも、距離を縮めたことが好成績につながっていることは間違いないだろう。デビュー戦を制した中京コースなら、重賞初制覇も見えてくるはずだ。

前走のNHKマイルCは、スタートこそ互角に出たものの、二の脚がつかずに後方からの競馬となった。ただ、すぐにポジションを押し上げて、中団やや後ろで流れに乗ると、直線では密集した馬群を縫うように加速。しぶとく脚を伸ばし続け、内から先頭に立つかと思われたが、外から伸びてきた2頭にかわされて3着に敗れた。それでも、7番人気の評価だったことを考えれば大健闘と言える走り。前々走のアーリントンCでは、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒3(推定)の末脚を駆使して2着まで迫っており、展開ひとつで重賞制覇に手が届くところまできているはずだ。

ロードクエスト

牡6歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:マツリダワルツ
  • 母の父:チーフベアハート
ここに注目!

近走は不振だが、4走前と5走前には重賞で4着に入っており、衰え知らずな面も見せている。昨秋には、GⅠ馬モズアスコットを破ってスワンSを制覇。重賞3勝の実績は今回のメンバー相手でも胸を張れるものだけに、まだまだ元気なところを示したい。

前走の安田記念は、発馬直後は後方寄りの位置取りだったが、徐々にポジションを上げていき、4コーナーでは4番手まで取りついた。直線の半ばまでしぶとく上位勢に食い下がったが、最後は力尽きて12着。少しチグハグなレース運びになった感があり、GⅠで相手も強かった印象を受けた。前々走の京王杯スプリングCも12着だったとはいえ、勝ち馬とは0秒5差と着順ほど負けておらず、今回のGⅢなら一変する可能性が十分にあるだろう。中京コースは初めてだが、2015年の新潟2歳S勝ちなど2勝を挙げる左回りコースなら問題なさそう。条件は合いそうなだけに、スムーズなレースができれば上位争いに加われそうだ。

ミエノサクシード

牝6歳

調教師:高橋亮(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ハピネスフォーユー
  • 母の父:A.P. Indy
ここに注目!

今年に入ってマイル重賞で2度も好走したように、6歳になって本格化の気配が漂う。中距離でも好走歴があり、距離の融通はきくが、今は芝1600メートルがベストと見てよさそうだ。直線の長い中京なら、自慢の末脚を十分に生かせるだろう。

3歳時以来のGⅠ挑戦となった前走のヴィクトリアマイルは、道中後方を進み、直線入り口でも後方4、5番手の位置取りだったが、内めを突いて差し脚を伸ばして勝ち馬ノームコアから0秒6差の6着まで追い上げた。マークした上がりもメンバー中2位の3ハロン33秒1(推定)で、17番人気の低評価ながら健闘したと言えるだろう。昨年の中京記念は、スタートで後手を踏み、前半に脚を使わされたような形。それでも直線では伸び脚は見せており、7着とはいえレース運び次第ではさらに上が目指せるような内容だった。昨年と比べれば、今年の充実ぶりは顕著。前走ではゲートもスムーズに出ており、ここも発馬さえ互角なら昨年以上の結果が望めるだろう。

ヒーズインラブ

牡6歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:シーズインクルーデッド
  • 母の父:Include
ここに注目!

中山で3勝をはじめ、ベストは全6勝をマークする右回りコースだろう。ただ、中京競馬場は初めての出走。中山同様に直線で急坂が待ち構えるコース設定なら、新味を見せる可能性も十分にある。近走の不振から立ち直るきっかけをつかみたいところだ。

前走の米子S(リステッド。阪神・芝1600メートル)は、いつも通り後方追走から直線での末脚勝負にかけたが、前半が緩い流れになったこともあってか、先行勢をかわすことができず10着に敗れた。ただ、前々走の都大路S(リステッド。京都・芝1800メートル)では、メンバー中2位タイの上がり3ハロン34秒3(推定)をマークして5着まで追い上げたように、展開次第では重賞ウイナーらしい地力を見せている。半兄サンデーウィザード(父ネオユニヴァース)が5歳時に重賞初制覇を成し遂げ、半姉オリエンタルリリー(父ダイワメジャー)が6歳で白星を挙げるなど、成長力に富む母系の出身。本馬も、ここでもうひと花咲かすことが可能だろう。

キャンベルジュニア

牡7歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:Encosta De Lago
  • 母:Melito
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

7歳を迎えたとはいえ、約半年生まれるのが遅い南半球産馬であることを考えれば、年齢的な衰えはさほど心配いらないだろう。近走は芝1200メートル戦を使われてきたが、実績のある芝1600メートルに戻れば、巻き返しがあっても不思議はない。

前々走のスプリンターズSでは、初めてブリンカーを着用してGⅠに挑戦したが、2番手を進んだラブカンプーが2着、同じく先行したラインスピリットが3着となるなど先行馬が残る流れだったこともあってか8着に敗れた。それでも勝ち馬とは0秒6差で、着順ほどは負けてはいない印象。加えて、大跳びの馬で、雨が降ると脚もとが滑る馬だけに、稍重馬場では力を発揮できなかったようだ。前走のオープン特別・カーバンクルS(中山・芝1200メートル)でも、レースの前半600メートル通過タイム32秒8のハイペースながら先行勢がそのまま上位を占めたように、展開が不向きだった。近2走は敗因が明らかで、ここでうっぷんを晴らすことができるのか、注目だ。

ジャンダルム

牡4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Kitten's Joy
  • 母:Believe
  • 母の父:Sunday Silence
ここに注目!

今回は2月の東京新聞杯(14着)以来約5か月半ぶりの実戦。久しぶりとはなるが、10日の1週前追い切りでは、栗東CWコースで6ハロン81秒3、ラスト1ハロン11秒8の好タイムをマークしており、状態面の不安はなさそう。変わり身を見せられるかもしれない。

前走の東京新聞杯は、スタートから行き脚がつかず、道中は後方2番手を追走する形となった。直線でも好調時のような鋭い伸び脚を発揮できず14着と大敗。ただ、2歳時にはホープフルSで2着と好走したように素質が一級品であることは間違いなく、本来の力を出すことができれば、そこまで大きく負ける馬ではないはずだ。母ビリーヴは2002年のスプリンターズSを制すなど、豊かなスピードを誇った快速馬。繁殖牝馬としても、GⅠ馬こそいないが、安田記念で3着に入ったファリダットや、オープン特別2勝のフィドゥーシアなどを送り出している。息の長い活躍ができるのもこの血統の特徴で、本馬もまだまだ活躍できるはずだ。

クリノガウディー

牡3歳

調教師:藤沢則雄(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:クリノビリオネア
  • 母の父:ディアブロ
ここに注目!

前走のNHKマイルC14着から立て直されての1戦。昨年12月の朝日杯フューチュリティSでは、9番人気の低評価を覆して2着に好走。勝ち馬アドマイヤマーズが今年のNHKマイルC、3着のグランアレグリアも桜花賞を勝ったようにレースレベルは高く、本馬も巻き返しが可能だろう。

前走のNHKマイルCでは14着に敗れたが、先行馬が失速する締まったペースのなか、道中2番手を追走しての結果。最内枠からの積極策が裏目に出た印象で、スタートしてから隊列が決まるまで時間がかかったように、レース前半で脚を使わされたことも確かだろう。前々走の皐月賞(16着)にしても、距離が長かった感が否めず、本来の力を出し切ったとは言い切れない。今回は、間隔を空けたことでリフレッシュした状態で出走できるはず。まだキャリア7戦目で成長の余地を残しており、初めてとなる他世代の馬相手の重賞と条件は簡単ではないが、ここから秋の飛躍につなげたい。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: