今週の注目レース

京成杯(GⅢ)

中山競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

シークレットラン

牡3歳

調教師:田村康仁(美浦)

  • 父:ダンカーク
  • 母:カールファターレ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走の500万下・葉牡丹賞(中山・芝2000メートル)では、持続力満点の末脚を披露して勝利。勝ちタイムの1分59秒6は2歳コースレコードで、非常に優秀な内容と言えるだろう。今回と同じ舞台で好成績を収めており、ここは重賞勝利の好機だ。

「前走の500万下・葉牡丹賞はスタートで後手を踏みましたが、息の長い末脚を使って差し切ってくれました。走破タイムも優秀でしたから、これからの活躍が楽しみです。この中間は京成杯を視野に入れて調整しています。引き続き調教で軽快なフットワークを見せているので、好調をキープしたまま出走できるでしょう。今回と同じ舞台を経験している点は心強いですから、重賞でも期待は膨らみます」と、陣営は前走の勝利を受けてトーンが上がっている。近親にエアグルーヴやルーラーシップなどスターホースがいる血統面も魅力のひとつ。目下2連勝で勢いに乗った厩舎期待の素質馬が重賞でも輝きを放てるのか、注目される。

ダノンラスター

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:プリンセスオブシルマー
  • 母の父:Majestic Warrior
ここに注目!

好メンバーが顔をそろえた昨秋の東京スポーツ杯2歳Sで5着に健闘。この時はスタートで後手を踏み、後方からのレースとなったが、最後の直線では目を引く伸び脚を見せた。メイクデビュー東京(芝2000メートル、1着)の内容も上々で、ここも期待が大きい。

「前走の東京スポーツ杯2歳S(5着)は、スタートで後手を踏んで位置取りが後ろになりましたが、最後の直線ではよく伸びていたので、今後につながる競馬はできたと思います。その後はひと息入れてから、この京成杯を目標に乗り込みを消化しています。調教ではスムーズな脚さばきを見せているので、出走態勢は整いそうです。まだ心身共に幼さを残しながらも重賞で差のないレースができましたから、今回は前進を期待しています」と、厩舎スタッフは本馬に確かな手応えをつかんだ様子だ。前2戦で手綱を取ったJ.モレイラ騎手も高い評価を与えた素質馬が、ここで重賞初制覇に挑む。

ランフォザローゼス

牡3歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ラストグルーヴ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

祖母が名牝エアグルーヴという厩舎期待の良血馬。デビュー戦を鮮やかに勝って臨んだ前走の500万下・葉牡丹賞(中山・芝2000メートル)は2着だったが、1分59秒8の走破タイムは優秀で、末脚の伸びも目立つものがあった。中間の気配も良好で、ここを飛躍の舞台にしたい。

「デビュー前から期待の大きかった馬ですが、実戦でもセンスの良い走りを見せてくれています。前走の500万下・葉牡丹賞は2着でしたが、走破時計は速かったですし、最後までバテずに伸びた内容も上々でした。その後も疲れを見せずに順調な調整を積んでいるので、好調を維持したまま臨めるでしょう。スタミナがあるタイプですから、中山・芝2000メートルは適した条件だと思います。ここを飛躍の舞台にして欲しいですね」と、厩舎サイドは本馬の活躍を思い描いている。祖母エアグルーヴはGⅠ2勝を含む重賞7勝を挙げた名牝。本馬も血統背景から将来が嘱望される一頭と言えるはずだ。

カテドラル

牡3歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アビラ
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

メイクデビュー中京(芝2000メートル)、オープン特別・野路菊S(阪神・芝1800メートル)を連勝。3番人気の支持を受けた前走の東京スポーツ杯2歳Sは案外の結果(11着)だったが、1度の敗戦だけで見限るのは早計だろう。長距離輸送2度目の今回は、巻き返しが期待される。

「前走の東京スポーツ杯2歳Sは11着と案外の結果でしたが、その後の調教ではいつもと変わらず力強い動きを見せていますから、状態面に不安はありません。前走は初の関東圏への長距離輸送、初の多頭数(16頭立て)の競馬など、いくつかの敗因が重なったのかもしれませんが、着順ほど内容は悪くなかったと思います。関東圏でのレースも2度目になる今回は、あらためて期待しています」と、厩舎スタッフは巻き返しに向けて意欲を示している。デビューから2連勝したように、能力は十分。また、脚質の自在性を備えており、展開に注文がつかない点もセールスポイントと言えるだろう。ここで一変した走りを見せても不思議はない。

カフジジュピター

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:レインデート
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

11月のメイクデビュー京都(芝2000メートル)を、前評判通りの強さで勝利。前走の500万下・エリカ賞(阪神・芝2000メートル)では2番人気の支持を受けた(結果は5着)。エリカ賞はスタートで後手を踏み、リズム良く走れなかった印象。まずは発馬を決めたい。

「前走の500万下・エリカ賞(5着)は、返し馬までは落ち着いていたのですが、ゲートの裏でテンションが上がってしまい、スタートでも後手を踏む形になりました。レース後は、この京成杯を目標にして乗り込みを継続しています。馬の雰囲気も上々ですから、ここはあらためて期待しています」と、厩舎サイドは本馬の活躍を楽しみにしている。ディープインパクト産駒らしい瞬発力の持ち主で、重賞のメンバーに入っても素質は見劣りしない。まだキャリア3戦目で課題も残しているが、当日にテンションが上がり過ぎなければ力を発揮できるはずだ。

リーガルメイン

牡3歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:アディアフォーン
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

メイクデビュー京都(芝2000メートル)はカフジジュピターに次ぐ2着だったが、前走の未勝利(阪神・芝2000メートル)を着差以上に強い内容で勝ち上がった。今回は初の中山・芝コースになるが、パワーを要求される馬場が得意なハービンジャー産駒なので、対応可能だろう。

「前々走のメイクデビュー京都は2着も、3着馬には5馬身差をつけていたので、前走の未勝利(1着)は期待を寄せて送り出しました。レースも着差(1馬身)以上に強い内容だったと思います。馬体はそれほど大きくありませんが、バネのあるフットワークをしている馬で、いいセンスを持っています。今回は重賞挑戦で相手は強化されますが、素質は見劣りしないはずです。将来を占う意味でも重要な一戦ですが、楽しみにしています」と、陣営は本馬の能力を高く評価している。初の関東圏への長距離輸送をクリアできれば、上位争いに加わってくるだろう。

ラストドラフト

牡3歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:マルセリーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

デビュー前に好内容の調教を連発し、1番人気に支持された11月のメイクデビュー東京(芝1800メートル)を勝利。2着馬との差はわずか(アタマ差)でも、推定上がり3ハロンタイムは33秒台をマークしており、非凡な瞬発力と勝負根性を示した。ここでも素質は互角だろう。

「十分な調教を積んでからデビュー戦に臨んだので、期待も大きかったのですが、最後の直線では非凡な切れ味を見せて勝ってくれました。着差はわずか(アタマ)でも、内容は良かったと思います。その後も美浦トレーニング・センターで調教を重ねています。動きがさらに力強くなっているので、2戦目も楽しみにしています」と、厩舎スタッフは目下の状態の良さをアピールした。まだレースキャリア1戦で、ここは試金石の一戦になるが、前走で見せた末脚は一級品。いきなりの重賞挑戦で楽な競馬はできないかもしれないが、初戦で見せた瞬発力を存分に発揮できれば、2連勝への視界も開けそうだ。

カイザースクルーン

牡3歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アイスフォーリス
  • 母の父:ステイゴールド
ここに注目!

母はオークス3着、フローラS2着、中山牝馬S2着などの活躍を見せた。本馬は夏の福島で初陣勝ち。続くオープン特別・芙蓉S(中山・芝2000メートル)では3着と、能力の高さを示している。持ち味である先行力が生きる流れになれば、楽しみだ。

「7月の福島でデビュー戦を勝った後は、予定通り放牧へ出しました。休養の効果でトモがしっかりした印象です。9月のオープン特別・芙蓉S(3着)と前走の500万下・葉牡丹賞(中山・芝2000メートル、5着)は共にスタートがひと息だったように、まだ改善の余地を残していますが、それでも上位と大きな差のない競馬ができていますから、将来が楽しみな一頭であることに変わりはありません。切れ味で勝負するタイプではないので、前々で流れに乗って抜け出す競馬が理想だと思います」と、陣営は本馬の成長を楽しみにしている。先行策から押し切りを図る競馬ができれば、チャンスを見いだせるだろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: