今週の注目レース

ニュージーランドトロフィー(GⅡ)

中山競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 3歳オープン

データ分析関連動画

3歳マイル路線の主役候補に躍り出せ

3歳マイル王者決定戦・NHKマイルCのトライアルレースとなっているニュージーランドTでは、2011年のエイシンオスマン、2017年のジョーストリクトリが共に単勝12番人気で優勝するなど、過去10年の3着以内馬30頭のうち、11頭が6番人気以下(うち5頭が10番人気以下)となっており、伏兵馬が上位に食い込むことも少なくない。今回は過去10年のデータを元に、レース傾向を探っていく。

近走での重賞実績に注目

過去10年の出走馬について、過去3走以内における重賞での最高着順別に成績をまとめると、優勝馬10頭中9頭には、過去3走以内に重賞で5着以内に入った経験があった。それに対し、過去3走以内に出走した重賞で全て6着以下に敗れていた馬は優勝がなく2着も1回だけ。過去3走以内に重賞で5着以内に入っていた馬を、上位に評価した方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕過去3走以内における重賞での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 1-0-3-6 10.0% 10.0% 40.0%
2着 3-0-2-16 14.3% 14.3% 23.8%
3着 1-3-1-6 9.1% 36.4% 45.5%
4着 2-1-1-9 15.4% 23.1% 30.8%
5着 2-0-0-5 28.6% 28.6% 28.6%
6〜9着 0-1-1-26 0% 3.6% 7.1%
10着以下 0-0-2-20 0% 0% 9.1%
重賞不出走 1-5-0-42 2.1% 12.5% 12.5%
  • 注記:地方競馬で行われたダートグレード競走を含む
  • 注記:該当レースで競走中止していた馬が1頭いたが、その競走の最下位(8頭立て8着)として集計した

前走に注目

過去10年の出走馬の前走別成績では、優勝馬10頭中9頭が「ファルコンS(1400メートル)」・「スプリングS」・「アーリントンC」・「シンザン記念」・「きさらぎ賞」の5レースから送り出されている。残る1頭は500万下のこぶし賞(芝1600メートル)からの臨戦だった2012年のカレンブラックヒルで、「芝の500万下」組は2着が6回もある。重賞路線を歩んできた馬以外では、芝の500万下からの臨戦馬に注目したい。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率  連対率 3着内率
ファルコンS(1400m) 3-1-3-20 11.1% 14.8% 25.9%
ファルコンS(1200m) 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
スプリングS 3-0-1-12 18.8% 18.8% 25.0%
アーリントンC 1-0-2-14 5.9% 5.9% 17.6%
シンザン記念 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
きさらぎ賞 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
共同通信杯 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
弥生賞 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%
京成杯 0-0-1-0 0% 0% 100%
芝のオープン特別 0-1-1-14 0% 6.3% 12.5%
芝の500万下 1-6-0-33 2.5% 17.5% 17.5%
ダートのレース 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
その他のレース 0-0-0-10 0% 0% 0%
  • 注記:2011年以前のファルコンS(1200メートル)と2012年以降のファルコンS(1400メートル)は別々に集計した

直近で出走した芝1600メートル以下戦をチェック

過去10年の出走馬について、直近で出走した芝1600メートル以下戦での着順別に成績をまとめると、「1着」組が連対率・3着内率で、「2着以下」組と「芝1600メートル不出走」組をややリードしている。しかし、「2着以下」組も3着以内の数では「1着」組と同じ14回となっている。〔表3〕

〔表3〕直近で出走した芝1600メートル以下戦での着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 4-6-4-45 6.8% 16.9% 23.7%
2着以下 5-4-5-74 5.7% 10.2% 15.9%
芝1600m不出走 1-0-1-11 7.7% 7.7% 15.4%

そこで、「2着以下」組の計88頭について、直近で出走した芝1600メートル戦での勝ち馬とのタイム差別に成績を調べると、優勝馬5頭はいずれもタイム差が0秒4以内だった。中でも「タイム差なし」組の3着内率は80.0%という高い数値になっている。直近の芝1600メートル戦で2着以下に敗れていた馬については、そのレースの勝ち馬とのタイム差をチェックしておきたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕直近で出走した芝1600メートル以下戦で2着以下だった馬の、そのレースの勝ち馬とのタイム差別成績(過去10年)
タイム差 成績 勝率  連対率 3着内率
タイム差なし 2-0-2-1 40.0% 40.0% 80.0%
0秒1〜0秒2 1-2-2-23 3.6% 10.7% 17.9%
0秒3〜0秒4 2-0-1-9 16.7% 16.7% 25.0%
0秒5〜0秒9 0-2-0-22 0% 8.3% 8.3%
1秒0以上 0-0-0-19 0% 0% 0%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: