今週の注目レース

カペラステークス(GⅢ)

中山競馬場 1200メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

オールドベイリー

牡4歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:To Honor and Serve
  • 母:Passion Du Coeur
  • 母の父:Distorted Humor
ここに注目!

前走のオープン特別・室町S(京都・ダート1200メートル)で通算6勝目をマーク。4歳を迎えた今年は6戦4勝という素晴らしい成績を残している。精神面で大きな成長を示しているだけに、ここは重賞初制覇の好機を迎えた。

「普段の調教を工夫した効果が出て、実戦でも好結果が出ています。以前と比較して精神面で大きな成長を示していますので、これからの活躍が楽しみです。前走のオープン特別・室町Sを強い内容で勝ってくれましたから、今なら重賞でも好勝負が可能でしょう」と、厩舎サイドは本馬の充実ぶりを強調した。これまでにダート1200メートルで5勝を記録しており、距離適性の高さは目を引く存在。まだ中山・ダート1200メートルでの勝ち星はないが、長距離輸送は問題ないタイプだけに、こなせる可能性は十分にあるだろう。自在な脚質と目下の勢いを生かせば、重賞初挑戦・初制覇が可能なはずだ。

コパノキッキング

せん3歳

調教師:村山明(栗東)

  • 父:Spring At Last
  • 母:Celadon
  • 母の父:Gold Halo
ここに注目!

前走のオープン特別・オータムリーフS(京都・ダート1200メートル)を優勝。通算成績は7戦5勝で、まだ能力の底を見せていない馬だ。以前は逃げで好結果を残していたが、近2走では差す競馬をマスター。脚質の幅を増している点も魅力だろう。

「前走のオープン特別・オータムリーフSは、砂を被って気にする場面もありましたが、外に出してからは本当にいい脚を使ってくれました。スタート後に前をカットされて後方からの競馬を余儀なくさせられた前々走の経験が生きたのかもしれません。今回は初の中山・ダートコースに加えて重賞初挑戦ですから、胸を借りる立場になりますが、まだダートの短距離では能力の底を見せていないので、どれだけ通用するか楽しみです」と、スタッフは上昇一途の本馬を頼もしく思っている。今年2月に後続を1秒4差も突き放す圧勝劇で初陣を飾ってからは、トントン拍子に出世。重賞初挑戦・初制覇も決して夢ではない。

キングズガード

牡7歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:シニスターミニスター
  • 母:キングスベリー
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

昨年のプロキオンSを筆頭に、ダートで8勝を記録している。最近は勝ち星から遠ざかっているものの、力強い末脚は依然として健在だ。ダートの1200メートルへ矛先を向けてから今回が3戦目。道中のペースが速くなれば、豪快な直線強襲劇が見られそうだ。

「前走のJBCスプリント(6着)は、最後の直線でスムーズに外へ出せず、進路を切り換えながらの追い上げになりました。それでも差を詰めていましたし、今後につながる内容が残せたと思います。ベストはダート1400メートルかもしれませんが、この距離も今度が3度目で、徐々に慣れてきて追走も楽になっています。疲れもなく好調を維持していますので、重賞のタイトルを増やしたいです」と、陣営は状態の良さをアピールした。7歳の秋を迎えたが、まだ馬体に衰えは感じられず、自慢の末脚も健在。前半のペースが速くなる傾向が強い中山・ダート1200メートルが舞台なら、まとめて差し切っても不思議はない。

キタサンミカヅキ

牡8歳

調教師:佐藤賢二(船橋)

  • 父:キングヘイロー
  • 母:キタサンジュエリー
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

前走のJBCスプリントでは3着。8歳の秋を迎えているが、能力の衰えは全く感じられない。今回は中山・ダート1200メートルになるが、JRA在籍時に好成績を収めている舞台。地方競馬へ移籍後は抜群の安定感を誇るだけに、今回も注目度は高い。

「前走のJBCスプリントでは強いメンバーに入って3着に入ってくれたので、あらためてこの馬の能力の高さを感じました。まだ馬体は若々しいですし、張りも上々です。引き続き好調を維持したまま臨めそうなので、今回も楽しみにしています。中山・ダート1200メートルは久しぶりですが、中央所属時に好成績を収めていますから、心配ないでしょう」と、陣営は前走の好走に確かな手応えを感じている様子だ。今回は2戦連続でJRAの競馬に出走。前走の疲れさえ解消されていれば、豊富なキャリアを生かしてのJRA重賞制覇も十分に可能だろう。

ネロ

牡7歳

調教師:森秀行(栗東)

  • 父:ヨハネスブルグ
  • 母:ニシノタカラヅカ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

芝、ダートを問わずに活躍を続けている快速馬。前走のJBCスプリント(11着)は砂を被る競馬になって本領を発揮できなかったが、調教の動きから状態面の不安はなさそうだ。京阪杯を連覇するなど、気温が低くなると調子を上げてくる点も見逃せない。

「前走のJBCスプリント(11着)は体調も良く、期待を寄せて送り出しましたが、砂を被る展開になった影響があったのか、この馬本来のフットワークが見られませんでした。力を出し切っていないですし、疲れも感じられません。この馬は気温の低い時季が合うタイプで、今は体調が良いですね。すんなりと先手を奪って気分良く走れるようなら、中央のダート重賞でも勝機を見いだせるでしょう」と、厩舎サイドに悲観した様子は見られない。まだ持ち前のスピードは健在。昨年の11月には58キログラムの斤量を背負って京阪杯を優勝するなど、地力も十分に備えている。スムーズに先行できれば、侮れない一頭だ。

オウケンビリーヴ

牝5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:クロフネ
  • 母:ビスクドール
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

近3走は地方交流重賞に出走して2着、1着、2着と安定したレースを続けており、地力強化が目立つ存在だ。伯母にトゥザヴィクトリーがいる血統面からも、さらなる活躍が期待される一頭。今回はJRAでの重賞初制覇を目指す。

「前走のオーバルスプリント(JpnⅢ、浦和・ダート1400メートル)2着の後は少しレース間隔が空きましたが、調教では軽快な動きを見せているので、好調をキープしたまま出走できそうです。コースは問いませんし、展開にも注文が付かないタイプです。ここは相手が強化されますが、不安よりも楽しみの方が大きいです」と、陣営は本格化をアピールした。今春にオープンクラス入りを果たすと、夏場からはスパーキングレディーC(川崎・ダート1600メートル)2着、クラスターC(盛岡・ダート1200メートル)1着、オーバルスプリント2着とJpnⅢで安定感十分のレースを続けている。JRA重賞制覇も視界に入ってきた印象があるだけに、今回も期待は大きい。

ハットラブ

牝4歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:ワークフォース
  • 母:ミルルーテウス
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走のオープン特別・グリーンチャンネルC(東京・ダート1400メートル)は、スタート直後につまずいて騎手が落馬し、競走中止となった。その後は順調に調教を消化しており、落馬の影響は感じられない。これまで5戦4勝の中山・ダート1200メートルで、巻き返しを期す。

「前走のオープン特別・グリーンチャンネルCは、スタートしてすぐにつまずくシーンがあり、競走中止になりました。その後はリフレッシュしてから、このカペラSを目標に調整を進めています。順調に調教を消化しているので、出走態勢は整っています。距離は1400メートルまでは守備範囲ですが、ベストは1200メートルでしょう。それも、中山のダート1200メートルが最適の印象です。レースキャリアからもまだ成長の余地を残していますから、重賞でどれだけ通用するのか楽しみにしています」と、厩舎サイドのこの馬にかける期待は大きい。磨きをかけた末脚で、重賞タイトル奪取を狙う。

ヴェンジェンス

牡5歳

調教師:大根田裕之(栗東)

  • 父:カジノドライヴ
  • 母:スペシャルクイン
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

昇級初戦だった前走のオープン特別・室町S(京都・ダート1200メートル)で、勝ったオールドベイリーに次ぐ2着と好走。ここへきての地力強化は目覚しいものがある。骨折による約1年半に及ぶ長期休養から立ち直った素質馬から、目が離せない。

「前々走の1600万下・大阪スポーツ杯(阪神・ダート1400メートル)の勝ち方が強かったので、前走のオープン特別・室町Sも期待を寄せて送り出しましたが、強敵を相手に2着と好走してくれました。あの内容なら今後が楽しみです。まだ砂を被ると気にする面はありますが、ここでも末脚は通用すると思います」と厩舎サイドは本馬の上昇を感じ取っている。長期休養があったためレースキャリアは多くないが、5歳の今年は順調にレースを消化して、地力も着実にアップしている。今回は初の中山・ダートコース、重賞初参戦と克服すべき条件は少なくないが、通用する能力は備わった印象。道中スムーズに追走できれば、勝利も見えてきそうだ。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: