今週の注目レース

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 2歳オープン

データ分析関連動画

将来性豊かな若駒が集結する2歳チャンピオン決定戦

1988年以降のJRA賞最優秀2歳牡馬30頭は、いずれも同年に朝日杯フューチュリティS(2000年以前は「朝日杯3歳S」の名称)を勝っていた馬である。1991年の優勝馬ミホノブルボン、1993年の優勝馬ナリタブライアン、1997年の優勝馬グラスワンダー、2001年の優勝馬アドマイヤドン、2006年の優勝馬ドリームジャーニー、2012年の優勝馬ロゴタイプなど、この朝日杯フューチュリティSを皮切りに複数のGⅠタイトルを獲得した馬も少なくない。現2歳世代の牡馬にとって最初のGⅠを制し、世代の頂点に立つのはどの馬だろうか。今回は中山・芝1600メートルで行われていた2013年以前を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

重賞での好走経験や前走の勝ちっぷりがポイント

過去10年の3着以内馬30頭中21頭は“1400〜1800メートルのJRA重賞”において4着以内に入った経験のある馬だった。該当馬は3着内率が30.4%に達している。既に1マイル前後の重賞で好走したことのある馬が中心だ。〔表1〕

〔表1〕“1400〜1800mのJRA重賞”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 5-9-7-48 7.2% 20.3% 30.4%
なし 5-1-3-86 5.3% 6.3% 9.5%

なお、“1400〜1800メートルのJRA重賞”において4着以内に入った経験がなかったにもかかわらず3着以内に入った馬のうち、2012年3着のゴットフリートを除く8頭は、前走の着順が1着、かつそのレースの2着馬とのタイム差が0秒2以上だった。1マイル前後の重賞で好走したことがない馬同士を比較する際は、0秒2以上のタイム差をつけて勝利した直後の馬を高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕“1400〜1800mのJRA重賞”において4着以内に入った経験がなかった馬の、前走の着順と2着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順と2着馬とのタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
着順が1着かつ2着馬とのタイム差が
0秒2以上
5-1-2-24 15.6% 18.8% 25.0%
1着かつ2着馬とのタイム差が0秒2未満、
もしくは着順が2着以下
0-0-1-62 0% 0% 1.6%

前走で上位人気に推されていた馬が優勢

前走の単勝人気別成績を調べると、前走で「1番人気」だった馬が3着内率35.0%と優秀な成績を収めている。一方、「6番人気以下」だった馬は3着内率が4.9%にとどまっている。前走を比較する際は、当時の単勝人気にも注目してみたい。〔表3〕

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 6-3-5-26 15.0% 22.5% 35.0%
2〜5番人気 3-7-4-69 3.6% 12.0% 16.9%
6番人気以下 1-0-1-39 2.4% 2.4% 4.9%

大敗を喫したことがある馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、JRAのレースにおいて5着以下に敗れた経験がない馬だった。一方、この経験があった馬は3着内率8.4%と苦戦しているうえ、2012年以降に限れば〔0・1・1・42〕(3着内率4.5%)とさらに低調だ。今年も5着以下に敗れた経験のある馬は評価を下げるべきだろう。〔表4〕

〔表4〕JRAのレースで5着以下に敗れた経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 1-3-3-76 1.2% 4.8% 8.4%
なし 9-7-7-58 11.1% 19.8% 28.4%

前走も1600メートルのレースだった馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中15頭は、前走が「1600メートル」だった。一方、前走が「1600メートル以外」だった馬は3着内率が13.0%にとどまっている。前走で今回と異なる距離のレースに使われていた馬は、過信禁物と見ておいた方がいいかもしれない。〔表5〕

〔表5〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1600m 7-3-5-34 14.3% 20.4% 30.6%
1600m以外 3-7-5-100 2.6% 8.7% 13.0%

なお、前走の距離が「1600メートル以外」だったにもかかわらず3着以内に入った馬の大半は、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以内」だった。前走が今回と異なる距離のレース、かつそのレースで出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイム(推定)をマークできなかった馬は、苦戦する可能性が高いようだ。〔表6〕

〔表6〕前走がJRAの“1600メートル以外のレース”だった馬の、そのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(過去10年)
前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位 成績 勝率 連対率 3着内率
3位以内 2-6-5-47 3.3% 13.3% 21.7%
4位以下 1-1-0-50 1.9% 3.8% 3.8%

近年は前走で多頭数のレースを使われていた馬が好成績

過去4年の連対馬8頭中、2014年2着のアルマワイオリを除く7頭は、前走の出走頭数が「13頭以上」だった。一方、「12頭以下」だった馬は3着内率9.5%と苦戦している。阪神・芝1600メートルで行われるようになってからの傾向を重視するならば、前走が多頭数のレースだった馬を高く評価すべきだろう。〔表7〕

〔表7〕前走の出走頭数別成績(過去4年)
前走の出走頭数 成績 勝率 連対率 3着内率
12頭以下 0-1-3-38 0% 2.4% 9.5%
13頭以上 4-3-1-18 15.4% 26.9% 30.8%

なお、前走の出走頭数が「12頭以下」、かつそのレースが「JRAのGⅡ以外のレース」だった馬は3着内率3.7%とさらに低調だ。該当する馬は思い切って評価を下げたい。〔表8〕

〔表8〕前走の出走頭数が「12頭以下」だった馬の、そのレースの条件別成績(過去4年)
前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率
JRAのGⅡ 0-1-2-12 0% 6.7% 20.0%
JRAのGⅡ以外のレース 0-0-1-26 0% 0% 3.7%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

不安要素の少ない馬が有力候補

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前走の着順が1着、かつそのレースの2着馬とのタイム差が0秒2以上だった。また、この6頭は前走の単勝人気が4番人気以内だった点、JRAのレースにおいて5着以下に敗れた経験がなかった点、前走の出走頭数が13頭以上だった点も共通している。〔表1〕〜〔表8〕で挙げた条件をより多くクリアしている馬に注目すべきだろう。〔表9〕

(伊吹 雅也)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表9〕優勝馬の「前走の着順」「前走の2着馬とのタイム差」「前走の単勝人気」「JRAのレースでの最低着順」「前走の出走頭数」(過去6年)
年度 優勝馬 前走の着順 前走の2着馬とのタイム差 前走の単勝人気 JRAのレースでの最低着順 前走の出走頭数
2012年 ロゴタイプ 1着 0秒2 4番人気 4着(札幌2歳Sほか) 16頭
2013年 アジアエクスプレス 1着 1秒1 1番人気 1着(2戦2勝) 16頭
2014年 ダノンプラチナ 1着 0秒5 1番人気 2着(9月6日札幌・2歳新馬) 13頭
2015年 リオンディーズ 1着 0秒2 1番人気 1着(1戦1勝) 15頭
2016年 サトノアレス 1着 0秒2 2番人気 2着(8月28日札幌・2歳未勝利ほか) 13頭
2017年 ダノンプレミアム 1着 0秒3 2番人気 1着(2戦2勝) 18頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: