今週の注目レース

マーチステークス(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(ダート)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析関連動画

波乱の結果が続いているハンデ戦

マーチSは1994年に創設され、第1回と第2回は単勝1番人気馬が制したものの、その後に1番人気で優勝したのは、2000年のタマモストロングと2009年のエスポワールシチーだけ。伏兵馬が上位に食い込むケースが多く、2012年には6番人気馬が優勝し、16番人気馬が2着に入るという大波乱になった。その一戦の傾向を、阪神競馬場で行われた2011年を除く過去10回分のデータから見ていくことにしよう。

重いハンデを課された馬が優勢

マーチSはハンデ戦、そこで対象とした10回の負担重量別の成績を調べると、好走率で上位となっているのは57.5キログラム以上の2グループ。ただし、3着以内馬延べ30頭中16頭は55キログラムと56キログラムの馬となっている。それに対し、軽ハンデの馬は苦戦傾向にあり、53キログラム以下の馬は3着以内に1頭も入っていない。〔表1〕

〔表1〕負担重量別の成績(2011年を除く過去10回)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
53kg以下 0-0-0-9 0% 0% 0%
54kg 1-1-1-22 4.0% 8.0% 12.0%
55kg 2-4-2-31 5.1% 15.4% 20.5%
56kg 2-3-3-27 5.7% 14.3% 22.9%
56.5〜57kg 1-1-2-24 3.6% 7.1% 14.3%
57.5kg 2-0-0-7 22.2% 22.2% 22.2%
58kg以上 2-1-2-9 14.3% 21.4% 35.7%

枠番別の成績に特徴あり

対象とした10回のマーチSでは、2016年に1頭出走取消となって15頭立てとなったが、それ以外の年は全てフルゲートとなる16頭立て。その枠番別の成績を調べてみると、複数回優勝しているのは、3勝を挙げている6枠と8枠、続いて2勝の2枠となっている。また、2着馬も2枠と8枠が3頭ずつ、3着には1枠の馬が3頭入っているが、1枠は連対がない点が特徴的だ。〔表2〕

〔表2〕枠番別成績(2011年を除く過去10回)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 0-0-3-17 0% 0% 15.0%
2枠 2-3-2-13 10.0% 25.0% 35.0%
3枠 0-1-1-17 0% 5.3% 10.5%
4枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
5枠 0-1-1-18 0% 5.0% 10.0%
6枠 3-0-0-17 15.0% 15.0% 15.0%
7枠 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0%
8枠 3-3-1-13 15.0% 30.0% 35.0%

当日の馬体重をチェック

対象とした10回の出走馬の馬体重別成績を調べると、全体的に馬体重の重い馬の方が優勢。中でも500キログラム以上の馬が6勝、2着7回と連対例が多くなっている。ただし、3着には460から499キログラムの範囲から7頭入っている点が特徴的だ。〔表3〕

〔表3〕馬体重別成績(2011年を除く過去10回)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
459kg以下 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
460〜479kg 1-1-2-21 4.0% 8.0% 16.0%
480〜499kg 3-1-5-42 5.9% 7.8% 17.6%
500〜519kg 5-3-3-34 11.1% 17.8% 24.4%
520kg以上 1-4-0-28 3.0% 15.2% 15.2%

前走別の成績をチェック

対象とした10回のマーチSでは、フェブラリーSから臨んだ馬が3勝をマーク。それ以外のJRAの重賞から臨んで2着以内に入ったのは、2012年1着のサイレントメロディ(前走平安S)と、同2着のメイショウタメトモ(前走みやこS)だけだ。その他で好走馬が多いのは前走が「2月20日以降のオープン特別」だった馬。2月19日以前のオープン特別から臨んだ馬とは対照的な成績になっている。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(2011年を除く過去10回)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
フェブラリーS 3-0-0-8 27.3% 27.3% 27.3%
その他のJRAGⅠ 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
JRAのダートGⅡ、GⅢ 1-1-0-11 7.7% 15.4% 15.4%
芝の重賞 0-0-0-12 0% 0% 0%
地方競馬のレース 2-1-1-19 8.7% 13.0% 17.4%
2月20日以降のオープン特別 3-6-5-37 5.9% 17.6% 27.5%
2月19日以前のオープン特別 0-1-1-23 0% 4.0% 8.0%
1600万下 1-1-2-15 5.3% 10.5% 21.1%
障害のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%

3走前までの着順に要注目

対象とした10回のマーチSでは、3走前までに4着から6着に入っていた馬が毎回連対している。今年も出走馬の過去3走の成績をチェックしてみることをお勧めしたい。〔表5〕

〔表5〕3走前までに4着から6着があったマーチS連対馬一覧(2011年を除く過去10回)
年度 着順 馬名 該当レース
2008年 2着 マコトスパルビエロ 前走 ダイオライト記念 4着
2009年 1着 エスポワールシチー 前走 フェブラリーS 4着
2着 ダイショウジェット 2走前 霜月S 4着
2010年 2着 ナニハトモアレ 2走前 金蹄S 5着
2012年 1着 サイレントメロディ 前走 平安S 6着
2013年 1着 グランドシチー 2走前 東海S 5着
2着 バーディバーディ 前走 仁川S 4着
2014年 2着 ジェベルムーサ 3走前 レパードS 4着
2015年 2着 イッシンドウタイ 前走 総武S 5着
2016年 1着 ショウナンアポロン 前走 総武S 6着
2017年 2着 ディアデルレイ 前走 総武S 5着
2018年 2着 クインズサターン 2走前 東海S 5着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

5走前に連対していた馬が4年連続で優勝中

過去4年のマーチSでは、「5走前の成績が1着または2着」だった馬が優勝している。今年も5走前の着順に注目する手があるかもしれない。〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕過去4年の優勝馬の5走前のレース
年度 優勝馬 5走前のレース
2015年 マイネルクロップ 花園S 2着
2016年 ショウナンアポロン 赤富士S 1着
2017年 インカンテーション 平安S 1着
2018年 センチュリオン 名鉄杯 2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: