今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

京都競馬場 2400メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析関連動画

今後の飛躍へとつながる一戦

ハンデ戦ではあるが、過去10年で単勝1番人気馬の3着内率が80%と高い数字になっている。ただし、2009年と2015年には1、2番人気馬が共に4着以下に敗れる波乱となった。今年は果たしてどのような結果になるのか。過去10年の結果をもとに、傾向を見ていくことにしたい。

若い馬が優勢

過去10年の日経新春杯では、4歳馬の成績がもっとも良好。5歳馬と6歳馬は2勝で並んでいるが、連対率と3着内率は5歳馬の方が上位になっている。また、7歳以上の馬が3着以内に入っていないことも、覚えておきたい。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 6-5-2-20 18.2% 33.3% 39.4%
5歳 2-4-5-21 6.3% 18.8% 34.4%
6歳 2-1-3-24 6.7% 10.0% 20.0%
7歳以上 0-0-0-46 0% 0% 0%

単勝上位人気馬が優勢だが

過去10年の単勝人気別成績では、1番人気馬が3勝、2番人気馬が4勝を挙げているほか、2着馬10頭のうち9頭は4番人気以内だった。次に、単勝オッズ別の成績を見てみると、3.9倍以下の馬が好成績を残している一方で、4.0から4.9倍はいまひとつ。5.0から6.9倍は2着馬が4頭いるものの、優勝はゼロ。そして、7.0から9.9倍は2着以内がゼロ。人気が割れるケースも多いだけに、このあたりの数字を参考にして予想する手はありそうだ。〔表2〕〔表3〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表2〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-4-1-2 30.0% 70.0% 80.0%
2番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
3番人気 0-3-0-7 0% 30.0% 30.0%
4番人気 0-1-5-4 0% 10.0% 60.0%
5番人気 0-0-0-10 0% 0% 0%
6、7番人気 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
8、9番人気 0-0-1-19 0% 0% 5.0%
10、11番人気 2-1-0-17 10.0% 15.0% 15.0%
12番人気以下 0-0-1-30 0% 0% 3.2%
〔表3〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
3.9倍以下 6-3-1-1 54.5% 81.8% 90.9%
4.0〜4.9倍 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
5.0〜6.9倍 0-4-2-6 0% 33.3% 50.0%
7.0〜9.9倍 0-0-3-5 0% 0% 37.5%
10.0〜19.9倍 1-1-2-27 3.2% 6.5% 12.9%
20.0〜49.9倍 2-0-1-21 8.3% 8.3% 12.5%
50倍以上 0-0-1-44 0% 0% 2.2%

負担重量別の成績に特徴あり

過去10年の負担重量別成績を調べると、52キログラム以下で優勝した馬は2頭いるが、いずれも単勝10番人気以下だった。また、52キログラムで3着に入った4頭は、いずれも5歳以下だった。他では、57キログラム以上のハンデを課されて優勝したのは、2012年のトゥザグローリー(58.5キログラム)だけ。54キログラムは2勝、55キログラムは3勝を挙げているが共に3着がゼロ、などとなっている点が特徴的だ。〔表4〕

〔表4〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
51kg以下 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
52kg 1-0-4-13 5.6% 5.6% 27.8%
53kg 0-1-0-17 0% 5.6% 5.6%
54kg 2-1-0-27 6.7% 10.0% 10.0%
55kg 3-2-0-16 14.3% 23.8% 23.8%
56〜56.5kg 2-6-4-15 7.4% 29.6% 44.4%
57〜57.5kg 0-0-0-10 0% 0% 0%
58kg以上 1-0-2-6 11.1% 11.1% 33.3%

前走にも要注目

過去10年の前走別成績をまとめてみると、有馬記念から臨んだ馬が2勝、3歳限定GⅠ(菊花賞、日本ダービー)から臨んだ馬が3勝を挙げている。GⅡ、GⅢから臨んだ馬の中では、「前年11月以降の中京競馬場の重賞」から臨んだ馬が良好な成績をおさめている。また、前走「1000万下」組の6頭のうち4頭が3着以内に入っている点も目立っている。〔表5〕

〔表5〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
有馬記念 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
3歳限定GⅠ 3-0-0-3 50.0% 50.0% 50.0%
それ以外のGⅠ 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
前年11月以降の中京競馬場の重賞 3-2-3-10 16.7% 27.8% 44.4%
前年11月以降の阪神競馬場の重賞 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
その他のGⅡ、GⅢ 0-2-2-32 0% 5.6% 11.1%
オープン特別 0-0-2-24 0% 0% 7.7%
1600万下 1-3-0-19 4.3% 17.4% 17.4%
1000万下 1-1-2-2 16.7% 33.3% 66.7%

前年夏以降のGⅠまたはGⅡでの成績に要注目

過去10年の日経新春杯では、「前年夏以降のGⅠまたはGⅡで3から6着に入っていた」という馬が2013年を除いて連対している。さまざまな臨戦過程の馬が集まる一戦だが、この条件を満たしている馬がいるかどうか、今年もチェックしておくことをお勧めしたい。〔表6〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕前年夏以降のGⅠまたはGⅡで3から6着に入っていた日経新春杯連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2009年 1着 テイエムプリキュア 3走前 アルゼンチン共和国杯 4着
2010年 1着 メイショウベルーガ 2走前 エリザベス女王杯 5着
2着 トップカミング 6走前 神戸新聞杯 5着
2011年 1着 ルーラーシップ 前走 有馬記念 6着
2着 ヒルノダムール 3走前 札幌記念 4着
2012年 1着 トゥザグローリー 前走 有馬記念 3着
2014年 1着 サトノノブレス 2走前 神戸新聞杯 3着
2015年 2着 フーラブライド 2走前 エリザベス女王杯 4着
2016年 1着 レーヴミストラル 2走前 アルゼンチン共和国杯 3着
2017年 1着 ミッキーロケット 前走 菊花賞 5着
2018年 2着 ロードヴァンドール 3走前 札幌記念 6着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

2走前が前年秋のレースで2着または3着だった馬が3年連続で優勝

過去3年の日経新春杯では、「2走前が2着または3着だった」という馬が優勝しており、いずれの馬も2走前が前年秋のレースだった。ちなみに昨年は、「2走前が前年秋のレースで2着または3着だった」という馬の出走が2頭だけだった。〔表7〕

(浅野 靖典)

〔表7〕過去3年の優勝馬の2走前の着順
年度 優勝馬 2走前の着順
2016年 レーヴミストラル アルゼンチン共和国杯 3着
2017年 ミッキーロケット 神戸新聞杯 2着
2018年 パフォーマプロミス 比叡S 3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: