今週の注目レース

トヨタ賞中京記念(GⅢ)

中京競馬場 1600メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析関連動画

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

配当の傾向が変わりつつあるサマーマイルシリーズ開幕戦

3月の中京開催において芝2000メートルで行われていた2011年以前を含め(2011年は小倉競馬場で開催)、2007年から2015年の中京記念は9年連続で3連単の配当が20万円を超える波乱の決着となっていた。しかし、2016年が8万7790円、2017年が2万2780円、2018年が2万5980円と、近年はやや堅めの決着が続いている。また、単勝1番人気馬の勝利も1999年のエリモエクセルを最後に途絶えていたが、2018年は単勝オッズ5.0倍の1番人気となったグレーターロンドンが優勝を果たし、“連敗”を18で止めている。今年も前評判の高い馬が上位を占めるのだろうか。それとも、再び以前のような波乱の決着となるのだろうか。今回は7月下旬に芝1600メートルで行われた過去7年の結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走の着順に注目

過去7年の前走の着順別成績を見ると、前走で「1着」だった馬は3着内率が50.0%に達している。前走を勝っていた馬は信頼できるようだ。一方、「9着以下」だった馬は3着内率5.9%と苦戦している。大敗直後の馬は評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去7年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-1-4-8 18.8% 25.0% 50.0%
2〜8着 3-5-3-51 4.8% 12.9% 17.7%
9着以下 1-1-0-32 2.9% 5.9% 5.9%

480キログラム未満の馬は不振

過去7年の3着以内馬延べ21頭中17頭は、前走の馬体重が「480キログラム以上」だった。一方、「480キログラム未満」だった馬は3着内率10.0%と苦戦している。比較的馬体重の軽い馬は過信禁物と見ておきたい。〔表2〕

〔表2〕前走の馬体重別成績(過去7年)
前走の馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
480kg未満 1-1-2-36 2.5% 5.0% 10.0%
480kg以上 6-6-5-55 8.3% 16.7% 23.6%

なお、前走の馬体重が「480キログラム未満」だった馬のうち、中京記念での枠番が「1から4枠」だった馬は全て4着以下に敗れている。480キログラム未満の馬同士を比較する際は、外寄りの枠に入った馬を重視した方がよさそうだ。〔表3〕

〔表3〕前走の馬体重が「480キログラム未満」だった馬の、枠番別成績(過去7年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜4枠 0-0-0-21 0% 0% 0%
5〜8枠 1-1-2-15 5.3% 10.5% 21.1%

5歳前後の馬が優勢

過去7年の年齢別成績を見ると、優勝馬延べ7頭は「5歳」か「6歳」で、「5歳」「6歳」はそれぞれ3着内率が20%を超えている。また、「4歳」の馬は連対こそないものの、3着内率は「5歳」「6歳」と互角の数値になっている。一方、「3歳」「8歳」の馬は全て4着以下に敗れており、「7歳」の馬も3着内率が7.1%にとどまっている。「3歳」の馬や「7歳以上」の馬は、苦戦する可能性が高いと見るべきだろう。〔表4〕

〔表4〕年齢別成績(過去7年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-4 0% 0% 0%
4歳 0-0-2-7 0% 0% 22.2%
5歳 4-5-2-38 8.2% 18.4% 22.4%
6歳 3-1-3-23 10.0% 13.3% 23.3%
7歳 0-1-0-13 0% 7.1% 7.1%
8歳 0-0-0-6 0% 0% 0%

同年3月以降の戦績がポイント

過去4年の3着以内馬12頭中10頭は、“同年3月以降のJRAのレース”において連対経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.6%と苦戦している。2014年以前はこの経験がなかった馬の好走例も少なくなかったが、近年の傾向を重視するならば、同年3月以降のJRAのレースで連対経験のある馬を高く評価したい。〔表5〕

〔表5〕“同年3月以降のJRAのレース”における連対経験の有無別成績(過去4年)
連対経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 2-4-4-18 7.1% 21.4% 35.7%
なし 2-0-0-34 5.6% 5.6% 5.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の着順と距離や中京記念での負担重量も重要

過去4年の優勝馬4頭は、いずれも前走の着順が5着以内だった。〔表1〕にもある通り、大敗直後の馬は評価を下げた方がよさそうだ。なお、この4頭は前走の距離が1600メートル以下だった点、中京記念での負担重量が55から57キログラムだった点も共通している。ちなみに、過去4年に限ると、前走の距離が1600メートル超だった馬は〔0・0・0・11〕(3着内率0%)、中京記念での負担重量が55キログラム未満だった馬は〔0・1・1・17〕(同10.5%)、同57キログラム超だった馬は〔0・0・0・7〕(同0%)である。メンバー構成次第ではこちらの傾向にも注目すべきだろう。〔表6〕

(伊吹 雅也)

〔表6〕優勝馬の「前走の着順」「前走の距離」「中京記念での負担重量」(過去4年)
年度 優勝馬 前走の着順 前走の距離 中京記念での負担重量
2015年 スマートオリオン 1着 1400m 57kg
2016年 ガリバルディ 5着 1600m 55kg
2017年 ウインガニオン 1着 1400m 57kg
2018年 グレーターロンドン 4着 1400m 56.5kg

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: