今週の注目レース

鳴尾記念(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

ステイフーリッシュ

牡4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

阪神・内回りの芝2000メートルでの成績は、チャレンジCの3着と大阪杯の13着。苦手ではないのだろうが、3コーナーの坂の下りで加速できる京都・芝外回りコースで重賞勝ちがあり、タイプ的には京都のほうが合う印象がある。ここは仕掛けどころがポイントとなりそうだ。

前走の大阪杯は13着と大敗。思うようなポジションが取れず、外から押し上げていく競馬には厳しいスローペース。GⅠのメンバーが相手だったこともあるだろうが、一番の敗因は自身のスタイルで競馬ができなかったことだろう。レース後は放牧を挟み、この鳴尾記念を目標に調整。重賞勝ちがある牡馬とは思えないほどの薄い馬体は相変わらずだが、それでも3歳時と比較すれば、確実に芯が入ってきたようで、飼い葉食いも安定している。晩成傾向があるステイゴールド産駒ということを考えれば、さらに成長する可能性も高いと言える。昨年の京都新聞杯から1年以上も遠ざかっている勝ち星を挙げ、さらなる飛躍へつなげたいところだ。

メールドグラース

牡4歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:グレイシアブルー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

本格化を果たして以降は、コース不問の走りっぷり。距離こそ違うが、同じ阪神・芝の内回りコースで勝った前々走(1600万下・尼崎S、芝2200メートル)の内容を見れば、今回の条件への不安はほぼないと言えるだろう。1戦ごとに馬体が充実。4歳馬らしい成長力を見せている。

前走の新潟大賞典で重賞初制覇を果たしたルーラーシップ産駒。抜群に切れるという印象まではないが、いい脚を長く持続できるタイプで、確実にメンバー中上位の推定上がり3ハロンタイムをマークできるところは、父の特長を引き継いでいると言っていいだろう。未勝利を勝ち上がるまでに6戦を要し、2勝目を上げるまでにも4戦を消化。当時は勝ち味に遅い印象があったのだが、年明けの1000万下(京都・芝2200メートル)から3連勝で重賞タイトルを獲得と、ここ数戦は別馬のようなパフォーマンスを見せている。これも古馬になって力をつけたルーラーシップの血が成せる業だろうか。ここで重賞連覇を果たすようなら、さらに上のステージが見えてくるはずだ。

ギベオン

牡4歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンテスティッド
  • 母の父:Ghostzapper
ここに注目!

コーナー通過が2回の競馬を走ることが多かった3歳春までと違い、最近はコーナーを4度回る競馬を走ることが増えた。阪神・芝の内回りコースを走るのは今回が初めてだが、現在の本馬なら、上手に走ることができるだろう。

3歳春以来のマイル戦となった前走のダービー卿チャレンジTは、先頭から0秒3差の5着。勝ったフィアーノロマーノの直後にいながら、前を捕まえるところまではいかなかった内容をどう見るかだが、57.5キログラムのトップハンデを背負い、1分31秒台という速い時計での決着。この点を考慮すれば、悲観するレースではなかったと判断できそうだ。今回は、昨年暮れに初の重賞制覇を果たした中日新聞杯と同じ距離。登録メンバーの中には先行してこそ持ち味が生きる馬もいるが、マイル戦のスピード馬とは異なるので、前走のような速いペースにはならないだろう。脚をためる形で競馬ができれば、持ち味を生かせるはずだ。

タニノフランケル

牡4歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:Vodka
  • 母の父:Tanino Gimlet
ここに注目!

母ウオッカとは違い、瞬発力よりもスピードの持続力で勝負するタイプ。ハナを切る形がベストかもしれないが、2番手からでも問題なく走れるようになっている。まだ力がつき切っていないので、力の要る馬場コンディションは歓迎できないだろう。

父はイギリスの誇る快速馬フランケルで、母は日本競馬史にその名を残す名牝ウオッカ。デビュー前から注目されてきた良血馬だが、この血統は馬体が大きく出ることが多く、ゆえに軌道に乗るまでに時間を要する傾向があった。しかし、本馬に関して言えば、陣営のイメージよりも早い成長曲線を描いているようで、まるでダート馬のような“ドタドタとした走り”も、現在はずいぶんと素軽さが出てきたとのこと。前走の金鯱賞では10着と大敗したが、強いメンバーが相手だったというだけでなく、連戦続きで少し状態が下がってきていたことも敗因の一つと言えるだろう。リフレッシュ明けの一戦なら、見直しが必要になる。

ブラックスピネル

牡6歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:タニノギムレット
  • 母:モルガナイト
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

もともとは調教で動くタイプだったが、不調時は調教での動きも少し淡白に見えた。最近はいい頃の雰囲気を取り戻してきたのか、調教での動きがずいぶんと目立っている。状態の良さを生かすことができれば、ここでも面白い。

一昨年の東京新聞杯を勝っている重賞勝ち馬。当時の3着馬はGⅠでも好勝負を繰り返したエアスピネルと、メンバーもそろっていた。能力的に高いものを持っていながら、それ以降の成績がひと息だったのは、周囲を気にしてしまう性格に理由があったようだ。約2年ぶりの勝利となった3走前の白富士S(リステッド。東京・芝2000メートル)は、ブリンカーを着用し、前へ行く形に持ち込みやすいように距離を延長した陣営の判断が当たったもの。前走の新潟大賞典は勝ち馬メールドグラースから0秒4差の5着に敗れたが、単騎で逃げる競馬ができたレース内容自体は悪くなかった。ゆえに今回も、同型馬との兼ね合いがポイントになってくる。

ノーブルマーズ

牡6歳

調教師:宮本博(栗東)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:アイアンドユー
  • 母の父:Silver Hawk
ここに注目!

成績上では2月の京都記念(9着)以来の休み明けになるが、本来は5月4日のメトロポリタンS(ひょうの影響で取りやめ)を走るはずだった。すでに体は仕上がっているとあれば、初戦から走れる状態と見ていいはずだ。

昨年は1月の1600万下・迎春S(中山・芝2200メートル)が唯一の勝ち鞍だったが、目黒記念2着、宝塚記念3着と、レベルの高い重賞で活躍。タイトルこそまだ獲得していないが、今回の出走馬でも上位の能力を持っているはずだ。昨秋のアルゼンチン共和国杯(9着)で戦列に復帰してからの成績はひと息だが、大敗と言えるレースはJRAレコード決着になったジャパンカップ(13着)だけ。前半のスローペースで折り合いを欠いた前走の京都記念は9着だったが、勝ち馬とのタイム差は0秒6で、そこまで大きくは負けていない。今回、スムーズな競馬ができれば、違う結果が出てもおかしくないだろう。

サンデーウィザード

牡7歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:シーズインクルーデッド
  • 母の父:Include
ここに注目!

長期の休み明けだった前々走時が馬体重18キログラム増で、見た目に緩さを感じたが、前走は10キログラム減で、動きも素軽くなっていた。休養明け3戦目となる今回、さらに上昇してくる可能性は高いだろう。一変まであっても不思議はない。

一昨年の新潟大賞典で重賞制覇を果たした実力馬。同年初めに4勝目をマークして以降の充実ぶりが目立っていただけに、脚部不安を発症して約1年10か月もの長期休養を余儀なくされたのは、あまりに残念だった。復帰初戦となった前々走のオープン特別・総武S(中山・ダート1800メートル、9着)は、脚元の負担を考慮されてダートをチョイス。適性もあっただろうが、まだ実戦勘が不足しているといった印象のレースぶりだった。これは、出走を重ねるごとに解消されていくのだろう。前走の新潟大賞典は15着と大敗を喫したが、前半で行きたがるような仕草を見せたことが響いた印象。スムーズに折り合うことができれば、前進が見込めるはずだ。

ブラックバゴ

牡7歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:バゴ
  • 母:ステイウィズユー
  • 母の父:ステイゴールド
ここに注目!

前走の都大路S(リステッド)は、速い時計の出やすい京都・芝1800メートルという条件変更に対応しきれなかったのか、前半から追走に苦労する形。時計のかかる馬場コンディションのほうが走れそうな印象を受けた。今回は、開幕週の馬場に対応できるかが鍵になる。

一昨年11月のオープン特別・アンドロメダS(京都・芝2000メートル)では、のちの重賞勝ち馬ストロングタイタン(2着)、メドウラーク(3着)に先着して勝利。翌年1月の中山金杯では、勝ったセダブリランテスに0秒1差の4着と、高いパフォーマンスを見せていた。母の父にステイゴールド、祖母の父にホリスキーの名がある晩成型の血統が本格化を果たしたように思えたのだが、同年7月の函館記念で戦列に復帰して以降の成績は物足りない。前々走の日経賞も、勝ち馬から1秒4差離された8着。前走の都大路S(リステッド)は同1秒8差の9着と、どちらも大敗と言える内容だった。一変するためには、何かきっかけがほしいところだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: