今週の注目レース

根岸ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析関連動画

東京競馬の開幕を飾る注目のダート短距離重賞

根岸Sは2月に行われる春のダートチャンピオン決定戦フェブラリーSの前哨戦に位置付けられている。昨年の勝ち馬ノンコノユメは続くフェブラリーSも制覇、2016年にもモーニンが根岸SとフェブラリーSを連勝している。春のダート王決定戦に向けた重要な一戦に、どのような傾向があるのか、過去10年の結果を分析する。

近走の東京ダート戦出走数に注目

過去10年の出走馬について、過去3走における東京ダート戦への出走回数別に成績をまとめると、該当馬が3頭しかない「3回」組を除くと、連対率・3着内率では「2回」組、「1回」組、「0回」組の順に高い数値を記録している。近走の東京ダート出走歴をチェックしておきたい。〔表1〕

〔表1〕過去3走における東京ダート戦への出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 0-0-0-3 0% 0% 0%
2回 6-3-0-23 18.8% 28.1% 28.1%
1回 1-4-7-41 1.9% 9.4% 22.6%
0回 3-3-3-60 4.3% 8.7% 13.0%

前走がダート1400メートル以上だった馬が優勢

過去10年の出走馬の前走別成績を調べると、「チャンピオンズC」組と「武蔵野S」組が3着内率で50%以上の数値をマークしている。また、「オープン特別(ダート1200メートル)」組で3着以内に入ったのがわずか1頭なのに対し、「オープン特別(ダート1400メートル)」組は9頭が3着以内に好走、「オープン特別(ダート1600メートル以上)」組も該当馬5頭中2頭が3着以内に入っている。優勝馬10頭中9頭が前走でダート1400メートル以上のレースに出走していた点からも、前走を比較する際は距離もチェックしておきたい。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率  連対率 3着内率
チャンピオンズC 2-1-2-4 22.2% 33.3% 55.6%
武蔵野S 3-0-1-4 37.5% 37.5% 50.0%
カペラS 1-1-1-23 3.8% 7.7% 11.5%
エルムS 1-0-0-0 100% 100% 100%
兵庫ゴールドT 0-0-1-14 0% 0% 6.7%
オープン特別(ダート1200m) 0-1-0-25 0% 3.8% 3.8%
オープン特別(ダート1400m) 3-4-2-23 9.4% 21.9% 28.1%
オープン特別(ダート1600m以上) 0-1-1-3 0% 20.0% 40.0%
1600万下 0-1-1-7 0% 11.1% 22.2%
その他のレース 0-1-1-24 0% 3.8% 7.7%
  • 注記:チャンピオンズCの前身であるジャパンカップダート〔0・0・0・6〕はその他のレースに含む

過去3走の距離にも注目

過去10年の出走馬について、過去3走におけるダート1600メートル以上戦への出走回数別に成績を調べると、3着内率で「2回」組が45.5%、「3回」組が37.5%と、「1回」組と「0回」組を大きく上回っている。近走の距離に注目してみるのも面白そうだ。〔表3〕

〔表3〕過去3走におけるダート1600メートル以上戦への出走回数別成績(過去10年)
出走回数 成績 勝率  連対率 3着内率
3回 2-0-4-10 12.5% 12.5% 37.5%
2回 6-2-2-12 27.3% 36.4% 45.5%
1回 0-3-1-39 0% 7.0% 9.3%
0回 2-5-3-66 2.6% 9.2% 13.2%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

直近の東京ダート戦の実績が重要

過去10年の優勝馬の直近で出走していた東京ダート戦の成績を調べると、10頭中2頭がそのレースで「1着」、2着以下に敗れていた8頭のうち7頭は1着馬とのタイム差が「0秒4以内」だった。直近の東京ダート戦で勝利を挙げていた馬や、敗れていた場合でも1着馬とのタイム差が小さかった馬は、ノーマーク禁物だろう。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の直近の東京ダート戦での成績(過去10年)
年度 優勝馬 成績(1着馬とのタイム差)
2009年 フェラーリピサ 欅S1着
2010年 グロリアスノア ユニコーンS2着(0秒3)
2011年 セイクリムズン 霜月S1着
2012年 シルクフォーチュン 武蔵野S9着(1秒1)
2013年 メイショウマシュウ 神無月S8着(0秒3)
2014年 ゴールスキー 武蔵野S4着(0秒3)
2015年 エアハリファ 武蔵野S2着(0秒1)
2016年 モーニン 武蔵野S3着(0秒3)
2017年 カフジテイク 武蔵野S3着(0秒4)
2018年 ノンコノユメ 武蔵野S4着(0秒4)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: