今週の注目レース

函館記念(GⅢ)

函館競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析関連動画

波乱が続くサマー2000シリーズ第2戦

サマー2000シリーズ第2戦の函館記念は、ハンデキャップレースということもあってか、波乱の決着が続いている。過去10年では2着馬延べ10頭中9頭、3着馬10頭中9頭が単勝7番人気以下の馬となっている。また、1番人気馬は優勝がなく2着が1回だけと苦戦傾向にあり、優勝馬10頭はいずれも2から5番人気だった。ここでは、スタンド改修工事のため札幌競馬場で行われた2009年を含めた過去10年の結果を分析し、好走馬に共通する傾向を探っていこう。

前走6着以内馬が優勢

過去10年の出走馬について、前走の着順別成績を調べると、勝ち馬10頭は全て前走で6着以内だった。まずは前走で「6着以内」だった馬を高く評価したいところだ。ただ、「7から9着」組が3着以内に3頭、「10着以下」組も3着以内に6頭入っており、前走で「7着以下」に敗れていた馬もノーマークにはできないだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-0-1-17 10.0% 10.0% 15.0%
2着 1-0-1-6 12.5% 12.5% 25.0%
3着 3-2-1-9 20.0% 33.3% 40.0%
4着 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
5着 2-1-1-7 18.2% 27.3% 36.4%
6着 1-3-1-3 12.5% 50.0% 62.5%
7〜9着 0-2-1-26 0% 6.9% 10.3%
10着以下 0-2-4-51 0% 3.5% 10.5%

前走の競馬場に注目

函館競馬場で行われた過去9年の出走馬について、前走の競馬場別の成績をまとめると、「東京」組が最も多い5勝を挙げている点が目立つ。該当馬は少ないが、「新潟」「中京」「福島」からの臨戦馬も優勝している一方で、前走で同じ函館競馬場のレースに出走していた馬が優勝していないのは気になるところだ。〔表2〕

〔表2〕前走の競馬場別成績(過去9年)
前走の競馬場 成績 勝率 連対率 3着内率
東京 5-1-3-20 17.2% 20.7% 31.0%
新潟 1-1-1-4 14.3% 28.6% 42.9%
阪神 1-0-1-15 5.9% 5.9% 11.8%
中京 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
福島 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
函館 0-4-2-50 0% 7.1% 10.7%
京都 0-2-2-12 0% 12.5% 25.0%
中山 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
その他の競馬場 0-0-0-1 0% 0% 0%

近走のオープンクラスの芝のレースでの着順をチェック

過去10年の出走馬について、過去3走以内のオープンクラスの芝のレースでの最高着順別に成績を調べると、3勝を挙げる「2着」組と「3着」組が好走率でも上位となっている。「1着」組も2勝をマークしているものの、連対率は10%に満たず、2014年以降の過去5年に限れば、「2着」組が3勝、「3着」組と「6から9着」組が各1勝を挙げており、過去3走以内にオープンクラスの芝のレースで優勝経験があった馬は勝利していない。〔表3〕

〔表3〕過去3走以内のオープンクラスの芝のレースでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-1-1-27 6.5% 9.7% 12.9%
2着 3-1-1-13 16.7% 22.2% 27.8%
3着 3-3-1-15 13.6% 27.3% 31.8%
4着 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5着 0-3-1-14 0% 16.7% 22.2%
6〜9着 1-2-5-29 2.7% 8.1% 21.6%
10着以下 0-0-1-14 0% 0% 6.7%
該当レース出走なし 0-0-0-8 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走が16頭以上のレースだった馬が6連勝中

過去10年の優勝馬の前走の出走頭数を調べると、10頭中8頭は前走で16頭以上のレースに出走していた。函館記念は過去10年のうち9年でフルゲートとなる16頭立て(残る1回も15頭立て)で行われており、前走で16頭以上のレースを経験したことが、このレースで生かされているのかもしれない。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の前走の出走頭数(過去10年)
年度 優勝馬 前走の出走頭数
2009年 サクラオリオン 14頭
2010年 マイネルスターリー 16頭
2011年 キングトップガン 17頭
2012年 トランスワープ 11頭
2013年 トウケイヘイロー 16頭
2014年 ラブイズブーシェ 16頭
2015年 ダービーフィズ 18頭
2016年 マイネルミラノ 18頭
2017年 ルミナスウォリアー 16頭
2018年 エアアンセム 16頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: