今週の注目レース

ユニコーンステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

出走馬情報

デュープロセス

牡3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:Daiwa Major
  • 母:Rose Law
  • 母の父:New Approach
ここに注目!

前々走のオープン特別・昇竜S(中京・ダート1400メートル)で豪快な直線一気のVを決めると、前走のオープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)では好位追走から力強く抜け出して優勝。自身の連勝を「4」に伸ばして、重賞の舞台へ駒を進めてくる。

「前々走のオープン特別・昇竜S(1着)は、スタート後の芝の部分で行き脚がつかず、後方からのレースを余儀なくさせられましたが、前走のオープン特別・青竜S(1着)ではスムーズなスタートが切れて、道中もリズム良く走れました。共に強い相手とのレースでしたが、うまくクリアできたので、これからの活躍がとても楽しみです。今回は重賞への挑戦になりますが、前走で東京・ダート1600メートルを経験している点は心強いです。引き続き体調も良好ですから、連勝を伸ばしたいですね」と、陣営は本馬の成長を感じ取っている。デビュー戦こそ2着と惜敗したが、その後は破竹の勢いで4連勝。今回、5連勝も難しくはないだろう。

デアフルーグ

牡3歳

調教師:鈴木伸尋(美浦)

  • 父:ベーカバド
  • 母:パイクーニャン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

昨年12月のメイクデビュー中山(ダート1800メートル)で9馬身差の圧勝劇を演じると、その後も快進撃を続け3連勝を記録。前走のオープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)で2着に敗れ連勝はストップしたが、直線の伸び脚は目を引いた。

「前走のオープン特別・青竜S(2着)は、初めて最内枠からスタートするレースになりましたが、道中リズム良く走れていました。結果は2着で連勝は途切れましたが、最後まで末脚を伸ばしていたので、内容は良かったと思います。その後はリフレッシュしてから乗り込みを開始しました。調教の動きは申し分ありませんから、好調をキープしたまま臨めるでしょう」と、厩舎サイドは本馬の能力の高さをアピールした。前々走のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)では、のちにケンタッキーダービー(G1・アメリカ)で6着に健闘するマスターフェンサー(2着)を退けて優勝。ダート適性の高さと豊かな才能は証明済みだ。ここは重賞初制覇の好機を迎えた。

ワイドファラオ

牡3歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:ワイドサファイア
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前々走のニュージーランドTでは、好スタートから先手を奪って逃げ切り、見事に重賞初制覇を達成。GⅠへ挑戦した前走のNHKマイルカップは9着だったが、勝ち馬から0秒4と大きくは離されていない。今回は初のダート戦になるが、血統面からも期待は大きい。

「前走のNHKマイルカップ(9着)は、好位追走から最後の伸び脚を欠きましたが、勝ったアドマイヤマーズとは0秒4差でゴールインしたので、内容は着順ほど悪くなかったと思います。その後は、ユニコーンSを視野に入れて調整を進めています。血統面や走法からもダートを試したいと思っていた馬ですから、不安よりも楽しみの方が大きいです。どちらかというと右回りよりも左回りのほうがスムーズに走れるタイプなので、ここは期待しています」と、厩舎スタッフは本馬のケアに余念がない。父ヘニーヒューズの血統を考えれば、ダートの舞台で新味を出しても不思議はない。

ヴァニラアイス

牝3歳

調教師:高柳大輔(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:アジタート
  • 母の父:タイキシャトル
ここに注目!

前走のオープン特別・端午S(京都・ダート1400メートル)では、好位追走から最後の直線で末脚を伸ばして快勝。昨年秋のファンタジーS(7着)を除くレースで3着以内に好走しており、堅実味が光る。今回は距離延長が課題だが、目下の充実ぶりに注目だ。

「前走のオープン特別・端午Sは、着差こそわずかでしたが、うまく折り合いがつきましたし、内容の濃い勝利だったと思います。以前はもたれるシーンがありましたが、最近は真っ直ぐ走れているので、精神面の成長も感じます。デビュー当初は逃げ・先行のレースが多かったのですが、ここにきて差すレースを習得しました。この中間はユニコーンSを視野に入れて調整してきました。今回は距離延長への対応が最大のポイントになりそうですが、今なら克服可能でしょう」と、厩舎サイドは本馬の成長をアピールした。芝もこなしたが、ダートではさらに安定感が増す印象。重賞でも注目が必要だろう。

ヴァイトブリック

牡3歳

調教師:和田正一郎(美浦)

  • 父:シンボリクリスエス
  • 母:ヴァイスハイト
  • 母の父:アドマイヤベガ
ここに注目!

前走の兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ。園田・ダート1870メートル)は、勝ったクリソベリルが強すぎたものの、本馬も確かな末脚を発揮して2着に好走。これで4戦4連対(2勝、2着2回)となり、安定感が光る存在だ。

「前走の兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ。2着)は勝った馬が強すぎた感じですが、この馬も良く走っていました。今回はひと息入れた後のレースになりますが、うまくリフレッシュできましたから、不安のない状態で出走できそうです。テンションが上がりやすいタイプだけに、当日の落ち着きは鍵になりますが、東京・ダート1600メートルもすでに経験している舞台ですから、楽しみは大きいです」と、陣営はここを目標に慎重に仕上げている。まだオープンクラスでの勝ち鞍はないが、最後の直線で力強く伸びた前々走のヒヤシンスS(リステッド。東京・ダート1600メートル、2着)の内容からも、勝機を見いだせそうだ。

サトノギャロス

牡3歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:ヘニーヒューズ
  • 母:シャラポワ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走の500万下(京都・ダート1200メートル)を、後続に5馬身差をつける圧倒的な内容で優勝。初勝利となった前々走の未勝利(京都・ダート1200メートル)の勝ちタイム1分11秒6は古馬2勝クラスと遜色のない数字で、今回、初のダート1600メートルでも侮れない。

「前走の500万下はスタートこそひと息でしたが、スピードの違いで労せず先行できましたし、最後は後続を突き放す強い内容で勝利を飾ってくれました。未勝利を勝った時の走破タイムも優秀でしたから、オープンクラスに入っても能力が見劣りすることはないでしょう。また、これまでのレースぶりから距離延長も対応可能と見ていますので、ここでどれだけ通用するのか、楽しみは大きいです」と、陣営は本馬のスピード能力に自信を持っている様子だ。今回は相手強化に加えて、東京コースの長い直線も初めてだけに、克服すべき材料は少なくないが、まだ能力の底を見せていない点は魅力だ。

6月15日(土曜)6時30分

競走除外

ダンツキャッスル

牡3歳

調教師:谷潔(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ダンツクインビー
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

前々走の500万下・あずさ賞(京都・芝1800メートル)は2着。前走の500万下(京都・ダート1800メートル)では、自ら主導権を奪うと、最後の直線では後続との差を広げ5馬身差で快勝した。芝・ダートを問わずに高いパフォーマンスを見せている一頭だ。

「前々走の500万下・あずさ賞(2着)の内容が示すように、芝でも走れるタイプですが、より高い適性を感じるのはダートです。前走の500万下は逃げて5馬身差の圧勝劇を演じてくれましたが、他に行く馬がいれば好位からでも競馬ができるタイプです。とにかくダートでは底を見せていないので、重賞でどれだけ通用するのか、楽しみにしています。以前はゲートに課題を抱えていましたが、丹念な練習を積んだ結果、解消してきました。リングハミに替えてからは、もたれる面もなくなっています」と、陣営は明るい材料をピックアップした。今回は相手が強化されるが、この馬の勢いには大いに食指を動かされる。

ノーヴァレンダ

牡3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:モンプティクール
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

前走のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)は5着に敗れたが、道中で砂を被る形になった影響もあったようだ。今回は2戦2勝をマークしている左回りコースに替わるうえに、距離短縮もプラス材料。JpnⅠ勝ちのある実績馬だけに、再度注目が必要だろう。

「前走のオープン特別・伏竜S(5着)は、初めて砂を被る形のレースになって、馬が気分良く走れなかった印象です。ただ、今後のことを考えれば良い経験になったでしょう。その後はひと息入れていましたが、このユニコーンSを目標に調整を開始しました。ここまでは順調に乗り込みを消化しています。左回りの広いコースは歓迎材料ですから、巻き返してほしいです」と、厩舎サイドは本馬の仕上げに全力を注いでいる。デビュー当時は気性面の若さを覗かせていたが、実戦を重ねるごとにそれも解消。昨年の全日本2歳優駿(JpnⅠ。川崎・ダート1600メートル)を制した実績からも、まだ見限るのは早計だろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: