今週の注目レース

日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)

中山競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析関連動画

上位人気馬の活躍が目立ち始めた年初恒例のハンデキャップ競走

3連単が発売された2005年以降の中山金杯では、2005年から2010年の6回中4回で3連単が1000倍を超える配当となったものの、2011年以降の過去8回ではいずれも600倍未満、2015年以降の過去4回に限れば200倍未満の配当で決着している。また、3連複の配当においても、発売当初の2003年から2011年にかけては9回中8回で100倍を超えた一方、2012年以降の過去7回は全て80倍未満となっている。波乱の決着を期待されがちなハンデキャップ競走だが、近年に限れば順当な決着が続いていると言えるだろう。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走好走馬が優勢

過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、「6着以下」だった馬は3着内率9.0%と苦戦している。前走好走馬を素直に重視した方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 8-7-7-45 11.9% 22.4% 32.8%
6着以下 2-3-3-81 2.2% 5.6% 9.0%

外寄りの枠に入った馬は不振

過去10年の枠番別成績を見ると、「7枠」「8枠」の馬は全て4着以下に敗れている。2008年こそ「7枠」のアドマイヤフジが1着、「8枠」のエアシェイディが2着となったものの、過去10年の傾向を重く見るならば、外寄りの枠に入った馬は評価を下げるべきだろう。〔表2〕

〔表2〕枠番別成績(過去10年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 2-1-1-14 11.1% 16.7% 22.2%
2枠 3-4-0-11 16.7% 38.9% 38.9%
3枠 3-0-2-14 15.8% 15.8% 26.3%
4枠 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
5枠 0-2-2-16 0% 10.0% 20.0%
6枠 1-3-4-11 5.3% 21.1% 42.1%
7枠 0-0-0-20 0% 0% 0%
8枠 0-0-0-22 0% 0% 0%

前走の4コーナーの通過順に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中19頭は、前走の4コーナーの通過順が「4〜9番手」だった。一方、「3番手以内」だった馬は3着内率14.6%、「10番手以下」だった馬は3着内率9.6%と、それぞれやや苦戦している。前走で先行していた馬や、その逆に極端な後方からレースを進めていた馬は、過信禁物と見るべきかもしれない。〔表3〕

〔表3〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
3番手以内 2-2-2-35 4.9% 9.8% 14.6%
4〜9番手 6-7-6-44 9.5% 20.6% 30.2%
10番手以下 2-1-2-47 3.8% 5.8% 9.6%

なお、前走の4コーナーの通過順が「3番手以内」もしくは「10番手以下」だった馬のうち、そのレースの着順が3着以下だった馬は3着内率6.4%とさらに苦戦している。ちなみに、該当馬は2012年以降の過去7年では〔1・0・0・52〕(3着内率1.9%)、2015年以降の過去4年に限れば〔0・0・0・28〕(3着内率0%)という成績である。前走で3着以下に敗れていた馬同士を比較する際は、そのレースでの4コーナーの通過順をより重視したいところだ。〔表4〕

〔表4〕前走の4コーナーの通過順が「3番手以内」「10番手以下」だった馬の、そのレースでの着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
2着以内 2-2-2-9 13.3% 26.7% 40.0%
3着以下 2-1-2-73 2.6% 3.8% 6.4%

前年に牡牝混合の古馬重賞で好走していた馬は堅実

過去10年の3着以内馬延べ30頭中25頭は“前年の3歳以上もしくは4歳以上、かつ牝馬限定を除くJRA重賞”において4着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.7%と苦戦しているうえ、2015年以降の過去4年に限ると〔0・0・1・33〕(3着内率2.9%)と、苦戦傾向が強まっている。前年に3歳限定や牝馬限定のレースを除く重賞で4着以内に好走していた馬は、それなりに高く評価すべきだろう。〔表5〕

〔表5〕“前年の3歳以上もしくは4歳以上、かつ牝馬限定を除くJRA重賞”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-9-8-44 11.6% 24.6% 36.2%
なし 2-1-2-82 2.3% 3.4% 5.7%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

7歳以上の馬は不振

過去4年の優勝馬4頭は、いずれも年齢が6歳以下だった。なお、2011年以降の過去8年に限れば、7歳以上の馬で連対を果たしたのは2013年1着のタッチミーノットのみである。比較的年齢の高い馬は評価を下げたい。また、この4頭は前走の着順が4着以内だった点、枠番が1〜4枠だった点、“前年の3歳以上もしくは4歳以上、かつ牝馬限定を除くJRA重賞”において3着以内に入った経験があった点も共通している。〔表1〕、〔表2〕、〔表5〕あたりで挙げた傾向もポイントと言えそうだ。〔表6〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表6〕優勝馬の「年齢」「前走の着順」「枠番」「“前年の3歳以上もしくは4歳以上、かつ牝馬限定を除くJRA重賞”における最高着順」(過去4年)
年度 優勝馬 年齢 前走の着順 枠番 “前年の3歳以上もしくは4歳以上、かつ牝馬限定を除くJRA重賞”における最高着順
2015年 ラブリーデイ 5歳 4着 1枠 3着(中日新聞杯)
2016年 ヤマカツエース 4歳 1着 4枠 1着(福島記念)
2017年 ツクバアズマオー 6歳 1着 3枠 3着(オールカマーほか)
2018年 セダブリランテス 4歳 3着 3枠 3着(アルゼンチン共和国杯)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: