今週の注目レース

共同通信杯(GⅢ)

東京競馬場 1800メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

アドマイヤマーズ

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ヴィアメディチ
  • 母の父:Medicean
ここに注目!

前走の朝日杯フューチュリティSでは、2着馬に2馬身差をつけて快勝。通算成績を4戦4勝として、2018年度のJRA賞最優秀2歳牡馬も受賞した。今回は初の東京コースに加えて、芝1800メートルの距離も初めてになるが、抜群のレースセンスを生かして連勝を伸ばしたい。

「馬体重に大きな変動(デビュー戦が468キログラム、前走時が470キログラム)はありませんが、確実に成長していますし、精神面の完成度も高い馬です。朝日杯フューチュリティSを強い内容で勝ってくれましたから、これからの活躍が楽しみになりました。この中間はひと息入れてリフレッシュしてから、この共同通信杯を目標に調整を進めています。今回は初の東京コースになりますが、左回りコースは中京で2度経験していますから、問題ないでしょう。クラシックロードに向けて、好発進を決めたいです」と、陣営は本馬に大きな期待を寄せている。ここまで4戦して全勝の素質馬が、注目の3歳初戦を迎える。

クラージュゲリエ

牡3歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ジュモー
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

1番人気の支持を受けた前々走の札幌2歳Sは3着だったが、前走の京都2歳Sを鮮やかな末脚で優勝。見事に重賞のタイトルを手中に収めた。今回はひと息入れた後のレースになるが、ここを目標に調整は順調。さらに成長した姿が見られそうだ。

「まだ気性面で成長の余地を残しながらも3戦2勝と、高い能力を示していますから、これからが楽しみです。前走の京都2歳Sを勝って収得賞金を加算できたので、その後は休養して英気を養いました。3歳初戦として、東京コースでの経験を積ませる意味で共同通信杯を選びました。広い東京のターフでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待しています」と、厩舎サイドは本馬の仕上げに懸命だ。半兄のプロフェット(父ハービンジャー)は2016年の京成杯優勝馬で、近親にはトゥザヴィクトリーやトゥザグローリー、デニムアンドルビーなどの活躍馬がいる良血馬。ここを勝ってさらなる飛躍を遂げて、クラシック本番を迎えたいところだ。

ダノンキングリー

牡3歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マイグッドネス
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

前々走のメイクデビュー東京(芝1600メートル)はアタマ差の勝利だったが、前走の500万下・ひいらぎ賞(中山・芝1600メートル)では2着馬に3馬身1/2という差をつけて快勝。着実にパワーアップしている一頭だ。持続力満点の末脚が魅力で、3連勝も十分に可能だろう。

「初陣のメイクデビュー東京を勝った後は、成長を促す意味でレース間隔を空けて、前走の500万下・ひいらぎ賞に出走しました。馬体重の変動はありませんでしたが、全体的に体がしっかりしてきましたし、精神面も成長した感じです。レースへ行ってからも早めに動く形で後続を突き放す競馬ができましたから、今後が楽しみです。今回は重賞への参戦で相手は一段と強化されますが、この馬も力をつけているので、期待を持って送り出せます」と、厩舎スタッフは本馬のパワーアップをアピールした。2戦2勝とまだ能力の底を見せていない点は魅力で、すでに東京コースも経験済み。3連勝も十分に可能だろう。

フォッサマグナ

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:War Front
  • 母:River Belle
  • 母の父:Lahib
ここに注目!

前走のメイクデビュー中京(芝1400メートル)を快勝。この時はスローペースで、2着から4着を先行勢が占めたが、本馬は後方待機から抜群の切れ味を発揮して見事な差し切り勝ちを収めた。まだキャリア1戦だが、ここでも瞬発力は互角以上だ。

「前走のメイクデビュー中京は、スタートで少しつまずく場面がありましたが、道中はリラックスして走っていました。最後の直線では素晴らしい切れ味を発揮して勝利を飾ることができましたから、将来が楽しみです。まだキャリア1戦だけに、今回は胸を借りる立場だと思いますが、距離延長にも対応可能なはずですし、期待は大きいです」と、陣営は本馬の能力の高さを感じている様子だ。スローペースになった前走では、後方追走から抜群の瞬発力を発揮して快勝。今回は、相手強化に加えて400メートルの距離延長となるが、素質は互角の一頭。無傷のままでの重賞制覇も、決して夢ではない。

ナイママ

牡3歳

調教師:河津裕昭(川崎)

  • 父:ダノンバラード
  • 母:ニシノマドカ
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

昨年の札幌2歳Sで2着に好走。クラージュゲリエ(3着)に先着しており、能力は高い。テンションが高くなった東京スポーツ杯2歳Sは13着と大敗を喫したが、メンコを着用して落ち着きが出た前走の京成杯では6着と進境を示した。ここも豊富なキャリアを生かして上位を狙う。

「昨年秋の東京スポーツ杯2歳S(13着)の時は、レースの前にテンションが高くなってしまい、実戦で力を発揮することができませんでした。その点を踏まえ、前走の京成杯ではメンコを着用して臨みました。効果は十分で、落ち着いた状態でレースに臨めたと思います。結果は6着でしたが、勝った馬とは0秒7差と大きくは離されなかったので、収穫を得た一戦だったと思います。その後は共同通信杯を目標に調整してきました。疲れも見られないので、引き続き好調を維持したまま出走できるでしょう」と、厩舎サイドは前走のレース内容に手応えを感じている様子だ。ここも軽視はできないだろう。

ゲバラ

牡3歳

調教師:伊藤大士(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:エリモハルカ
  • 母の父:ナリタトップロード
ここに注目!

関東馬ながら、1月14日のメイクデビュー京都(芝1600メートル)に出走。最後の直線で豪快な末脚を披露して、見事に初陣勝ちを飾った。まだ気性面で幼いところは残っているが、大物感は十分。東京の長い直線なら、末脚の威力はさらに増しそうだ。

「中山でのデビューを予定していましたが、出馬投票予定馬が多く、出走がかなわない可能性があったため、京都で初戦を迎えることになりました。レースはスタートこそひと息でしたが、追ってから持続力のある末脚を見せて勝利を飾ってくれたので、これからの活躍が楽しみです。まだ気性面で幼いところは残っていますが、能力が高いことは確認できました」と、厩舎サイドは初戦で目を引くパフォーマンスを披露した本馬に期待を寄せている。関西遠征の疲れもなく、引き続き好調を維持している様子。今回は一気に相手が強化されるが、前走で見せた破壊力満点の末脚を再現できれば、好勝負を演じられそうだ。

マードレヴォイス

牡3歳

調教師:田村康仁(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ソウルフルヴォイス
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

近2走はホープフルS(10着)、京成杯(7着)と、重賞に挑戦。上位争いには加われなかったものの、厳しいレースをした経験は今後に生きてくるはずだ。未勝利(芝1600メートル)を勝った東京・芝コースに舞台が替わる今回は、前進があるかもしれない。

「前走の京成杯(7着)は上位進出こそできませんでしたが、勝った馬とは0秒7差でゴールインしました。重賞でも通用する手応えを感じたので、収穫を得られた一戦でした。まだ瞬発力を強化する必要はありますが、実戦を使いながらトモに筋肉がついて、パワーアップしています。ここは前進を期待しています」と、厩舎サイドは着実な成長を示す本馬の仕上げに汗を流している。今回は初勝利をマークした東京コースに替わるうえに、重賞への挑戦も3度目で慣れが見込めるはず。また、順調にレースを使われている点もプラス材料と言えるだろう。善戦以上の結果を出しても不思議はない。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: