今週の注目レース

CBC賞(GⅢ)

中京競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

セイウンコウセイ

牡6歳

調教師:上原博之(美浦)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:オブザーヴァント
  • 母の父:Capote
ここに注目!

中京・芝1200メートルは3回走って1勝、2着1回。しかも、その全てがGⅠの高松宮記念だというから驚きだ。GⅠ制覇を成し遂げた思い出を残すコース。この舞台との好相性は間違いなく、実績的にもGⅢなら負けられない。

前走の高松宮記念は、2枠4番の内枠から抜群のスタートを切ると、無理には行かず、道中は3番手のインに収まった。終始リズムよく追走し、4コーナーでは逃げたモズスーパーフレア(15着)の直後につける絶好のポジション取り。残り200メートル付近で1度先頭に立つと、勝ったミスターメロディにはかわされたものの、ショウナンアンセム(3着)の追撃をしのいで2着を確保した。12番人気と人気こそなかったが、GⅠホースの底力を見せつける形となった。昨夏には函館スプリントSを制しており、時季的にも問題なし。開幕週の馬場なら、この馬の先行力が存分に生きるはずだ。メンバー中唯一のGⅠ馬として、きっちりと勝ち負けを演じてくれるだろう。

アレスバローズ

牡7歳

調教師:角田晃一(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タイセイエトワール
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

昨年の本レースでは、4番人気ながら1馬身1/4差の快勝で、重賞初制覇のよろこびをつかんだ。続く北九州記念も制したように、夏の間にメキメキと力をつけた一頭。近走は不振が続くが、得意な季節の到来で、もう1度輝きを取り戻したいところだ。

前走の高松宮記念は、道中で5、6番手という前めの位置取りでの競馬となった。ただ、3コーナーの入りで外の馬に寄られ、直線の入り口では進路が開かないシーンがあるなど、力を出し切ったとは言えないレースぶり。9着に敗れたとはいえ、力負けではなく、7歳となっての衰えもほとんどないと言える。前々走のシルクロードSにしても、18頭立ての8枠17番から発走し、道中は外々を回る展開。3、4コーナーでも馬群の外を回ってポジションを押し上げていかなければならず、直線で1度は先頭に立ったものの、後続の追撃を抑え切れなかった。それでも5着と掲示板は確保。近2走は不本意な競馬が続くが、スムーズなら巻き返しが可能だ。

アウィルアウェイ

牝3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

芝1200メートルでは2戦して1勝、3着1回。出走回数こそ少ないが、きっちりと結果を残している。3歳で安田記念を制したリアルインパクトなどを輩出した母系のスピードの絶対値はかなりのもの。発馬もスムーズになった今なら、しっかりと力を出せるだろう。

デビュー戦以来の芝1200メートル戦となった前走の葵Sは、道中6番手付近で競馬を進めたように、しっかりと流れに乗れていた。直線に入ってすぐのところではディアンドル(1着)の直後につけ、馬の間を縫うように差し脚を伸ばして3着。とはいえ、勝ち馬とは0秒2差で、ゴール前で進路を切り替えて少し減速するシーンがあった事を考えれば、健闘と言えるはずだ。続けての芝1200メートルとなる今回はさらにスムーズに流れに乗れそうで、前走以上の期待ができるだろう。前々走の桜花賞(10着)は少し距離が長かった感もあり、芝1400メートル以下がベストの印象。能力を発揮できる距離なら重賞でも好走可能なことはすでに証明されており、今回も勝ち負けが期待される。

レッドアンシェル

牡5歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:スタイルリスティック
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

2歳時にデビュー2連勝でGⅠ(朝日杯フューチュリティS8着)に挑戦したり、3歳時はNHKマイルCで4着に健闘したりするなど、早い時期から高い才能を見せていた。今回はオープンクラス再昇級後の初戦となるが、素質の高さから難なくクリアしても不思議はない。

前走の1600万下・彦根S(京都・芝1200メートル)は、デビュー以来初の芝1200メートル戦への出走だった。レースは抜群のスタートを切ってスッと3番手につけると、最高の手応えで直線へ向いた。逃げるエンゲルヘン(2着)を残り100メートル付近でかわし、あとは独走。最後まで末脚を伸ばし、同馬に2馬身1/2差をつける快勝だった。その2着馬も3着以下に2馬身差をつけており、この距離への適性と能力の高さをあらためて証明してみせた。先行策を取りながら、上がり3ハロン32秒8(推定)と速い上がりを使った内容は、重賞でも好走を予感させるもの。中京競馬場は初めてだが、同じ左回りの東京でNHKマイルC4着、富士S4着の成績があり、こなしてもおかしくないはずだ。

ショウナンアンセム

牡6歳

調教師:田中剛(美浦)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:ヴォラドーレス
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

父は芝2400メートルのGⅠを2勝。産駒も中長距離タイプが多い。ただ、母の父はマイルGⅠ馬を何頭も送り出したクロフネ、祖母の父がアグネスワールドなどの快速馬を出したDanzigと、母系が内包するスピードは相当な高さがある。短距離戦線での活躍も納得の血統だ。

前走の高松宮記念は初めてのGⅠ挑戦だったが、17番人気の低評価を覆す3着に好走した。道中は後方でじっくりと運び、直線勝負に徹する作戦。3、4コーナーでも外には出さず、内ラチ沿いを回ってロスなくレースを進めた。直線に入ってからしばらくは進路が開かなかったが、残り200メートルから追い出しを開始するとしぶとい伸び脚を見せ、勝ち馬に0秒1差まで迫った。展開など恵まれた面もあったかもしれないが、短距離路線の強豪たちに先着した事実は胸を張れる。2歳時以来となる芝1200メートル戦となった前々走のオーシャンSでも5着に健闘しており、この距離への適性の高さを感じさせる。

ラベンダーヴァレイ

牝6歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:クロウキャニオン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

兄弟には、ボレアス(レパードS)、カミノタサハラ(弥生賞)など重賞好走馬の名がずらりと並ぶ。今回は格上挑戦とはなるが、母系が秘める底力を考えれば、重賞でも通用するだけの能力は秘めていそう。ハンデ戦であることからも、期待を持てるだろう。

前走の3勝クラス・水無月S(阪神・芝1200メートル)は、スタート後にスッと好位を確保すると、直線に入ってスムーズに追い出され2着と好走。逃げ切ったウインストラグルこそ捕まえられなかったが、3着馬には1馬身1/4差をつけており、1、2着は紙一重(クビ差)だった。近3走は全て芝1200メートル戦を使われ2着、4着、2着と安定感が増しており、この距離への適性は十分。重賞挑戦となる今回も楽しみのほうが大きく、先行しながら終いの脚をしっかり使える点からも、好走を予感させる。中京・芝1200メートルでの連対実績もあり、この舞台への適性の高さも強調材料だろう。昨年の勝ち馬アレスバローズと同じディープインパクト産駒であることも見逃せない。

ラインスピリット

牡8歳

調教師:松永昌博(栗東)

  • 父:スウェプトオーヴァーボード
  • 母:リボンストライプ
  • 母の父:トニービン
ここに注目!

8歳を迎えてもなお若々しい短距離界の古豪。まだ重賞勝ちこそないが、昨秋のスプリンターズSで3着に入ったように、実績なら今回のメンバーでも上位の存在だ。近走は思うような結果を残せていないが、豊富なキャリアを生かして上位を狙う。

前走の高松宮記念は、1枠2番から先行集団に取りついたが、徐々にポジションが下がっていき、4コーナーでは8番手の位置取り。直線でも伸び脚を見せることができず、10着に敗れた。昨年末からコンスタントにレースを使われていたことから、目に見えない疲れがあったのかもしれない。今回は約3か月の休み明けでリフレッシュされており、持っている力さえ出せれば、巻き返しがあるはずだ。20日の1週前追い切りでは栗東坂路で4ハロン51秒5、ラスト1ハロン12秒7の速い時計をマーク。もともと調教で動く馬とはいえ、同日で5番目に速い時計(4ハロン)であり、順調に調整を進めてきたと判断できる。仕切り直しの一戦で、強い姿を見せたい。

ビップライブリー

牡6歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:フローラルグリーン
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

勝ち味に遅いタイプではあるが、前走で約1年6か月ぶりの勝ち星を挙げ、勢いに乗っている点はプラス材料だろう。重賞(2017年京阪杯)で2着に好走したこともあり、今なら重賞初制覇も見えてくるはず。パワーアップした姿を示すことができるのか、注目だ。

オープンクラスに再昇級から前々走までは11戦して2着1回、3着1回となかなか結果が伴わなかったが、前走の春雷S(リステッド。中山・芝1200メートル)で、初のオープンクラス勝ちをマークした。レースは2番手追走から直線で1度は後続にかわされかけたが、勝負どころでもうひと踏ん張り。ゴール前で逃げるレジーナフォルテ(2着)をかわし、1着でゴールに飛び込んだ。直線の急坂での伸び脚も目を引くものがあり、同様に急坂がある今回の中京コースでも楽しみだ。中京・芝1200メートルへの出走は初めてだが、中京・芝1400メートルには2度出走し、ともに条件戦とはいえ2着1回、3着1回と好走しており、コース相性は良さそう。ひと皮むけた今なら、重賞でも好走が期待できるだろう。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: