今週の注目レース

アーリントンカップ(GⅢ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

出走馬情報

フォッサマグナ

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:War Front
  • 母:River Belle
  • 母の父:Lahib
ここに注目!

レースのたびに増えていく馬体重は、成長の証明と受け取りたい。今回は阪神競馬場への長距離輸送をすることになるが、デビュー戦は中京競馬場。現地で1泊する形を経験しており、大きなマイナス材料にはならないだろう。

スタートでつまずくロスがありながら直線で差し切ったメイクデビュー中京(芝1400メートル)の競馬が素晴らしく、2戦目での重賞挑戦となった共同通信杯での2番人気という評価は、その内容をファンが評価したからだろう。しかし、父がスピード豊富なウォーフロントという血統もあってか、芝1800メートルの距離が長かった印象で、直線で失速する形の4着に敗れた。この敗戦を受け、マイル路線に切り替えて挑んだのが前走の500万下(中山・芝1600メートル)。ここは好位からあっさりと抜け出して、2着馬に2馬身1/2の差をつける完勝だった。この距離なら、同世代トップクラスの1頭と判断していいはずだ。

ヴァルディゼール

牡3歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ファーゴ
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

気のいいタイプの馬なのか、休み明けの今回も調教の動きはシャープ。力を出せそうな雰囲気を感じさせている。前走時の馬体重が444キログラム。次走を考えたとき、牡馬にしてはコンパクトな馬体をどう仕上げてくるかが気になるところだ。

出走馬中最速タイの上がり3ハロン34秒8(推定)をマークし、2着馬に3馬身差をつけて快勝したメイクデビュー京都(芝1600メートル)の内容は確かに素晴らしかったが、前走のシンザン記念は、約2か月のレース間隔で挑んだキャリア2戦目での重賞挑戦。簡単にクリアできる条件ではなかったはずだ。それを克服しての重賞初制覇には高い評価が必要で、しかも、直線では外へ切れ込む若さも見せていた。本レースはもちろん、今後の伸びしろはかなりありそうだ。現状は父ロードカナロアのスピードが勝っている印象だが、母の父はハーツクライ。こなせる距離の幅は広いタイプかもしれない。

ヴァンドギャルド

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:スキア
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

重馬場で速い上がり(3ハロン33秒9、推定)をマークしたデビュー戦は、今回と同じ阪神・芝1600メートルが舞台。歩んできた路線から中距離馬のイメージを持たれがちだが、この条件への適性もすでに示している。キャリアを積んだことで、レースぶりも安定してくるはずだ。

4着だった前々走のきさらぎ賞に続き、前走の毎日杯でも3着。2戦連続の1番人気に応えることはできなかった。とはいえ、きさらぎ賞は良馬場ながら力の要る馬場コンディションに苦労し、伸びを欠いた印象。毎日杯は、逃げたランスオブプラーナが上がり3ハロン34秒3でまとめて逃げ切った展開を考慮すれば、展開が合わなかったレースと判断できそうだ。出走馬中最速タイの上がり3ハロン33秒9(推定)の数字を見れば、良馬場の長い直線で切れるディープインパクト産駒の特徴を、この馬も受け継いでいる。今回で5戦連続の重賞挑戦。そろそろタイトルを獲得したいところだ。

ミッキーブリランテ

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープブリランテ
  • 母:エピックラヴ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

京都競馬場でも走っているが、阪神競馬場は2戦2勝の好相性。460キログラム前後で、牡馬としては馬格のあるタイプではないが、ゴール前の坂を苦にしないパワーを秘めている。この舞台への適性の高さに注目が必要だ。

父はダービー馬ディープブリランテ。母の父ダンシリは、ディープインパクトが出走した凱旋門賞(G1・フランス)を勝ったレイルリンクや、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)を勝ったハービンジャーなどを輩出。血統からは中距離以上の距離に適性がありそうだが、陣営は本馬のスピードと瞬発力を生かせるのはマイル前後と考えているようで、3着だった前々走のシンザン記念から3戦連続のマイル戦出走となる。前走の500万下(阪神・芝1600メートル、1着)は、直線でなかなかスペースを見つけられず、追い出しを待つ格好になったが、抜け出してくる脚の速さは別格だった。前走と同じ舞台なら、重賞初制覇も十分に可能だろう。

トオヤリトセイト

牡3歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ドリームジャーニー
  • 母:ジャジャマーチャン
  • 母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!

キャリア3戦で唯一の敗戦が、今回と同じ阪神競馬場で行われた500万下・万両賞(芝1400メートル、4着)。当時は直線の短い内回りコースだったが、今回は直線の長い外回りコースなので、脚質的には合うはずだ。初めて挑む芝1600メートルの克服が、1番のポイントになるだろう。

GⅠ3勝をマークした父ドリームジャーニーをほうふつさせる、鋭い末脚がセールスポイント。ラスト3ハロンのレースラップが11秒4、11秒2、11秒3秒だった前走の500万下(東京・芝1400メートル)は、末脚で勝負するタイプには難しい“上がりの速い展開”だったはずで、実際に2番手の馬が2着に残る展開。つけた差はわずかでも、不向きの流れを差し切ったレース内容には高い評価が必要だろう。上がり3ハロン33秒0(推定)は、出走馬中最速の数字。デビュー戦から3戦連続で最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしている。今回、瞬発力勝負の流れになれば、このメンバーが相手でも引けを取らないはずだ。

イベリス

牝3歳

調教師:角田晃一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:セレブラール
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

直線の長い阪神・芝の外回りコースでどこまで粘り込めるかだが、先週の桜花賞で1分32秒7のレースレコードが出たように、芝のコンディションは良好。持ち味のスピードを生かして、後続に追走で脚を使わせるような展開に持ち込みたい。

約3か月ぶりの実戦だった前走のフィリーズレビューは4着。1着とは0秒1差の接戦だったが、周囲に馬がいる状況だったためか、勝負どころで鞍上の手が動くようなシーンもあった。前々走の500万下・さざんか賞(阪神・芝1200メートル、1着)のように、現状は行き切った方が持ち味が生きるのかもしれない。今回は初めてのマイルを克服できるかどうかがポイントだが、サクラバクシンオー産駒の半姉ベルカント(芝1000メートルから1400メートルで重賞5勝)と違い、本馬の父であるロードカナロアは、同じスプリントGⅠ勝ちの種牡馬でも距離の融通性がある。ピッチの利いた走法からも、こなせる可能性はありそうだ。

ミッキースピリット

牡3歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:フリーティングスピリット
  • 母の父:Invincible Spirit
ここに注目!

ムチに過敏に反応するところがあり、デビュー戦ではそれが顕著に出ていたが、キャリアを重ねるごとに解消しつつある。急なペースアップに対応できるかに関しては未知数だが、スムーズな競馬なら力を出せるはずだ。

距離の融通性を確認するためか、陣営はあえてデビュー戦に芝1800メートルを選択。そのメイクデビュー小倉では、直線で内に切れ込んだこともあり、7着と結果を残せなかった。母のフリーティングスピリットは、スプリントG1のジュライC(イギリス)を勝ったスピード馬。本馬が3走前の未勝利(阪神・芝1400メートル)を1分20秒8の2歳コースレコードで勝ったことからも、現状は持ち前のスピードが生きる距離がベストと考えてよさそうだ。前々走の500万下・白梅賞(京都・芝1600メートル)、前走の500万下・フローラルウォーク賞(中京・芝1600メートル)は共に3着。勝ち切れてはいないものの、マイルの距離はこなせる範囲だろう。

ロードグラディオ

牡3歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:シンメイフジ
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

短期放牧を挟んでの出走だった前走の500万下・こぶし賞(京都・芝1600メートル、1着)時の馬体重が、470キログラム。デビュー戦から12キログラムもシェイプアップした素晴らしい仕上がりだった。今回も似たような調整パターンでの出走。前走に近い状態で出走できそうだ。

母は新潟2歳Sと関東オークス(JpnⅡ)を勝った活躍馬で、マイルチャンピオンシップを勝ったシンコウラブリイへとつながる母系の出身。一瞬の脚を使うのではなく、いい脚を長く使うタイプが多いことが特徴の血統だ。2番手から押し切った未勝利(京都・芝1600メートル)に続き、前走の500万下・こぶし賞を4コーナー先頭から粘り込む形で勝利。まさに血統のイメージ通りのレース内容と言えるだろう。今回の舞台は直線の長い阪神・外回りの芝1600メートル。前々走の500万下・千両賞はこの舞台で5着に敗れており、適性がポイントにるが、持ち味のしぶとさが生きる展開になれば、重賞制覇のチャンスも出てくるはずだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: